So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鬼畜 [出来事]

まだ判決前ではありますが、"鬼畜"という言葉は、こういう人間の為にあるのだろう。

性善主義が悪いとは言わないが、人という哀しい生き物には、この様な人間もいることも確かなのです。

おぞましい事件です。

キーワードを見るだけでも、腹が立ちます。


死刑廃止の国は増えているのですが、こういう事件には必要ではないでしょうか。


"死刑"と云っても、現代の死刑は過去と比較すれば"人道的"です。

"公開処刑"でもないし、"さらし首"もないし、"火あぶり"や"八つ裂き"、"ギロチン"はおろか"銃殺"でさえない。

『罪を憎んで人を憎まず』は正論ですが、逆に云えば、死刑制度は、「人でなく罪を罰するためにある」のではないでしょうか。



https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%EF%BC%81/ar-AAyQxVg?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2


(以下本分です)


《リンちゃん事件初公判》裁判長も苦言!両親を批判する、被告のありえない発言

週刊女性PRIME [シュージョプライム] 2018/06/19 21:00


「(起訴状の内容は)すべて違います」

千葉県松戸市のベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(享年9)が殺害・遺棄された事件の裁判員裁判で、強制わいせつ致死、殺人などの罪に問われている渋谷恭正被告(47)が最初に発した言葉だ。

遺体から渋谷被告の唾液が

起訴状によると、被告は昨年3月24日、わいせつ目的でリンちゃんを車に乗せて連れ去り、首を圧迫して窒息死させ、遺体を同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとされる。


「被告は、警察がDNA検査などの証拠を捏造した可能性があると言い、無罪を主張しています」(全国紙記者)

裁判は、千葉地裁で6月4日から始まった。被告は肩までのびた白髪まじりのボサボサ髪で足元がおぼつかない様子。  被害者参加制度を利用したリンちゃんの父・ハオさん(35)は連日出廷し、母・グエンさん(31)は衝立で傍聴席から見えないようにして13日の証人喚問から参加した。夫婦の傍らには笑顔のリンちゃんの遺影が置かれた。  両親と向き合うかたちの被告は一切目線を合わせようとせず終始、無表情。時折、顔をかいたり、鼻をこするなど緊張感を欠いていた。  被告が所有するキャンピングカーからは、金属製SM用手錠、ヒョウ柄の手錠、バイブレーター4本、フェイスマスクなど“大人のおもちゃ”が10点以上、押収されている。

遺体の顔、耳、胸、下腹部から渋谷被告の唾液が検出されており、腹部からは被告とリンちゃんの混合DNA型が検出されている。


「膣や肛門には棒のようなものを挿入したときなどにできる出血や傷も見られたようです」(前出・全国紙記者)  リンちゃんの通っていた小学校の保護者会長だった被告は事件当日、登校の見守り活動を「母親を介護するため休む」と校長らに伝えたとされるが、被告の母親は2001年に死去していたことがわかっている。  被告は裁判でこの矛盾について、法廷で証言した校長・教頭がウソをついていると言い張った。


リンちゃんの両親を前に、「事件を知ったときは面倒くさいことになったと思った」「捜索活動は依頼されていないからやらなかった」などと開き直る一幕もあった。

14日の被告人質問では非常識な謝罪も飛び出した。弁護士から「何か言いたいことはありますか」と振られると、「あります。リンちゃんのご両親に言いたいことがあります」と声をうわずらせ、「私が犯人だと思われている中で、私が行った募金を受け取ってくださってありがとうございます」と述べた。それが最初に言いたいことだった。 「見守り活動をしていたのに守ることができなくてすみません」と続け、目元をぬぐうしぐさを見せた。

リンちゃんの両親を責める被告

ところが……。 「被告を真横から見ていたが、目元に水みたいなものは見えなかった」(被害者側弁護人)  と“ウソ泣き疑惑”が浮上。同じ日の午後に行われた検察側の尋問では、もしいなくなったのが自分の娘だったら捜索に協力してもらえなかったときにどう思うかと問われ、 「登校中なら親が悪い。校内なら教員が悪い。(リンちゃんの事件は)通学途中のことなので親の責任だ」   あろうことか、リンちゃんの両親を批判し始めた。また、自分の娘が性的な被害を受けて殺害されたら許せるかと問われると、 「許すことはできません……。なので私は子どもと一緒に学校に行っています」  と言い放った。  これには裁判長も驚いたようで、「午前中は“見守り活動で守れなくてすみません”と言っていたが矛盾するのではないか」と真意を尋ねた。  すると渋谷被告は、 「見守り活動をしていたのに見守れなかったので謝りました。親がボランティアのところまで連れてくれば見守る。連れてこられなければ見守れない。だから親の責任です」  と、再び両親を責めた。裁判長が「子どもを殺害された親に言っていいことではないのでは」と苦言を呈すると、 「(親が)守っていればこんなことにはならなかったと思う。事件当日、リンちゃんのお父さんは仕事に行く前に時間があったと聞いたので送っていけた。ひとりで行かせたから事件に遭った」と全く態度を改めようとしなかった。

 被告から残酷な言葉を次々と浴びせられた父・ハオさんが感情をむき出しにしたのは翌15日のこと。  

ハオさんは「妻は夜眠れない。常に泣いている。自殺しようと考えていたこともありそんな状態が今も続いている」と述べ、リンちゃんの弟(4)についても、 「弟は娘が亡くなったことを知らない。毎日どうしてお姉ちゃんが学校から帰ってこないの? いつ帰ってきますかと聞きます。(リンちゃんを)誰が殺したの? って聞いてくるんです。なんて答えたらいいか……」  と涙で言葉を詰まらせた。


 衝立の向こうから母・グエンさんのむせび泣く声が法廷内に響いた。 助けを求めて叫ぶ娘の声 「娘は“殺さないで”と命乞いをしていたはずなのに、なぜ殺した。許すことはできません。犯人は悪魔だ!」  とハオさん。  しかし、渋谷被告は顔色を一切変えることはなかった。  裁判長はグエンさんの意見陳述書を読み上げた。 《私は娘の遺体を引き取った時の感覚を死ぬまで忘れることはないでしょう。殴られて腫れ上がり、あざができた娘の顔、棺の中で横になり、つむられた娘の目、娘の冷たい手を握った私の心は、千もの針で突き刺されたようでした。私は泣くことも叫ぶこともできませんでした》  グエンさんの鼻水をすする音が法廷に響いた。 《私は眠りにつくたびに、助けを求めて叫ぶ娘の声で目が覚めます。この痛みを言い表せる言葉はありません》

 初公判の前日に記者がリンちゃんの自宅を訪ねたとき、仏前にはリンちゃんの満面の笑みの写真とたくさんの果物が供えられていた。取材に丁寧に応じてくれたハオさんは、 「裁判で、何があったのか真相を突き止め、犯人を処罰してほしい。でないと、娘に報告できないし、死刑にならないと娘は天国に行けない」と話していた。  裁判は18日に結審。どのような判決が出るだろうか。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船が燃えた [出来事]

若大将・加山雄三のデカいクルーザーが燃えたそうです。


出火原因は、これから調査だそうです。

数年前、何かで見ましたが、若大将は『80歳になったらリタイヤして、船で世界中を回る』と夢を語っていました。

その相棒となるべき光進丸が突然無くなり、無念極まりないと想像できます。




若大将と云えば、才能に恵まれ何不自由ない人生を送ってきたように思われます。

しかし、メディア報道によれば、今までに大きな挫折を何度も味わったとか・・・・

"神様は乗り越えられない試練は与えない"なんて云われますが、それにしてもこのタイミングで・・・・

(思えば私もセブで手塩にかけて作った船をーーーー光進丸に較べればアメンボみたいな船ですが-ーーーやられてしまった。)





翻って我が身、66歳。

大将どころか、いまだに万年二等兵。

ところが、二等兵には二等兵なりの試練と云うか挫折と云うか、ビシバシくるんですね。

そんな当たり前のことに、今更ながら気づく今日この頃です。

若い頃は、年とったら悠々自適に暮らせるわけだからと、シッチャキになって働いたつもりだったのに、年寄りになっても平穏な日々なんて訪れない。

既にそういう時代に変わってしまった。


『セ・ラヴィ』・・・それが人生さ、ってことか。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊調選手『パワハラ』 [出来事]

4連覇した伊調選手への『パワハラ』


現段階では、あくまでメディア報道だけです。

しかし、もしコーチらによる伊調潰しが事実であれば、その罪は極めて重いです。


私の知る限りでは、過去のオリンピック個人種目の4連覇は、カールルイスの幅跳びくらい。

女子の4連覇は、世界で伊調選手ただ一人です。


伊調選手は八戸の星、日本の宝、のみならず、世界のスポーツ史に残る大選手です。



だいたいアスリートから練習環境を取り上げるなんて、この上ない卑劣な手段です。

『選手生命』という命を奪う、ある種の"殺人"です。



しっかり調べて欲しいですが、レスリング協会によるヒアリングでは、相撲協会の騒動と一緒で、公平とは思えません。

『権威ある第三者委員会を立ち上げるべき』とは正論でしょう。


そして、とにかく早く解決して欲しい。

本人の希望する練習環境のもと、人類未踏の5連覇を目指して欲しいものです。



この件を有耶無耶にしたり、この件から目を離すべきではありません。

見たいのは伊調選手のテレビCMではなく、東京オリンピック・伊調選手の5連覇・金メダルです。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゼロ戦の遺伝子 [出来事]

ホンダジェット、セスナ主力機抜き首位 17年納入機数 20機増の43機


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27230730S8A220C1000000/?n_cid=NMAIL007


(記事文は末尾に)




痛快なニュースです。

三菱小型旅客機MRJがアメリカの陰謀?で潰されかけたようですが、ホンダジェットがやってくれました。

若い世代はご存じないかも知れませんが、前の戦争で日本の"ゼロ戦"という小型戦闘機が活躍しました。

私の世代の男児は、子供の頃(オタクでなくても)ゼロ戦シリーズの型式名とその特徴、輝かしい戦果などそらんじることができました。

記録文学の大家、徹底した取材により上梓することで有名な小説家:吉村昭氏の"零式戦闘機"に詳しい記述があります。

とにかく戦争末期までは無敵、また姿の美しい名機だと思います。


しかしその強さから、敵機からは『悪魔』のように恐れられたそうです。

その『ゼロファイター』、三菱重工製でした。

ひょっとするとアメリカは、三菱MRJにゼロ戦の亡霊を見たのかも知れません。

ですが、その零戦の心臓=エンジンは開発直後から"中島飛行機"製でした。

中島飛行機→富士重工→スバル・・・・です。

スバルの車を乗り継ぐ人たちを『スバリスト』と云いますが、中には零戦好きも居るかも。




 ホンダのビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年の世界での納入機数が前年比20機増の43機となり、米セスナの主力機「サイテーションM2」を抜いて初めて首位となった。ビジネスジェット市場は世界的に成長が鈍化しているが、ホンダジェットが含まれる「超小型機部門」は前年と比べ需要が5割増。ホンダにとっては苦戦が続くF1に代わるブランド戦略の柱となる。将来は自動車などに続く収益源に育てる考えだ。

全米航空機製造者協会(GAMA)が21日(日本時間22日未明)にまとめた集計で明らかになった。  ビジネスジェット機全体では676機で前年比1.3%増。3年ぶりに増加に転じたが需要がピークだった2008年と比べ半減している。


その中で超小型機はパイロットも含めた乗員が10人未満で、北米や欧州では主に都市間の移動に使われる。小回りの利く交通手段として、富裕層が個人所有するほか企業や航空機の運航会社向けに需要が伸びている。

 ホンダジェットは15年末に米連邦航空局(FAA)の認証を取得して事業化した。すでに100機以上の受注を抱えていたが、実質初年度となる16年は生産のノウハウが不足し、納入機数は23機にとどまった。17年はセスナのサイテーションM2の39機を上回り、機種別で初めて年間首位となった。

ホンダジェットはビジネスジェットの世界最大の市場である米国に生産拠点を持つ。17年は主力の北米市場がけん引したのに加え、欧州でも大きく納入機数を伸ばしたという。個人向けと法人向けの納入機数は「半分ずつ程度」としている。

 当初は米パイパー・エアクラフトと提携して手薄な販売やサービスを委託する方針だったが自社で販売網を展開する戦略に転換。実績のある米企業から営業担当を引き抜くなどして販売体制を整えた。

7人乗りのホンダジェットの最大の特徴はエンジンを主翼の上に置く独特の設計にある。胴体にエンジンを取り付ける競合機と比べて室内空間を広く取れ、騒音も小さい。

世界的な燃料高も販売を後押しした。ホンダジェットは世界の航空機メーカーでは唯一、ジェットエンジンも自社で供給しており、燃費性能が競合機と比べて最大2割ほど高い。

ホンダは1986年に極秘裏にジェット機とジェットエンジンの開発に着手した。航空機参入は創業者である本田宗一郎氏の幼少時代からの夢だった。航空機のノウハウがないため開発は難航したが、2006年に事業化方針を決定。当時社長だった福井威夫氏は「F1に変わるブランドリーダーとしての役割を期待した」と述べている。

ホンダジェットのカタログ価格は450万ドル(約4億8000万円)。単純計算で年間売上高は200億円程度。
 
ホンダは主力の自動車のほかに二輪車と汎用機の主要3部門を抱える。航空機の売上高は小さいが、未参入の日本でもテレビCMに起用するなどブランド構築の面で貢献し始めている。

 
ホンダジェットは主力の北米のほか、近年はアジア市場への進出に力を入れている。2月に開催されたシンガポール航空ショーでは過去最大となる16機の受注を決めた。年内に米ノースカロライナ州の工場で生産機数を月4機から5機に引き上げて旺盛な需要に応える構えだ。

日本の航空機産業は戦後すぐにGHQ(連合国軍総司令部)によって生産・開発を禁止された「空白の7年間」などのため、米国などと比べて大きく出遅れている。1962年に政府主導の民間機「YS―11」が初飛行したが、現在は就航していない。関連企業は米ボーイングなどの下請けの地位に甘んじてきた。

近年では三菱重工業がリージョナル機「MRJ」で再参入を狙っているが相次ぐ開発遅延で苦戦している。ただ、脚部のランディングギアを製造する住友精密工業がホンダジェットへの納入実績を機にドイツ社への直接納入を決めるなど、「日の丸ジェット」の再建が関連産業を底上げするとの期待が高まっている。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

羽生の異次元の滑りに・・・ [出来事]

怪我からの復帰第一戦とは思えない、羽生のショートの滑りでした。


羽生の神がかりなスケートに・・・


次に滑ったアメリカの選手と、その次のロシアの選手は、明らかに動揺が演技に出てミスを続けた。

見せつけられて(見ていなかったとしても気配で分かったハズ)、自信を失っていた。


その次の宇野昌磨は、羽生の完ぺきな演技を自分にプラスに捉えて、むしろ力を発揮した。



羽生結弦、確かに偉大な選手のようです。

自信と過信の、紙一重の境界線をわきまえているようです。




しかし、勝負は下駄を履くまで分からない。



が、とにもかくにも、感動を与えてくれる、応援したくなる、稀有なアスリートであることは間違いない。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

凍死者が多い [出来事]

メディアによれば、凍死者は意外に多く、増えているようです。


凍死者数【総数順】 [ 2016年第一位 東京都 ]


http://todo-ran.com/ts/kijis/21204


最近は全国で年間1,000人以上とか・・・・

人数で東京がトップなのは、人口が多いせいでしょうが、寒冷地方ではないので変ですね。

でも東京に住民票がある人が、例えば雪山で遭難死とかした場合、統計上、東京の人が亡くなったことになるからでしょうかね。

なら分かりますが、東京で凍死しているとすれば問題です。





しかしこの数字は、夏場の熱中症による死者を上回ります。



高齢者は暑さ寒さに鈍感だし、特に寒いとき、筋肉量も少なくガタもきているので、体内で熱を作るのが困難です。

体温を自らで上げることが難しい。

独居の年配者は気を付けるべきでしょう。


私なんかも、朝は4時過ぎには自然に起きて、すぐ雑用と内職に取り掛かりますが、不思議と寒さは感じないから恐いです。


実際には、夜明け前で一番寒い時間帯なのに・・・・




身体のセンサーが、オカシクなっているからでしょうね。

ひと言でいえば鈍感。


ですので、カン(自覚)はあてになりません。

私の場合は、各所に温度計を下げてチェックしています。


親に貰ったこの身体、まだ動けますし扶養家族もいるので、死ぬわけにはいきません。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

元暴走族が一番 [出来事]

2日前(2/2)朝、近所のアパートに小型トラックが突っ込みました。

アパートのブロック塀と、家屋の壁をぶち破りました。



私は、近頃『プロ・ドライバー』の起こす事故が増えているように思えるのです。


以前は、トラックやバス・タクシーの運転手、いわゆる『運転のプロ』と呼ばれる人たちは、普通のドライバーより優れた運転スキルを持っていました。

ところが最近、これらの車のドライバーのヘタクソ運転をよく目にいたします。

普通のオバさんやオジさん、オバーさんやオジーさんが、営業車両を運転しているからのように思います。

パートやアルバイト仕事で、トラックや営業車両を転がす人が増えているのでしょう。


ご用心、ご用心。

恐いのは高齢者の運転する乗用車だけではないのです。





まったく余談ですが、私が今まで"運転が上手い!"と思ったのは・・・・


40年近く前・・・か

会社の課の慰安旅行

10数人でマイクロバスをレンタルして行った

その時の運転手役の後輩

慣れない小型バスの運転なのに、"走る・止まる・曲がる"が大変スムースで、全く不安を感じさせなかった


彼は、もと半人前の暴走族(単なるクルマ好き)で、"現役"の頃の彼の愛車は、シャコタンのスカG、毛足の長い赤い絨毯内装、車内灯でシャンデリアがぶら下がっていた

一度乗せてもらったが、シャンデリアがチャラチャラとうるさく、花屋敷のジェットコースターのような乗り心地だった





しかし、『餅は餅屋』と云うべきか、運転技術はプロ並み

『暴走』とは程遠く、安心感があり快適


社内旅行の運転手をやった頃の彼の愛車は、クレスタ・スーパールーセントターボのノーマル

ローンがきつくてガソリン代が無いと嘆き、カップ麺ばかり食べていた


その後は顔を見る事もないけど、「ロングビーチ」←彼のあだ名、「もう孫でもできたか?」







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

52歳で昇天ーセイコースポーツマチック5 [出来事]

去年から愛用していた"セイコースポーツマチック5"が、どうやらもうお陀仏のようです。

帰国後、実家で「発掘」して以来使っていました。



52年前の高校入学祝いに、亡き父が秋葉原で買ってくれた時計です。

当時人気の様々な機能を備えた、自動巻き時計です。


きょう(1/14)も2時間ジョグの際、手首にあったのですが、直後に止まってしまいました。

通常の自動巻きが機能していれば、少なくとも24時間は動くはずなのに、最近ちょくちょく止まるようになっていました。


多分、さすがにもう寿命でしょう、残念です。



腕時計は好きです。

ただやはり、手巻き・自動巻きなどの"機械式時計"がクールと(私は)感じますね。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

〈予約ドタキャン騒動〉って、日本らしい [出来事]

メディアによれば、アチコチの飲食店が『予約のドタキャン』増加で、困っているらしい。


店側からの予約確認の電話には出ても、それ(=ドタキャン)以降は電話が通じなくなる。

今に始まったことではないが、モラルの低下も甚だしい近頃です。


私も含めて、古い日本人の多くは〈性善主義〉に凝り固まっています。

それは美点であると同時に、どうしようもない欠点ともなりえます。

他国は〈性悪〉と云うべきか、逆に考え行動する人も多い。



特にビジネスにおいて、〈予約のドタキャン被害〉なんて聞けば、『予約金とらない方が悪い』なんてのはいい方で、経営者の適性を疑われたり、場合によっては、出来心による犯罪を助長していると、かえって非難されることも考えられる。


"義理"も"人情"も紙風船の世の中になりつつありますが、グローバル化が進むほど、経済優先になればなるほど、こうした事案は増加すると思います。


対応するなら、日本人の頭の中の〈グローバル化〉が、大きな課題ではないでしょうか。


私ら団塊世代はすでに手遅れ。

今から意識改革は難しいのです。

かと言って、これからの世代に期待できるのか・・・・




更に、成人式の〈はれのひ〉詐欺のケースは、逆にサービスを提供する側の悪事。

このまま行けば『騙される方が悪い』という風潮に行き着くかも。



万事が拝金主義のご時世を受け入れるのであれば、明治維新ほどではないにしろ、もうアイデンティティーの変換が必要なのかも。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

50年ぶりのエルボードロップ [出来事]

リサイクルショップで、格安で入手した2人掛けソファ。


数日前掃除していた時、私の不注意から、後頭部を木の窓枠にぶつけてしまった。

したたかにぶつけた瞬間、強烈な痛みと共に50年前の出来事がよみがえった。





・・・・・高2の休み時間。

教壇でプロレス好きな同級生と、プロレスごっこで遊んでいた時。

私のコブラツイストを外したヤツが、私の後頭部にデストロイヤーばりのエルボードロップを叩き込んだのだ。

(デストロイヤーは、4の地固めが有名だが、エルボードロップも強烈だった)


おかげで、それ以来、私のうなじの上部の真ん中は出っ張っている。

余談だが、今思えば、その時以降、私の頭もオカシクなってしまった様に思う、




今回の『事件』から5日たった今、痛みは治まった。

しかし改めて思い出してみると、50年前は直後の始業ベルと共に、何事も無かったように授業を受けられたが、今回はしばらく氷で冷やしながら横になっていたのだ。



50年の月日は重い。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康