So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

根性ナシは水を飲む [運動]

前もって書けば、時代錯誤、非科学的な論です。


しかし『運動中は水飲むな!』

これは、昔はごく当たり前の事でした。

それでも脱水症や熱中症で、バタバタ倒れるなんてことは、ありませんでした。

どうしても飲みたければ、見つかって体罰喰らわないように、隠れて罪悪感&敗北感と共に飲むしかなかった。




その遠い昔の経験が役に立つこともある。

少し前、長男が授業参観の代休で休みの日のこと。

30度越えの暑さの中、18キロジョグに連れ出しました。

長男は運動部で、身長もあるし今風に足も長い。

ひと言でいえば、私よりずっと早く走れます。

しかし、それではつまらない。

前半の9キロ、私のペースに合わさせました。

歩きよりちょっとだけ速い、いつもの私のペースです。

折り返してから、「自分のペースで行ってみな」と伝えた。

長男は広いストライドとバネの効いた走りで、みるみる遠ざかった。

あっという間に見えなくなりました。

そしてしばらく私は一人旅。



前方に、長男が(スピードを落として私が追いつくのを)待っていた。


『水飲むとこ、ない?』

その先にある水場を教えてやると、またスピードを上げて消えました。


私が家に帰ったとき、当然長男はもう家の前にいましたが、ストレッチの進み具合からして、差は5分くらい。

曰く『バテた、スローペースをナメていた』『さっきはノド乾いて、マジやばかった』




昔取った何とやらで、ちょっとオヤジの面目を保ちました。

(実は、脱水でドロドロになった血液が、心臓や脳に悪さをするかとヒヤヒヤしている最近の私ですが)

エラそうに・・・

「喉が渇いても、いつでも水が飲めるとは限らない」

「腹が減っても、食い物があるとは限らない」

「眠たくても、眠る時間があるとは限らない」

「真っ暗でも、明かりがあるとは限らない」

「どんな状況でも、辛抱するしかないときもある」

「だから・・・」と説教こいておいた。



話し変わりますが、今回のタイの洞窟の少年たち・・・

あれがもし日本の少年達だったら、カメラを向けられたときあんな笑顔を見せられたか、全員無事救助されたか、疑問です。

今の日本は、大人も子供も過保護のような気がします。

そういう私も、明治大正の日本人からすれば、軟弱・過保護・根性ナシです。

ぬるま湯にドップリつかっている。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大谷の肘と私の肩の違い [運動]

投打に活躍していた大谷選手の、右肘が壊れた。

(やっぱり来たか~)と思いました、いわゆる"好事魔多し"。




先月、後ろの座席から『買い出しバッグ』を取ろうとして、左手をグッと後方に伸ばしたとき、私の肩がズキンとした。

傷みは大したこと無いのですが、いまだに治らない。


大谷選手の肘と私の肩の故障。

似て非なるもの。

その違いは、"月とスッポン"どころか、「宇宙の中心と宇宙の果て」くらいある。



  
その違いの内、ひとつだけ言わせていただければ・・・・

大谷選手の怪我は、多分何億人もの人が知っていて、皆が悲しく残念に思い、早く治って欲しいと願っている。

私の肩痛は、誰も、家族さえ知らないし、仮に知ったとしても、これっぽっちも気にされない。

同じ人間とは思えない・・・・・(笑)



ところで大谷君、

TVで見れないのはガッカリだけど、誰が何と言おうと、気にしないでジックリ治して欲しい。

人生も、野球人生も、まだこれからです。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

かの国の新兵器か、これは? [運動]

症状:(私の場合は)内眼角のかゆみ、球結膜の充血、透明で多量の鼻水、くしゃみ、のど・耳の不快感、全身のだるさ・・・・

簡単に云えば、目はチカチカ、鼻水ジョロジョロ、耳はジンジン、ひどい花粉症のようです。

最近のジョギングのあとの症状です。

この不快さは数日続きます。

その数日以内には、次の2~3時間の走りがあるので、結局ズ~ッとそのまんま。

抗ヒスタミン系の薬で、症状を抑えて対処しています。



しかし問題は原因ですね。

どう考えてもオカシイ。

日本を出る前までは、もっと頻繁に、しかももっと長い時間走っていたのに、こんな症状は出ませんでした。

思い当たるのはPM2.5(大気中の微細なダスト?)くらいです。

今は千葉の田舎暮らしですから、排気ガスやら空気汚染には縁のない土地です。

ですが私の場合、一昨年までフィリピンの田舎の海辺という『チョーきれいな空気』の場所に20年住んでいました。

ですので、一般の日本人より汚染空気には弱いのかもしれません。

思えば、前の海で獲れた魚、近所の人たちが育てた家畜の肉や、その土地で作った作物ばかり食べていました。

(ウチの家族は、日本の食品に含まれる添加剤などの化学物質の味にも敏感です。)





季節が変わり、西風が吹くようになり、大陸から飛んでくる何かの汚染物質に、身体が反応しているのかも知れません。

あの国の最新兵器か?

こりゃ、なんなんだろうか。

チクロも、水俣病も光化学スモッグも、アスベスト、ディーゼル排気ガスも最初は『原因不明』でした。

(川崎病なんかは、今でも原因が特定できていないし・・・・)


でも私のいつもの"治療法"="我慢"していれば、風が変わる頃には治るでしょう。









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

年寄りだ・冷や水だ [運動]

昨日、2時間半ほどジョグしました。

暑かったです。

家に帰った(辿り着いた?)とき、1分間くらい目の前が白くなったり暗くなったり・・・・バテました。


若い頃、フルマラソンでペース配分に失敗し、ヨレヨレでゴールした時を思い出しました。




エネルギー枯渇、脱水、熱中症?


フラフラとクールダウンして家に入り、冷水をタップリ飲みました。


これがホントの"年寄りの冷や水"。





暑いさなかの運動、皆様もどうぞお気を付けください。


水分は、口中がネバつく前に補給しましょう。



おかげで昨日は、いち日グッタリでした。


ですが、これに懲りず私は「ノンストップ・無給水」のジョグを続けます。

へそ曲がりです。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

シオ噴いた [運動]

今朝も約2時間のジョギングでした。

田植えも半分近く終わっていました。

気になるのは、働き人がほとんど高齢者であること。

これで日本の農業は大丈夫?





ウォーキングなみのスピードの今の私のジョギングでも、もう結構暑くなってきました。

汗をかくのは気分がイイですが、できれば給水はしたくない。

先日などは、家に帰り着くと顔はザラザラ、ウェア―は白い染み、汗が乾いて塩(しお)ふいていました。


若い頃は海の近くに住んでいたので、夏場はほとんど裸同然でランニング。

気持ちイイこと、この上ないのであります(人にもよるか・・・)。


もうどうせ年なんだし・・・

私の肌は、すでにシミ・シワだらけのちりめん肌だし・・・

太陽光合成のビタミンDも欲しいし・・・

何より、心地よさが欲しい。


今年の夏は"薄着"で走ろうか。

家から数キロ離れた田園地帯の『地域限定』で。

そこまではご近所の手前、大人しい格好で、後ろ指さされないように。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

"ナマ足出血サービス" [運動]

4月1日から 、ジョギングの時、短パン=生足が解禁(自分で決めただけ)になった。


陽光が心地よい。

ナマ足もサービスです。


が、ここで少し問題あり。

私の左足は下肢静脈瘤。

20年くらい前から始まり・・・・青筋がコブになり、ふくらはぎが二つあるくらいまで腫れて・・・・帰国してから徐々に小さくなったが・・・・皮膚が赤黒く変色し・・・・痒さに掻くと点々と出血する・・・・静脈瘤の腫れは膝の横、足の付け根と移動して・・・・去年あたりから左下腹部に違和感がある・・・・つまり上に移動していくようです。


こんなので死ぬことは無いだろうと思うが、生足で走ると、大きな赤あざに見えて少々恥ずかしい。


しかも、掻いた後は、生足サービスのみならず、"出血大サービス"。




近々、上もTシャツになります。


こうでなくっちゃ。


ジョギングに良い季節です。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

もっと川内を誉めて [運動]

昨日のボストンマラソンで"市民ランナーの星"川内君が優勝した。

日本のメディアは、もっと彼を称えて欲しいです。

ボストンマラソンと云えば、100年以上前から続く歴史的な大会で、云わば"元祖マラソン大会"。

全世界のランナーにとって憧れのレースであり、歴代の優勝者にはそうそうたる"伝説のランナー"が名を連ねています。

近年、世界中の大都市でシティマラソン大会が開催されるようになりましたが、ボストンは別格です。



今回、川内君はケニア、エチオピアなどの快速ランナーを蹴散らし優勝しました。

天が、きびしい気象条件が、全天候型の川内君に味方したようですが、ここ10数年日本選手はアフリカ系選手にヤラレまくってますから、快哉です。

"川内君、おめでとう!"

公務員選手、高校の事務員選手に称えあれ。


(ホントに走るのが好きなんだろうな、この人も)







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

『二刀流、ってことは?』 [運動]

次男に質問されました。


『ニトーリューってことは、バット2本持って打つってコト?』


確かに、ピッチャーとバッターを両方こなす大谷を"二刀流”と表現するのは、たぶん日本だけ。

バットを武士の刀に例えるからなのか、日本人の発想。

外国人に直訳しても、まず通じない。


ちなみに、英語ニュースで確認すると、"Two-way player"とか言うようだ。



次男8才です。

土日は、ひと様のお下がりのユニフォーム・グローブ・バットで、いそいそと野球に行く。

"野球少年"。

地区チーム、メンバー足りない弱小チーム。

だからすぐレギュラー。

試合を見に行った奥様Mに云わせると、


『"がんばれベアーズ"(←古い映画です)みたい。』









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

アイスホッケーが一番 [運動]

冬季オリンピック・パラリンピックも終わり、一部を除き感動も報道も冷めてきているようです。


そこで、日本ではマイナーな競技の話。


冬季五輪で私が一番好きな競技は、アイスホッケーです。

私見ですが、スピード、パワー、テクニック、他のゲームスポーツの追随を許しません。

日本では、ゴールに放り込む競技はサッカーが一番人気ですが、一度でも一流のアイスホッケーの試合(男子の)をリンクで見れば、その考えは変わるかも知れません。

迫力が段違いです。


1972年、生まれて初めてのアイスホッケー観戦。

ヘルシンキで【フィンランド VS ソ連邦】を見た時は、圧倒されて震えました。

速すぎて、選手の動きが目で追えないし、初めはパックがどこにあるのかも分かりませんでした。

アイスホッケーについて何も知らないで、友人に連れて行かれたのでしたが、こんなスポーツがあるなんて・・・・「世界は広い」と実感しました。

(数日後には、自分でもホッケーシューズを買って練習していました・・・数か月で挫折したがいい運動になった。 その頃のヘルシンキでは、スケート靴と云えばホッケーシューズの事で、フィギュアやスピードの靴は、ほとんど売っていなかった。)

*ホッケーは刃がカーブしていて、滑るとクルクル回って面白かった。


アイスホッケーは日本では不人気でも、北欧では人気抜群ですし、北米にはプロリーグもあります。




ついでに云わせて戴ければ、個人競技では、"バイアスロン"が好きです。

クロスカントリースキーとライフル射撃、これに長けた人は、寒い国の冬では最強の人類です。

かつてヨーロッパで起きた幾つかの冬季の戦争では、"スキー部隊"の活躍が語り草となっています。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

川が凍った [運動]

先週は寒くって、走る気がしないばかりか、風邪気味。


頭痛、鼻は鼻水、目は痛くてショボショボ、耳は耳鳴り。


内職仕事も上手くいかない。




出るのはタメ息ばかり・・・


『ため息をつくと幸福が逃げる』と云われるが、確かにその通りだと思う。


だけど、物事が思い通りにならないときに、ため息は出る。

つまり、不幸せ感?によって、ため息は出る。


だから、ため息で幸せが逃げるんじゃなくて、幸せが逃げるからため息が出るとも言える。





今日は体調も良くなってきて、朝走った。

7日ぶりのジョギングです。


驚いたことに、川面に氷が張っていた。

氷は薄いけど、どこまでも凍った川。

2時間走って、走り終わる頃やっと溶け始めた。



北の国では、冬に河が凍るのは珍しくもないが、ここは千葉県。


常夏のフィリピンから帰国して2年、思えば遠くへ来たのかも。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康