So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不思議な耳鳴りの話 [終活]

私の持病のひとつに「キーンという耳鳴り」がある事は、このブログでも何度か書きました。

8~9年来の高音の耳鳴り(自覚的自鳴)で、時として、どうしようもなく煩い時はありますが、年中無休の『キィ~ン』です。


結構つらいです。

先日下記のユーチューブのサイトを見つけ、で私の耳鳴り音の周波数をチェックしてみました。


モスキート音で耳年齢チェック あなたは何歳ですか?

https://www.youtube.com/watch?v=4JZ73t6ElQg


そこで明らかになった驚愕の事実!


私は高音が聞こえない。


幾つになっても毎日勉強すること、発見があります(おもしろい!)。


上記サイトは、8,000ヘルツから20,000ヘルツまでの音を聞くことができます。

人は加齢により高音が聞きにくくなるという、老化現象をセルフチェックするためのようです。

私の場合八千や九千ヘルツは、はっきり聞こえます。

しかし一万を超えた頃から、音はスッと消えて(聞こえなくなって)しまいます。

字幕に出る『耳年齢』によれば、66歳の私は(1万ヘルツ以上の高音は)聞こえなくても良いのです。

確認のため同席させた中学生の長男は、『聞こえる』。

奥様Mも『聞こえる』。

それではと先へ進むと、一万四.五千あたりでふたりとも『聞こえない』。

犬笛じゃないけど、それ以上は普通の人間には聞くことは困難のようです。

普段私が聞いている(?)耳鳴りは、多分、1万ヘルツ~10,500ヘルツくらいと推測できます。




問題は、"ナゼ聞こえないはずの音が、聞こえるか(=聞こえるように感じるか)"です。


他の耳鳴りに詳しい、専門の耳鼻科医のサイトによれば・・・・

・存在しない音を、私の脳が勝手に作り出してしまう

・しかもその音は、仮に現実の音の場合は、私の耳では聞き取れない高音


この云わば"イリュージョンの音"を、何故私の脳が創造してしまうかと云えば、ここがある意味では秀逸なことなのですが、人の脳は聞き取りにくい音域の微細な音を(無意識に)感知して、それのみを増幅する能力があるらしいのです。

例えばドライバーは、車のダッシュボードなどの微細な振動音や、ちょっとしたエンジン音の変化には非常に敏感です。

(逆に、線路わきに住む人が電車の音に慣れてしまうように、印刷工場内の(正常な)機械音を職人が苦にしないように、うるさい音や雑音は、小さくしたり消し去る能力もあると考えます)





しかし、人によって、例えば膠原病のような"自己免疫疾患"(免疫系が正常な自己の組織や細胞を攻撃する)と同様、優れた機能が仇(あだ)となって、耳鳴りは起こると考えられそうです。

それはまた、考えようによっては、お化けや悪霊のように、存在しないモノを脳が作り出しその影に怯えるようなものでしょう。



"耳鳴り"・・・・厄介ですが、またひとつ勉強になりました。

できれば、更なる真実を追求いたします。

今のままでは、完治は"死"しかなさそうだし。




(待てよ、あの世でも耳鳴り・・・か?)









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

誰だって老化するのに・・・・・ [終活]

暑く、日差しが強くなってきました。


私の朝のジョギング。

コースによって所要時間が決まっていて、それによって「140分(=2時間20分)コース」とか、そのコース名にしています。


暑くなれば自然とタイムも悪くなります。

例えば、上の「140分コース」は150分以上かかるし、終えた後の脱力感も増しています。


(元々"走る"とは言い難い"歩く"よりちょっとだけ速い、今の私の"ランニング"です)

気温上昇と日差しのせいかと思いきや、(先週のように)曇って涼しい日でも、タイムの悪化はあります。


要は"体力の低下=老化"でしょう。



若い頃なら、走れば走るほどタイムが向上する時期があります。

(これならヒョッとしてオリンピックもとか、勘違いします)


しかし、右肩上がりのタイムは、才能に応じ誰しも止まります。


それ以降は、いくら練習しても中々成果は揚がらない。



やがて老化し、坂道を転げ落ちていく。


例外は無し。


"不老"も"不死"も、成し遂げた人はかつて一人もいません。


なのに、『アンチエイジング』だとか、『10年先も若々しく』『健康寿命で』『いつまでも青春』とか、様々なフェイクなフレーズに人は踊らされます。




これがホントの『往生際が悪い』という事でしょう。




私事を云わせてもらえば、"不老"も"不死"も望みたいほど、いまの世の中、面白いのかという疑問はあります。










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この世とあの世は地続きだ [終活]

私ごとき高齢者ビギナーが云うのもおこがましいですが、"この世とあの世は地続き"かも知れない。


最近、夢枕に死人が立つのです。

今までは全く無かったことです。

正確に云えば、既に亡くなった人たちが夢に現れます。

そして普通に会話いたします。

この前、父が出た時は(呼ばれているのか?)とも思いました。
(その時、父はひと言も話さなかった)

でも、私を「呼ぶ」はずのない人たちまで現れて会話したりするので、必ずしも"呼ばれている"わけではないようです。



あの世ってのは、つい最近まで時間と空間を隔てた「別世界」という認識でしたが、この頃はすぐ近くの様に思えてきました。

喩えて云うなら「隣の部屋」とか「道の向こう側」みたいな。

身近な場所に思えるのです。


あの"新宿のお殿様"丹波哲郎氏の名言、『この世とあの世は地続き』なのでしょう。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『健康長寿(寿命)』・・・イラナイ [終活]

寝たきり老人大国ニッポン。

施設の装置や、他人様のケアーで生き永らえて長寿を誇る?



これじゃイカンと、この頃は『健康寿命』志向。

元気に老後を生きようと、食生活や運動に気を配り、『アンチエイジング』に精を出す。

日本の年寄り達は、まるで始皇帝のように『不老長寿』を求めて生きている。

『元気で長生き』が、"正義"であるように振舞う。

TVでは、毎日のように『健康に良い食物』『病気と治療』『運動の奨め』。



私はへそ曲がり。

年相応に老いぼれていき、死にたい。

アンチエイジングなんて、気色悪い事はクソくらえです。

あるがままに生きて死んで、何が悪いのでしょう?

高齢者の中には、(名前はいちいち挙げませんが)本当に偉い凄い人たちがいます。

天賦の才能に溢れ、並み以上の努力をして、年齢に関係なく世間様のお役に立てる人たちです。

同じ年寄りでも、憚りながら、私なんぞとは月とスッポンです。

そういう方々には、本当に長生きしてもらいたい。

私のようなロクデナシは、基本的に延命の医療も、通常の医療も受けず、時の流れに従って天寿を全うすれば、日本は活気を取り戻すと思うのですが、間違いでしょうか。



なまじっかアクティブな年寄りばかりになれば、操作間違いによる車の事故や色恋のモツレの刑事事件などが増えるかもしれない。

(こんな↓事故も、今はしょっちゅう報道されている)


茅ヶ崎の事故「判断力、母は若いままのつもり」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00050005-yom-soci



高齢ドライバーによる交通事故は後を絶たず、横浜市内で2016年、通学途中の児童がはねられる事故などが起きている。
 
茅ヶ崎の死亡事故で逮捕された無職の女(90)の長男(62)は、取材に対し、「母は50年以上運転しているので、大丈夫だと思っていた」とした上で、「年をとって判断力が低下したという自覚もなく、若いままのつもりだったと思う」と沈痛な面持ちで話した。

 昨年施行された改正道路交通法は、75歳以上の高齢者に対し、運転免許証の更新時などに判断力や記憶力を測定する「認知機能検査」を受けることを義務づけた。検査や医師の診断を経て、認知症と診断されると免許取り消しなどになる。




身体は元気でも脳は老化している。

下の世代にすれば、年金負担が重荷になる。

お国も大変です。





高齢者の『ミソッカス』として云わせてもらえば、我々戦後に生まれた"団塊世代"が高度成長を支えたし、日本の国際的地位を押し上げたのは事実です。

おそらくそれは、150年前の文明開化の時代と共に沸き上がった、日本人の底力に匹敵するかも知れません。

私らの世代は、現在の人たちより、もっと一所懸命に生きてきたと思います。

学校も仕事も週休二日なんて無かったし、長時間残業、休日返上も当たり前だった。

団塊世代は間違いなく功労者です。



でも、舞台は回りました。

『クソ爺ィ』とか『老害』とか言われる(実際、多少自覚していますが)くらいなら、潔く静かに去る時だと私は思います。

自分の活きてきた人生に少しの誇りを持てるなら、人生の最後に、他人様の負担にはなりたく無いじゃないですか。


TVの"健康長寿番組"も「何のための健康長寿なのか?」という考察が欠けている。



『元気で長生きがすべて』という、錦の御旗はイラナイ。








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

キス、下ネタ話で人生失う [終活]

恐ろしい時代になったものです。



キスしただけで、メディアで晒し者になり人生の破滅。

殺人犯でも、これほどの仕打ちは受けないかもしれません。



二人きりの食事会で盗録され、下ネタ話を暴露されキャリアが消失。

麻生さんが、『ハメられた?』と正直な感想(私にしてみれば)を述べれば、それはそれで袋叩き。



私の感じ方は少数派なのかもしれませんが・・・・

夜、酒を飲んでいる男の部屋に、わざわざ出向くってどういう若い女性なのか?

男と二人で食事する際に、会話を録音するってどんな目的?


加害者(被害者と呼びべきなのか?)のワキの甘さはともかくとして、この盛大な協奏曲で誰が得をしたか・・・・

セットアップの可能性が無いとは言えません。



局の系列からすれば、下ネタ盗録は、自民党政権を弱体化し追い落とすためか・・・・

酔っ払いキスは、噂があるらしいのですが、某大手事務所が、今がチャンスとジャニーズ事務所を葬り去ろうとしているなんて・・・・




思うは、こちとらカネも権力も、地位も名声も、無くて良かった。


しかしながら、私を含めた年寄りにとって、様々な事柄に対し"違和感"を感じることが多い昨今です。

例えば、子供の頃の遊びや言動です。

今までの人生で普通にやってきたことが、今では『非常識』『悪い事』であったり『犯罪』であったりします。

簡単に云えば、時代遅れになった。

アタマが固くて、価値観の変化に適応することが難しい。


つまり麻生さん同様(失礼!)、もう"去り時"が近づいているって事でしょうね。

まぁ、これも"諸行無常"の内です。

人生で培った人格を否定される前に・・・・望むところです。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

"動物"→"花"→"石" [終活]

概して、人の嗜好は年齢と共に変わると云われます。


何度か見聞きしましたが、"動物"→"花"→"石"と云う風に変わっていくらしいのです。




・第一期=生物

この生物(動物)とは、人間(同性や異性)も含むし、犬、猫、哺乳類、爬虫類、魚、虫・・・個人の嗜好により何でもアリでしょう。


・第二期=花

全国津々浦々の四季の花、庭や野山に咲く花(草木も含む)。


・第三期=石

石(鉱物?)全般、河原で拾った石や庭石とかも含むでしょう。

ひょっとすると焼き物なんかも。






ちなみに、若い人とか子供達なんかは、今は生き物100%でしょうね。



私個人は現在まだ、生き物3割、花5割、石2割ってとこでしょうか。


最近は、あまり生き物には惹かれなくなりました。


おいおい墓石が近づいて来て、やがて馴染むためなのでしょうか。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「子供元気で留守がイイ!」 [終活]

『亭主元気で留守がイイ!』・・・・なんてありました。



私は「子供、元気で留守がイイ!」。



今現在、私の仕事は主夫〈家事・雑用・内職〉ですから、必然的に家に居る時間が多いです。

自称「鬱(うつ)」です。

しかも「多忙なウツ」で、なお且つ前期高齢者。



それなのに、ウチの子供たちはまだ小学生と中学生。

身の回りの事や勉強に、当分は親の助けが必要です。

私は、今は亡き私の母の口癖ではないですが、『クチが酸っぱくなるほど』同じ言葉を毎日毎日繰り返しています。

「片付けろ~」

「宿題やったか~」

「風呂入れ~」

「もう寝ろ~」

etc・・・・

しかも、もうすぐ【春休み】になる。

子供たちが家に居る時間が増えるし、昼食も食べさせないとならない。

憂うつな日々?がやって来る。


どう言い訳しても、これは愚痴ですが、「子供元気で留守がイイ」のです。




(それにつけても、昔の母親は偉かった)









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

豆腐屋さん [終活]

早起きの代名詞は、昔は豆腐屋さん、新聞配達・・・など


『3時に起きなきゃならない』なんて。



年齢と共に早起きに磨きがかかり、わたし昨日は二時半起きです(睡眠3時間)。

通常でも、4時にはバッチリ覚めて眠れない、と前にも書きました。

べつに家事雑用・内職、ネットなど、やることは色々あるので2時半からでも構いません。


ちょっと心配なのは、この先どうなっていくんだろうか・・・・という事。


重篤な睡眠障害や精神疾患、体力の衰退などどうなんだろうか・・・。

でもこれは私だけでなく、多くの高齢者が抱える問題。

これで人並みになったと云うこともできる。



だけど、こんな事なら豆腐屋さんになっておけばよかった。

今ならなれそう。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

耳鳴り8年か・・・・・ [終活]

先日、金髪の小室ナンタラという御仁が、TVの不倫&引退会見で『耳鳴り』に言及していました。


『キーンという音がいつも・・・・』


どうやら私と同じようです(私のほうが大先輩ですが)




http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09



7年前に自分で書いたこの記事(↑)を見つけて、私の耳鳴りが、かれこれ8年ほど続いていることを知りました・・・・・・


当初から、私は「頭の中でUFOが飛んでいる」と表現していました。


飲んでいるときや、疲れているとき、体調不良の時は、音が大きくなります。

精神が安定しているときは、音も小さくなるようですが、決して、音が聞こえなくなることはありません。

寝ているときも含め、8年間、常に聞こえているのです。


かなりのストレスかも・・・・


そのうち治るだろうと思って8年。


「キーン」を止める治療法は、"死ぬことだけ"か・・・・




本日カゼ気味の為、鼻水タラタラ、四六時中、UFOは5~6機飛んでいます。


生きていると、いろんな経験をするものです。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

窓の内側に氷が [終活]

ここんとこ、窓に氷が張っている。

朝だけですが、サッシの内側。

つまり部屋の中に氷が・・・

去年より寒いような・・・


どおりで、寝ていても寒い。

と云うか、寝れないので不眠がさらに進む。

しかも、頭も体も鈍くなる。

熊なら冬眠するのだろう。


子供たちは、氷が張る部屋でも足を投げ出して寝ている。

私は年のせいか、身体が熱を作れなくなってきたらしい。

年取ると、いろんなことを経験するもんです。


まったくイヤんなっちゃいますな~、ご同輩。


お互い、『朝になったら、冷たくなっていた』なんてことにならぬよう、気を付けましょう。


もうしばらく、我慢するうち花(桜)も咲くでしょう。


ま、花を眺めるか、花で飾られるか、どっちか分かりませんが・・・・







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康