So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

設定温度13度 [貧楽]

食費がかさみ、石油ストーブの設定温度を13度にしている。



去年は16度で使っていた。

今年は寒く、灯油価格も上昇している。



しかし、もう寒さに慣れてきているし、"厚着"という伝統的な耐寒法も身につけた。

そこで私ひとりの時は、暖房なしという荒業も繰り出している。


春が待ち遠しい。


・・・・あと50日くらいの辛抱です。








nice!(1)  コメント(0) 

川が凍った [運動]

先週は寒くって、走る気がしないばかりか、風邪気味。


頭痛、鼻は鼻水、目は痛くてショボショボ、耳は耳鳴り。


内職仕事も上手くいかない。




出るのはタメ息ばかり・・・


『ため息をつくと幸福が逃げる』と云われるが、確かにその通りだと思う。


だけど、物事が思い通りにならないときに、ため息は出る。

つまり、不幸せ感?によって、ため息は出る。


だから、ため息で幸せが逃げるんじゃなくて、幸せが逃げるからため息が出るとも言える。





今日は体調も良くなってきて、朝走った。

7日ぶりのジョギングです。


驚いたことに、川面に氷が張っていた。

氷は薄いけど、どこまでも凍った川。

2時間走って、走り終わる頃やっと溶け始めた。



北の国では、冬に河が凍るのは珍しくもないが、ここは千葉県。


常夏のフィリピンから帰国して2年、思えば遠くへ来たのかも。










nice!(0)  コメント(0) 

栃ノ心、12年か・・・おめでとう! [大相撲]

苦節12年か・・・栃ノ心、おめでとう!


国籍で人を判断し、先入観を持つことは愚かなことです。

しかし、私は個人的に東欧の人たちは好きです。

バックグランドが我ら日本民族に近く(長くなるので細かく述べませんが)、精神構造が似ていると思います。




簡単に諦めない。

耐えて辛抱して、やり遂げる。


最近では、青森出身の『おしん横綱:隆の里』が頭に浮かびますが、栃ノ心も、ジョージアから入門して12年、急成長して挫折して・・・・引けは取らないです。


お見事です!


数日前のこのブログで、(控えめに栃ノ心活躍を)予言しましたが、やはり幕内優勝を遂げました。


取組後、土俵下で水をひと口飲んだ時の、涙をこらえた表情も良かったです。

最高に美味い水だったでしょう。



元気をいただきました。


ありがとう!







nice!(0)  コメント(0) 

耳鳴り8年か・・・・・ [終活]

先日、金髪の小室ナンタラという御仁が、TVの不倫&引退会見で『耳鳴り』に言及していました。


『キーンという音がいつも・・・・』


どうやら私と同じようです(私のほうが大先輩ですが)




http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09



7年前に自分で書いたこの記事(↑)を見つけて、私の耳鳴りが、かれこれ8年ほど続いていることを知りました・・・・・・


当初から、私は「頭の中でUFOが飛んでいる」と表現していました。


飲んでいるときや、疲れているとき、体調不良の時は、音が大きくなります。

精神が安定しているときは、音も小さくなるようですが、決して、音が聞こえなくなることはありません。

寝ているときも含め、8年間、常に聞こえているのです。


かなりのストレスかも・・・・


そのうち治るだろうと思って8年。


「キーン」を止める治療法は、"死ぬことだけ"か・・・・




本日カゼ気味の為、鼻水タラタラ、四六時中、UFOは5~6機飛んでいます。


生きていると、いろんな経験をするものです。








nice!(0)  コメント(0) 

今場所は『横綱相撲』の、栃ノ心 [大相撲]

今場所、栃ノ心が強い。



まぁ勝負は下駄を履くまで分かりませんが・・・

まさに横綱相撲で、しかも土俵さばきがイイッ!


さて千秋楽にどうなっているか。。。。




ところで、恥ずかしい話ですが栃ノ心の出身、画面に"ジョージア"と出ます。


つい最近まで、私はフロリダの北にあるジョージア州、つまりアメリカだと思っていたのです。


ところが、カスピ海と黒海に挟まれた"旧:グルジア"だそうです。

旧ロシア帝国の一部→ソ連邦の一部、そのグルジアが、最近、国名変更により"ジョージア"となったようです。


紛らわしいようですが、無知でした。

世界は常に動いていて、私の不徳の致すところです。








nice!(0)  コメント(2) 

リサイクルショップ [貧楽]

フィリピンでも、日本からの『ジャンク』と云うか、日本の消費者が"もう要らない"と判断した製品がたくさん売られています。


エンジンなど日本車のパーツ、自転車、オフィス用品、古着、家具などなど・・・多岐にわたる品々です。


これら "made in JAPN" の品質・程度・耐久性は、フィリピンで売られている"中国製の新品"を上回っていました。

フィリピンの人たちにとって、日本のジャンクは『高級品』でした。




月日が流れ?、現在、日本在住のワケアリ貧困生活。

あちこちにあるリサイクルショップ、重宝しています。

先週は、小二の次男の運動靴を買いました。

1足=800円の品で2足買って1,600円。

プーマのサッカーシューズとアディダスのランニングシューズです。

普段履きに使います。

子供はすぐ大きくなりますので、古靴でも傷みは少ないのです。

それぞれもし新品を買おうとすれば、少なくとも4~5千円はする『高級品』です。


リサイクルショップ、様様です。


ありがたや~ありがたや~






それにしても日本人、貧しくなった。
給与所得にしても、世界から取り残されているし、これじゃそのうち、海外出稼ぎに行く日本人が増えそうだ。
年寄りだけじゃなく、若い人たちも遊ぶ金なさそうだし。
格差社会というか、今は働いても働いても貧乏人は貧乏かも。







nice!(1)  コメント(0) 

モンゴルの八百長が、本丸か? [大相撲]

白鵬と稀勢の里が途中休場、今場所の土俵は粛々と進んでいます。


"嵐の前の静けさ"という感もあり、野次馬として見る方はまぁ楽しみです。



例の騒動は、初場所に入っても終着は見えるどころか、ますます混沌としています。


世間様やメディアは、貴乃花親方よりの見解が多いようですね。


八角理事長と主流派の権力へのこだわりと、貴乃花親方の一風変わった戦法が、騒ぎに拍車をかけているようにも思えます。



しかし、様々な報道に依れば、どうやら貴乃花の究極の狙いは、『モンゴル互助会』=モンゴル力士同士の八百長の摘発、ということになります。




一時は、幕内力士の半数をモンゴル出身が占めていました。

部屋は違えども、固い血の結びつきであり得る事です。

ここ十数年、日本の相撲界は"元寇"のように、モンゴル襲来であたふたしています。





それもこれも、元はと云えば、日本人力士が弱かったからではないでしょうか。



そして親方衆が、手っ取り早く関取(=番付で十両以上)を養成するためには、日本人よりモンゴル人の方が分が良いと踏んでいたからでしょうね。

部屋を持っても、関取を育てない事には、部屋の経営は火の車。

タニマチ(谷町)筋や協会からのカネだけでは苦しいし、親方として名を挙げるためには関取、できれば3役以上の弟子を持つ事が必須です。


日本人(力士)の虚弱さを棚上げして、相撲界の清浄化は難しいと云うか、おこがましいのではないでしょうか。


相撲がグローバル化することは、大相撲にとって好ましい事だと私は思います。

様々な国の外国力士を、取り組みを見てみたいものです。


しかし、あくまでも相撲は日本の"国技"。


規律を重んじ、伝統を尊重して、"心・技・体"を競って欲しいのであります。


海外の人からすれば、こんな大昔の行事が、現代もなお隆盛を誇り、且つ興行的にも成り立ち、国民の支持を得ているという日本の大相撲は、"奇跡"のようなモノなのですから。



褌ひとつで、小さく丸い土俵で心技体を披露する・・・・そんな相撲は世界的に稀有な伝統です。

いま流行りの『世界遺産』に匹敵するかもです。



雨降って地固まるように、私はいち相撲ファンとして、今回の騒動も前向きに捉えるべきと思います。







nice!(1)  コメント(0) 

気持ちイイ [運動]

きょうは久々の寒くない日でした。



風も弱く晴れて、2時間気持ちよく走りました。


性分と云えば性分、ジッとしているのが嫌いです。

外に出たい。

だから家の中に居ても、忙(せわ)しなく動いている。

まったく落ち着きのない、はた迷惑なジジィです(最愛の妻には申し訳ないが)。



思えば物心ついて以来、たぶん死ぬまで変わらないでしょう。


だから、動けなくなった時が死ぬとき。


泳ぎ続けるメダカやイワシのような小者が私です。








nice!(0)  コメント(0) 

成人式は、はれのひ・・か? [日本人]

個人的に、『・・式』と付くものは好かないのです。


自分の成人式の時は、海外に居たこともあり出てませんし、興味も無かったし、出たいとも思いませんでした。


私のように、『成人式に行ってない』という人は、案外多いのではないでしょうか。




今世間を騒がす『はれのひ騒ぎ』、報道によれば詐欺事件でしょう。


しかし、成人式に出るために何十万円も出して衣装を借りることや、その為に1年も2年も前から予約するなんて、信じられない。

何か可笑しくないでしょうか。

だいたい、今日本で行われているスタイルの"成人式"なんて、つい最近、戦後始まったものだろうし。

海外に目を向ければ、国によっても成人年齢はそれぞれ異なるし、男女で違う国もあります。

自治体主導で、『成人式』を執り行う国なんて極端な少数派です。

選挙権や飲酒、納税、運転免許などで、法的に子供と大人の線引きが必要なのは当然です。


しかし思うに、いい歳をして実家住まいで親のスネをかじって生きていれば、何歳であろうと子供だし、夜間高校に行きながら働く人は10代であろうと大人です。




そもそも大金をかけて成人式に出て、どんなメリットがあるのか?

成人式に出ないと、何か困ることや不利益があるのか?


私の答えはどちらも「NO!」です。





成人式の晴れ着も、クリスマスのデコレーションケーキ、バレンタインデーのチョコなどと一緒で、商人の考えた"便乗商法"に踊らされているだけではないのですか。







nice!(1)  コメント(0) 

52歳で昇天ーセイコースポーツマチック5 [出来事]

去年から愛用していた"セイコースポーツマチック5"が、どうやらもうお陀仏のようです。

帰国後、実家で「発掘」して以来使っていました。



52年前の高校入学祝いに、亡き父が秋葉原で買ってくれた時計です。

当時人気の様々な機能を備えた、自動巻き時計です。


きょう(1/14)も2時間ジョグの際、手首にあったのですが、直後に止まってしまいました。

通常の自動巻きが機能していれば、少なくとも24時間は動くはずなのに、最近ちょくちょく止まるようになっていました。


多分、さすがにもう寿命でしょう、残念です。



腕時計は好きです。

ただやはり、手巻き・自動巻きなどの"機械式時計"がクールと(私は)感じますね。






nice!(1)  コメント(0)