So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

1秒刻みで1億円ゲット? [スポーツ]

数か月前の設楽選手に続くように、大迫選手がシカゴマラソンで日本新を出しました。

1億円ゲットです。



陸上好きの私としては、あのソ連の”セルゲイ・ブブカ”を連想してしまいました。

『鳥人』と呼ばれた天才、棒高跳びの選手です。

ご存知の方も多いでしょうが、全盛期、彼は世界各地の大会に招待され、1センチ刻みに”世界新記録”を更新しました。

穿った見方かも知れませんが、『世界新のボーナス』目当て。

『賞金稼ぎ』。

棒高のバーの高さは、本人の申告制ですから可能な事です。

簡単に云えば、一気に5センチ世界新を更新するより、5回に分けて1センチにすれば、ボーナスも5回、金額は単純計算で5倍。



だからと言う訳じゃないですが、全盛期の瀬古選手や中山選手を軽く凌駕するような”天才マラソンランナー”が現れたら、ゴール前でスピードを調整して、「走るたびに1億円!」てな、夢のようなことが可能です。

しかし、これで長い間低迷していた日本マラソン界が活気づいたことは間違いないです。

ニンジン吊るした効果?はテキメンです。



カネで記録更新・レベルアップ・・・・私は悪い事だとは思いません。

今やほとんどのスポーツは、おカネで換算され評価されます。

もうアマチュアスポーツ精神は、素人レベルでしか存在しません。

1億円にしても、単に42.195キロ走って1億ではなく、命を削るような、怪我と隣り合わせの毎日の鍛錬の結果の好記録です。

マラソンランナーにとって、会心のレースなんて一生に2度あるかないか。

マラソン競技、は結構長いコンディショニングが必要で、普通はせいぜい年に2度くらいしか走れません。

そして練習で故障すればまた振り出し。

まるでギャンブルです。


とにかく、チャンスを生かした大迫選手には、私は1億円も含めて「おめでとう!!!」と言いたいです。

日本のお家芸だったマラソン復活に向けて、全選手「ケッパレッ!」



全選手を引っ張る、走るたびに1億の、天才ランナーの出現を乞う。



(参考記事)


大迫のマラソン日本新に瀬古氏「1億円うらやましい」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000060-sph-spo








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

もうジョグとは言えないかも [運動]

距離を少し縮めて、月・火と2日連続で走ってみました。

やはり日を置かないと、重いです。


10m前をウオーキングするオバサマを追い越すのに、3分以上かかってしまった。

身に沁みました。


もうこれは、「ジョギングしてます」なんて言うのが恥ずかしいスピードです。




若い頃はビーチロードで、レジャー客の中を見せびらかすように走るのが好きでした。

他人の視線があると、頑張る気持ちが余計に湧いてきたし。

夏場のスキー練習で始めたインラインスケートにハマった時期は、ビーチのセンターのアスファルトにコーンを並べて片足スラロームとかして、注目を集めて悦に入っていました。

今思えば結構イヤなヤツでした。

その頃は、ほとんどのスポーツで重要な“加重と抜重”の”動作”を極め、自分のパフォーマンスを向上させ、なんて思いあがった事を考えていました。



・・・・・

人は変わるものですね~。

年相応に身体にガタがきて、みっともない。

ヒザもいかれて、ヨタヨタと走るのが精一杯。


今は他種目に色気を出すなんて、考えつきもしません。


今はなるべくひと気の無いところを選んで走っています。

そんな田舎道でも、土日は人出があるのでなるべく避けています。



年寄りの運動に加重・抜重なんて無縁、そんな動きをしたらヒザがバラバラになっちまうかも。


そうですね~、分相応にブザマに生きていくしかないようです。


チンタラジョギングでも、週2~3回が限度でしょう。


(イカン、いかん、また愚痴ブログになっちまった)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

我が家のニラ(初収穫) [食べ物]

今年4月、ニラのタネが手に入ったので、ウチの庭に蒔いた。

庭は狭く、日当たりも悪く、ニラくらいしか育たないと思ったので。

庭=ニラ。


カラ梅雨の頃には乾いてしまうので、小さくて頼りない糸のような芽に、スプレーで日に何度も水をあげた日々もあった。



今や長さ2mに、ボーボーに生えている。

1年目は収穫せずに株を太らせるべきとか、ネットにはあります。

でも誘惑にかられ、一部を収穫して食べてみた。

店頭の品より細く頼りないが、マズいわけない。


天と地の恵みに感謝。


嬉しかった。



「小さな幸せ」と言うべきかも知れませんが、”幸福”というモノには、大小はないのかも知れない。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -