So-net無料ブログ作成
検索選択

暑くて気持ちがイイ [移住]

ここ数日、気温が上がってます。


皆様には申し訳ないですが、私にとっては、気持ち良く、過ごしやすいです。

屋内で31度前後(湿度は60~70%)、快適です。

エアコンどころか、扇風機も要りません。



私の身体は、"熱帯仕様"ですから。

熱帯暮らしが約20年、帰国して1年ちょい。

私の身体は、まだ熱帯の気候のほうが向いているようです。

企業から派遣された駐在員と違い、私は冷房の効いたオフィスや住居、まして都会には、全く縁がありませんでした。

ビーチリゾート仕事一筋、つまり田舎専門でした。

客室にはエアコンがあっても、私の居室、仕事場はエアコンとは無縁でした。

部屋を冷やせば、外に出た時に調子が狂って、仕事になりませんから、暑さに慣れるしかないのです。

しかし、慣れてしまえば、快適至極の"南の島暮らし"でした。




でも、一年過ぎても、ひと様と体感温度に大きな差があるなんて・・・・こりゃまた、10月からは寒くて(千葉ですが)参っちゃうんでしょうね。

あともう一冬越せば、来年あたりは、人並みに「暑い!」なんて言っちゃうのでしょうか。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あの『ひふみん』の目は・・・ただ者じゃない [日本人]

今や大人気の『ヒフミン』こと、加藤一二三 九段。


話し方、容貌、そして話の内容がユニークです。



きょう引退会見をされました。

私は眼に注目していました。

顔の表情や作り、容姿、独特な話術に、騙されて(?)はいけません。

目は鋭いですし、目ぢからは相当なものです。

齢77歳の、やたら面白いお爺さんの眼ではありません。

60年以上にわたり戦をしてきた、”武将の目”じゃないですか、あれは。

考えてみれば、将棋のプロとはたぐいまれな知力と体力を備えた"天才集団"ですから、当然でしょう。



ヒフミンをテレビで見たら、目をじっくり観察してください。









ウナギに農薬? [出来事]

飲食店の国産ウナギ、実は中国産だったというニュースです。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000446-tokaiv-soci


「国産ウナギ」実は中国産 輸入業者ら2人逮捕 愛知県警



上のニュースですが、中国産の安いウナギを、国産と偽り高値で食べさせ利益を得る・・・これは他所でも有りそうなことですよね。




それよりも私が気になるのは、産地偽装が発覚した原因、つまり『ウナギから基準を超える農薬が検出された』ことです。


よく分からないのですが、『農薬』ってのは、農業で使う有毒薬ですよね。

ウナギは養殖のはずですが、なんで農薬が検出されるんでしょうか?

池じゃなくて、田んぼで養殖??か?

えっ?  

それとも、何でもアリの中国だから″養殖池に農薬投入″?

なんだか知らないが、やっぱ中国、怖いです。



ウチみたいな貧困家庭は、廉価の中国食品に世話になるしかないし・・・・子供たちが心配です。


でもウナギに限って言えば、いかに中国産と云えども滅多に食べられないから、まぁいいか。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天才棋士 現る [出来事]

一人の天才棋士の活躍が、世間の耳目を集めています。


快哉です、胸がすきます。


私共と私どもの世代以上の男子にとって、嘗て将棋は家遊びの中では、大きな部分を占めていたように思います。


今の子供たちのナンタラカンタラのチマチマゲームより、ずっと優れていると思います。

考える力や想像力を育て、志を強くする。

(今の子供たちが『ゲーム』をしているところを傍から見ると、言っちゃ悪いが『バカ丸出し』にしか見えません。)



このたびの藤井4段の活躍は、日本人に将棋の素晴らしさ、奥深さを思い出させてくれています。

神童の連勝記録がどこまで伸びるのか、楽しみです。



現代っ子たちが、将棋にも目を向けることを願います。


ソニーや任天堂が儲かり、子供が親の言う事を聞かなくなるような、「麻薬のようなゲーム」より、ずっと良いと思います(個人的感想ですが)。


だいいち、それらの『ゲーム』より、将棋や碁はずっと奥が深い。

それに頭を使うから、厭きることは少ないんじゃないでしょうか。









ウォーキングのようなランニング [運動]

週に3~6回



5~10キロを



40~80分かけて走る






私のこの頃のランニングです。

もう大会に出る気もないし、記録にも興味ないので、練習日誌は付けていません。

ですから、不確かですが、月間走行距離は140キロ前後でしょう。

キロ当たりのスピードは、7分30~9分30くらい、これはもう「ウォーキングのようなランニング」です。

ムチャクチャ遅いです。

『だったら年も年だし、もうウォーキングにしたら』という声も聞こえそうですが、私にも意地があります。



その昔は、調子のよい時は疾風のように走れたのです。

あの爽快さを、身体が風になったようなスピード感をもう一度感じられるなら、その引き換えに死んでもいいかもしれない。

だけど時は巻き戻せないから、そんなことはあり得ないのです。

周りの景色、、草木花、空や雲、鳥や動物を眺めながら、ヨタヨタと″走る″のです。


私に矜持が残っているとしたら、それは・・・・「ウォーキングには抜かれたくない」
・・・・・です(情けない)。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る