So-net無料ブログ作成
検索選択

酒飲みの夜間頻尿は [酒]

(前稿の続きですが)


今までのわが人生では、〈酒=スコッチのロック〉、そして(岡林信康の名曲″山谷ブルース″の影響でしょうが)〈焼酎はドカチンが飲むもの〉と敬遠してきました。

それなのに、甲斐性の無さで、この年になって飲む羽目になった私です。

アルコール度25度で4リッター2千円以下で買える焼酎ですから、味はともかく発泡酒よりコストパフォーマンスはイイのです。



大問題は、何で割るかであります。

元々理由が「安いから」ですから、割るモノが高ければ意味ありません。

最初に試したのが「麦茶割り」。

夏によく飲む麦茶ティーバッグ。

これですと1リットル=4円ほどで作れるので、たぶん水を除けば最安です。

ここでワナ?に嵌まりました。

夜間の小用の数が、発泡酒の時より増えたんです。

最初は〈麦茶割り〉のせいとは、気が付きませんでした。

(どうもオカシイ?)と思い、調べてみると、麦茶はカフェインとかは含まないのですが、利尿作用が意外と強いようです。

個人的な感想では、(ビールより上かも)です。

そこで、寝る前の麦茶割りはやめました。


次に思い当たったのが、〈牛乳割り〉でした。

身体に悪いアルコールと、身体に良い牛乳のコラボです。

これが成功しました(お試しください)。

牛乳が好きな人は旨いと感じるはずです。

そして、夜間の小用数が2回(たまに3回)だけとなりました。

さらに寝付いてから、3時間はぐっすり眠れるようになりました。

夜間頻尿と不眠症が、改善されました。

ま、飽きるまでは、これでいきます。


*以上私の個人的な体験ですので、他の人に当て嵌まるかは分かりません。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ジイ様の夜間頻尿は・・・ [酒]

寝ていて、少なくとも3回、多い時には6回くらい小用に起きます。



年齢と前立腺肥大のせいで、仕方ないと思っていました。

それが最近、好転しています。

何故かと云えば、夜のビールを控えたから。

思えばこの20年間、毎晩1.5リットルくらいのビールをキチンと飲み続けていました(ほかに日本酒とウィスキーも)。

1年前に帰国して、本数が少し減り、当然のようにビールが発泡酒になり、発泡酒がより安い焼酎になり、それと共に夜間の小用の数が2~3回となりました。

家計が苦しい副作用?、怪我の功名?、で夜間頻尿が改善しつつあります。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サマータイム [自然]

昨日から、アメリカが″サマータイム″に入りました。


欧米では、多くの国がサマータイムを採用しています。

地理的に高緯度な国が多いヨーロッパでは、夏と冬の昼夜の時間の差が日本と比べれば格段に大きいですから、サマータイムはむしろ自然なことです。

その昔ひとりで北欧に住んでいた頃、冬に厭きてきたころ、太陽が見えるようになってきて、明るい時間が段々長くなってきて、外気温がプラス側になると嬉しくなったものです。


反面、困ることもありました。

そうです、夜遊びです、調子が狂います。

お気に入りの服を着て、香水シュッとして、鏡見て「ヨシッ!今夜はどこに繰り出そうか」と夜9時過ぎでも外はまだ明るい・・・気持ちが萎えます。

夜遊びは、暗くないと気分が乗りません。



45年前は明るくなるまで遊んでいた私ですが、今は夜9時には眠くなり、朝3時過ぎればもう寝れず、4時には目がパッチリです。

朝3時は早起きと云うには、これまた変な感じです。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

これでも病院?・・・その② [出来事]

前稿(↓)の続きです。
http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2017-03-09



翌日ウチの奥さんが動きました。


・まず救急車の手配の大元に電話して、今回の件がその医者が云ったように『不適切な利用』なのか確認しました。
救急車の不当な利用は社会問題ですし、もしそうであれば反省するべきと思い、確認するためです。
先様の答えは・・・・
『子供の事だし、怪我の部位が頭ですので正当な利用理由です。』『だいいち(現場で救急隊員が)不適切だと判断すれば、自力で医療施設に行くことを勧めたはずです』との事。


・次に怪我の発生が下校時だったため、費用の一部が保険で補てんされるので、学校に行き報告しました(病院で1万円弱(健康保険適用で)請求され払った)。


・奥さんは保険請求の必要書類を貰うため病院に行きましたが、ついでに前日の(それこそ不適切と考えられる)医師の態度&診療を説明しました。


・その結果、息子と奥さんは別の医師による再診のため、同日夕方、またその病院に行きました(私は初めて、奥さんはこれで3度目、傷口は既に癒えつつある息子は2度目です)。
その際、応対した病院の事務局長いわく、頭ボサボサで私服で診察した医者は″非常勤の医師だから″云々のあからさまな言い訳(念のため、廊下の壁に掲げてある勤務医のスケジュール表を見ると、誰が常勤で誰が非常勤だか誠に不明瞭な表示です)。
そしてその日は記録に残さない(←意図的か?)カタチだけの診察だったので、診断書は治癒1日?のまま(突き指でも全治1週間とかなのに)、つまり、その日の治療は記録上は無し。




別にケガさせた相手は息子の友達で、怪我は偶然だろうから責める気はないし、元々息子の怪我による保険金なんか貰おうとは思っていなかったのでいいのですが、釈然としない幕引きでした。



結論として、日本でも医師免さえあれば″医者″であり、そのスキル、人格はピンキリのようです。

それから、私の受けた印象で申し訳ないのですが、誰も彼も自分が職務上の責任を負うことを嫌うあまり、我が身の保身のみに気を配る仕事しかできない??ような・・・・・・・

外国では″自己責任″というケースが多いのですが、日本はそれは少ないにしろ杓子定規と云うか、マニュアル通りというか、人情に欠けるというか、冷たいな、という感じがしました。
それもここ数十年の変化で、昔の日本人はもっと温かかったような気がします(これも私の気のせいかも)。



それから忘れてならないのは(私も何度か経験がありますが)、子供同士とか友人同士のおふざけで、たまたま運悪く怪我させた、或いは怪我したという場合、傷つくのは両方です。

後日、母親に連れられ相手の子が謝りに来ました。

私はできるだけ彼を慰めたのですが、(日ごろは非常に快活な)彼の落ち込み様は可哀そうな位でした。
悪いと思ったら謝るというのは美徳ですが、次は立場が逆になるかも知れないのです。

私の方こそ、息子の友人には謝りたい気でした。









nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

これでも医者?・・・➀ [出来事]

先日、長男が頭を塀にぶつけてしまい、3センチほど切りました。



当初、長男は相手(級友)をかばったのか、自らの怪我を私に云いにくかったようです。

切り傷も流れる血も頭髪に隠れていて、迂闊(うかつ)なことにその日は、私は彼の怪我に気が付きませんでした。


翌朝、『まだ頭が痛い』『血が止まらない』と起きてきたので、頭髪をよけて見れば、血で傷が確認できず、まだ乾いていませんでした。

近所の眼もあるので、少し考えてから救急車を呼びました。

救急車が到着後、救急車の中で3センチほど切れているという傷の応急手当てをして貰い、奥さんと子供は救急車で病院搬送、病院到着が朝8時前でした。




以下は病院でのこと(奥さんからの伝聞です。)

・その医者は診察室に私服で現れた(診察も私服)

・その医者は傷口の手当てをしないどころか、全く見もしなかった

・超音波(MRI?)検査をして『異状ない』と云い、『救急車の不適切な利用はしないように』と叱られた



奥さんの話によれば、その医者は終始不機嫌そうで、問診もほとんどなかった。

傷の治療をお願いすると、(見てもいないのに)『最近の医療では、自然に治るこの程度の傷は、何もしないんです』と言い放った




病院に迎えに行くと、玄関から、救急車に乗る前と同じ様子で、息子と奥さんは出てきました。

周囲の頭髪を刈られて、縫うか絆創膏を貼るかして、頭を包帯で巻かれると予想していた私は、訳が分からず言葉も出なかったです。

この病院は県下でも有名な○○脳○○外科病院、広い敷地に大きな近代的ビルディングです。

最新検査設備がご自慢のキレイな病院です。

担当した医師の名前は伏せておきます。

しかし・・・・・医師免あれば医者ですか?

フィリピンに長いこと住んでいて、日本の医療は素晴らしいと信じていましたが、どうやら"医者もただの人間″という当たり前の結論に行き着きそうです。

(その②に続く)






























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る