So-net無料ブログ作成
検索選択

人は絶望で死ぬ [終活]

人は絶望で死ぬらしい。



例えばの話、漁師やヨットマンの場合。

エンジン故障や、ヨットであればマスト破損などが起こり航行不能、洋上を漂流したとします。

外洋に出れば、数十年前までは、陸や遠方の他船との連絡は困難でした。

海図と天測技術が無ければ、現在位置さえ掴めません。


すると圧倒的な孤独感に苛(さいな)まれ、絶望が押し寄せて来るでしょう。

そんな時、いくら海が凪ぎでも、船体が無傷でも、たとえ食料が豊富であっても、死んでしまう人が少なくないと云います。

独りきりと絶望の組み合わせは、人を死に追いやるらしい。



チャップリンは、65年前の作品"ライムライト"で、

人生で必要なものは、「勇気(courage)」と「想像力(imagination )」・・・「そして少しのお金( And a little dough)」

“Yes, life can be wonderful, if you're not afraid of it.

All it needs is Courage,Imagination, … And a little dough”


とつぶやきました。



私が思い当たるのは高齢者です。

人は生き方を見失うと、死んでしまう事があります。

「少しのお金」は年金やら生活保護費で得られるはずです。
("dough"の本来の意味は、パン生地、パン、食べ物・・・転じてお金。)

あと必要なのは、「勇気」と「想像力」だけ。




しかし、私も含めて、日に日に衰えていく体力と知力を実感しつつ、「勇気」と「想像力」を養うことは誠に難しいのです。

ただ、チャップリンは、老後資金とか介護保険、先進医療が必要とは言っていません。




・・・・それにしても、チャップリンの作品がテレビで見れなくなったことは、寂しい限りです。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

〈ワールドニュース〉が面白い [テレビ]

テレビのBSで朝やっている〈ワールドニュース〉が面白い。



「ワールド」と云っても、報道されているのは一部の主要国のニュースだけですが、それでも、日本のニュースだけを見て海外メディアに関知しないよりは、ずっと良いと個人的には思います。

広く世界を知るべき若い人にとっては勿論、高齢者にとっても、頭の柔軟体操のようにある程度、脳のボケを予防するかもしれません。

同じニュースでも(例えばトランプ大統領関連とかでも)、日本のメディアとは、切り口や分析が異なるのが興味深いです。


日本は極東の島国で、他国と陸路で国境を接しないから、国外の諸問題に無関心で暮らすことも可能でしょうが、〈ワールドニュース〉は、くだらない番組よりは面白いと私は思います。


見たことが無い方は、どうぞお試しください。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

日本の海が変わっていた [日本]

この夏、子連れで海水浴に行っています。


個人的には、20数年ぶりです。
(以前は、夏場だけでなく、遠泳の練習やらで冬以外は通年通っていましたので、房総の海はかなり詳しいです。)



以前と変わったこと・・・・

・週末でさえ空いている。

・子供らの歓声が聞こえない。

・海に入る人や、泳いでいる人の割合が少ない。

・やたら規則がうるさい。

・ライフセーバーが干渉しすぎる。



まぁ、ざっとそんなところです。

こうした変貌は徐々にという事でしょうから、20数年間の空白が、私をして感じさせるものだと思います。

つらつら思えば、原因は子供が少なくなった事と、高齢者が増えた事でしょう。

海の家も減ったようですし、以前見知った浜のお店の数々も、空き家となっていました。

一言でいえば、「寂しい」。

地方であればなお更でしょう。



もし”座頭市”が居たら、『いやな渡世だなぁ』と云うかも。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

病気&健康情報の番組 [テレビ]

どうやら日本のテレビの番組は、病気の話と健康法のプログラムの割合が多いようだ。



それだけ視聴率が稼げる=興味のある人が多い・・・という事らしい。

番組作りにおいて、当然、高齢者層は無視できない存在でしょう。


私も高齢者(前期)ですが、何しろ我々はテレビが世に出た時代、いわば黎明期から知っている。

画期的で目新しく、茶の間のラジオは、いつの間にかホコリをかぶり、やがて姿を消した。

テレビは、茶の間の盟主となったのです。


以来、故・大宅壮一氏に『一億総白痴化』と揶揄されながらも、テレビを見続けてきた”団塊の世代”です。

テレビゲームやスマホアプリには全く興味が湧きませんが、その昔、『テレビは面白い』とタップリ刷り込まれてしまいました。




しかし私自身は、病気や健康に関する情報番組には、さほど興味がありません。



だいいち、それが正しいかどうか、定かではないからです。

毎日興味本位に、数多提供される情報のうち、数年後にも正しいと云える情報はどのくらいあるでしょうか。

多く見積もっても、3分の一以下でしょう。

数十年たてば、ほとんどが誤りと否定されているかも知れません。

第二に、そんなに健康と病気に神経質になって暮らし、長生きを人生の目的として、何なのでしょうか。

「長生きするために長生きしよう」とすれば、本末転倒のような気がいたします。



あくまで私感ですが、ひと様を煩わさず、天寿の尽きる、まさにその時、ピンピンコロリ・・・・これが私の希望です。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飯は家の台所で作る [食べ物]

我が家のことで恐縮ですが・・・・



飯は朝昼晩、家で作ります。

外食はほとんどしません。

スーパーやコンビニで、出来合いの弁当や惣菜を買って食べることもしません。

冷凍食品やレトルトも、買う事はありません。

主食・副食とも、毎食家ウチで作ってます。




フィリピン時代から、長年慣れていますから、ちっとも苦にはなりません。

慣れてしまえば、さほど面倒でもないし・・・



その方が良いことだらけです。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る