So-net無料ブログ作成
検索選択

稀勢の里・神憑り [日本人]

.稀勢の里が、誰もが予想しなかった優勝を果たしました。



13日目の取組後では考えられない出場、そして千秋楽、本割りと決定戦の連勝です。

自分の身体をある程度苛めたことのある方でしたらお判りでしょうが、鍛錬すればするほど『痛み』に関しては鈍感になってしまうものです。

いちいち痛がっていたら、きつい練習などできませんから(このことは両刃の剣でもあるのですが)・・・・私の素人経験です。


14日目の取り組みを見ても分かるように、13日目の彼の怪我は軽傷ではないと思います。

(千秋楽を見て、なんだ、結局大した怪我じゃなかったんじゃないの?と思っている人もいるかもしれませんが)、23日中にも怪我の診断は発表されるでしょう。

素人考えですが、肉離れか筋の断裂ではないでしょうか。


千秋楽に2番取って連勝するなど、普通はあり得ない事なのです。

確認は無理ですが、相手・照ノ富士の左ひざも悪化していて、メいっぱいだったのかも知れません。

どこも悪くない状態で戦っているアスリートなど、滅多にいません(言わないだけです)。

それぞれ弱点を抱えながら、強くなろうとしています。

ただ、照ノ富士は14日目の勝ち方で、観客を敵に回しただけでなく、本人にも疚しい部分があり、気力的に劣ってしまったのかも知れません。




相撲は白星を並べれば、勝ちさえすれば、良いというスポーツではないからです。

私の拙い知識では、相撲はもともとは、五穀豊穣を願い神に捧げる″儀式″であったのです。


今場所の稀勢の里の優勝は、神様が稀勢の里を選んだような気がします。


ですが現代に生きる一個の人として、稀勢の里にはとにかく怪我を治して欲しいです。

凄まじい人気ですから、忙しいでしょう。

まじめな性格のようですから、稽古もしたいでしょう。


それでもなお、まずは休養して怪我を治すべきです。

テレビも取材も可能であれば断り、稽古も軽くして来場所に備えてほしいものです。

2代目″おしん横綱″として、ファンの記憶に残る相撲を一番でも多く取っていただきたい。


大相撲ファンの一人として、切に願います。

眼が泳ぐ稀勢の里 [日本人]

稀勢の里の眼が泳ぐのが気になります(素人判断ですが)。


土俵上ではそうでもないのですが、(TV映像では)メディアにマイクを向けられ話すとき、稀勢の里の眼は右上や左上を行ったり来たりします。

他の力士は、そういう事はまずありません。


稀勢の里は以前からで、綱を締めれば無くなるのではと期待していたのですが、まだやってます。

悪い癖だと思います。

言葉とは裏腹に、あれでは何を云っても、さも自信が無さげに見られてしまいます。

気の弱さも(実際はそんなことはないのでしょうが)感じてしまいます。



これだけ待たされた日本人横綱です。

私も含め、ほとんどのファンが期待しています。

饒舌である必要はありません。

言葉少なで結構ですが、もっと堂々とマイクに、そしてファンに語って欲しいと感じます。









カゼに長ネギ [日本人]

ふとTVをつけたら、『風邪には長ネギが効く』と、さも得意げにうんちくを述べていた。




バラエティーの健康番組(日本はこの手の番組が多い)。

タレント達も『え~っ!』とか初耳風で感心しきり。


こっちこそ「え~っ!」ですよ。

その昔、母は我ら子供たちが風邪をひくと、夜、長ネギを炙(あぶ)りアツアツを手拭いで包んで、首に巻いてくれたものです。

寝ている間、ネギの香りが風の諸症状を和らげてくれました。

ウチの兄弟は皆、焼き長ネギにお世話になりました。

我が家に限らず、当時は多くの家でやっていた事ではなかったでしょうか。



  
昔の人の知恵というか、代々積み重ねてきた『経験則』のようなものが、最近科学的な裏付けが明らかになり、復活してきていることが多々あるようです。
















三笠宮さまがご逝去 [日本人]

100歳だったそうで、天寿を全うされたのだと思います。

ご冥福をお祈りいたします。


これで昭和天皇の御兄弟は、皆様お亡くなりになりました。

我が日本の誇る皇室も、世代の節目、ひと区切りという事でしょうか。


ひとつ気になるのは、これで皇室の方々は19人、うち皇位継承権を持つ男性は4人のみということです。

たいへん畏れ多い言い方ですが、皇室も少子化ですか。

下々としては寂しい限りです。

せめて皇室くらいは、子沢山で繁栄してほしいものです。

小子化著しい国民に、範を垂れていただければと不遜ながら考えます。

ご承知のように、このまま行けば、日本人は減る一方で、国家存続のための選択肢は限られてきます。

たとえ貧しくとも、兄弟が多い、親戚が多い、これは良い事じゃないでしょうか。



もし選べるなら、私はこ綺麗な家に一人で住むより、粗末な安普請に大家族で暮らしたいですね。

これも時代遅れ、ジジイの世迷言でしょうか?







秋休み?だって [日本人]

世の中が移り行くのは常の事でしょうが、‟秋休み”は知らなかったです。



ウチの小学生二人の通う小学校、‟秋季休業”だそうで・・・

(5日間ですが、土日と祝日が1日が含まれているので、実質は2日間か?)


それにしても。私の頃は春休み、夏休み、冬休みはあったけど、『秋休み』は無かった。

『秋休み』は、いつからできたのでしょうか?




しかし、かなり前から土曜日は休みになるし、秋休みなんて新設されるし、個人的にはちょっと甘やかしすぎのような気が・・・

こんなことで日本の未来は大丈夫なのか、世界と勝負できるのかなんて、余計な事を心配する私は、やはり時代遅れ=年寄りでしょうね。








みかじめ料はムダです [日本人]


シー・シェパードと和解=調査捕鯨船への妨害で―鯨類研など

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a8%e5%92%8c%e8%a7%a3%ef%bc%9d%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e6%8d%95%e9%af%a8%e8%88%b9%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%a6%a8%e5%ae%b3%e3%81%a7%e2%80%95%e9%af%a8%e9%a1%9e%e7%a0%94%e3%81%aa%e3%81%a9/ar-BBvW0wE?ocid=TSHDHP


南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所(東京)と共同船舶(同)は23日、日本の調査捕鯨船団に対する過去の妨害行為をめぐり、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」および代表者ポール・ワトソン氏との間で和解が成立したと発表した。日本側が一定の和解金を支払う代わり、SSなどが永久的に妨害行為を行わないとの内容で、2011年に始まった捕鯨妨害に関する両者間の訴訟は収束することになる。  和解を受け、鯨類研と共同船舶は同日までに、海上の安全確保のためSSなどに対し永久的な妨害差し止め命令を執行するよう、米ワシントン州連邦地方裁判所に申し立てた。  和解したのは今月初旬で、日本側は過去の法廷闘争でSS側から法廷侮辱罪の賠償金として支払われた約3億円の一部を、和解金に充てる。今回支払う和解金については、日本の捕鯨調査船に対してだけでなく、世界中での他の妨害活動にも使用してはならないとの条件を課す。  SSは公海上で船を衝突させるなど危険な妨害行為を繰り返し、鯨類研と共同船舶は11年12月、暴力的行為からの救済を求めワシントン州連邦地裁に提訴していた。




ヤクザ団体にみかじめ料払っても無駄でしょう。
ワシントン州連邦地方裁判所の判決の法的効力は、南半球の公海上には通用しないというSSの言い分は一理あります。

もともと、捕鯨云々とかより、南極周辺の海の様々な利権や、領土問題が絡んでいると思います。

ずっと前、植村直己さんが南極の山に登る許可をどうしても得られなかったことや、フォークランド紛争も然りです。



ですから、カネを払えばイイ、カネが解決してくれる・・・という考えは甘いのではないでしょうか。



10億円払っても何も変わらない、キムチの国の人達が作るあの像と変わりません。

そればかりか、他国でまたもやあの像の建設が新たに計画されています。

そのカネの出所が、日本国民の国税でないことを希望いたします。








台風なのに・・・・ [日本人]

知りませんでしたが、関東に台風が上陸したのは11年ぶり?だとか。

しかも、上陸地点は我が千葉県の館山、そして関東・東北を縦断。

昨日は1日家にいました。

TVのニュースなどもタップリ見ました。

しかし、台風直撃なのに、なぜ皆さん(仕事やその他で)わざわざ外出するのでしょうか。




一番驚いたのは、羽田空港で新千歳行の飛行機を辛抱強く待つ人々。

しかも観光目的で・・・

その時東京を荒らしていた台風は、明日北海道に上陸するという情報があるのに・・・観光??

だいいち台風の最中、離着陸する飛行機に乗機することに不安はないのでしょうか?

勇気があるというか、失礼ですが、危機管理が出来ていないと云うか。



沖縄に住む知人の話では・・・

台風の時は、食料を買いこみ、家をしっかり戸締りして、家の中で1日ビデオなど見るのだそうです。

勿論、学校、仕事などは、たいてい休みだとか。

人々が家に閉じこもれば、学校は無理だし、成立する仕事も少ないので当然か。


私が20年ほど暮らしたフィリピンの田舎では、台風の時は、学校&仕事休みは常識でした(拍子抜けするような遠い台風でもです)。




ですが・・・・

ツラツラ考えてみれば、それ以前・・・。

この私にも、20数年間の日本でのサラリーマン時代がありました。

そして、台風の時も、やはり何とかして会社には行きました。

そうそう、泊まり込んだ時さえありましたね。


以上のこと、かなり日本的(=世界ではやや非常識)だと思います。

今にして思えばですが。







2円引きです [日本人]

我が家の御用達、自転車で15分の安売りスーパー。

家計に優しく、大変助かっております。

その食品スーパー、精算の時にレジで『(ビニール)袋は要りません』と言うと、トータル会計から2円引きしてくれます。

タカが2円、されど2円です。

週4回買い物に行くとして、月32円。

もっとも、お店の方からすれば、日に何千人と言う客数があるでしょうから、バカにならない数字(袋の原価を考慮すれば、店としては、袋に入れて2円引かない方が営業的にはイイのかも)です。

しかし、もとより、ビニール袋という厄介なゴミを減らす事への環境への貢献度は、計り知れないでしょう。




しかしそれにしても、20年以上前の私が暮らしていた当時の日本人の暮らしと比較すれば、今の日本人の暮らしは少なからず貧しくなったように感じてしまいます。

昨日辞めた舛〇知事じゃないですが、〈非常にセコイ〉、世知辛い世の中という印象です。


空白の20年間(あいだの記憶?)が無いだけに、感じるのかも知れませんが、「日本は貧しい国になった」と思えて仕方ないような・・・・私の思い違いであってほしいですが。







私はお荷物? [日本人]

伊勢志摩G7サミットの面々を見ても・・・・・
私より若い阿部さんら3人の61歳が最年長でした。
カナダのトルドー首相が44歳、イタリーのレンツィ首相に至っては41歳!
世界の指導者に、若い人が普通に増えてきました。



つい今朝のニュースで・・・・・
『生活保護世帯が過去最高に、高齢者が初の半数超!』


現在の高齢者とは、いわゆる団塊世代のことでしょうか。
戦後の日本の復興と繁栄は、団塊の世代の賜物と私は信じていますが、この世代の衰えと共に、日本も衰えてきたようです。

下の画像は今から4年前の(2012年)、フィリピンと日本の人口ピラミッドです。

population_jp-3.jpg


(日本の人口ピラミッド)




popultation_ph-3.jpg


(フィリピンの人口ピラミッド)



日本の戦後のベビーブーマーとその子らの第2次ベビーブーマーの突出、そしてそれ以降に始まった少子化。
フィリピンと比較すればですが、日本の人口ピラミッドの形の異常さが、ことさら目を引きます。


それに対して、フィリピンは世代を経るごとに数が少しづつ減っていく・・・ごく自然なピラミッド形。


あと数十年して、我々世代も我々の子供世代も去ったあと、日本国の人口ピラミッドはどんな形をしているのだろうか?

また、そのピラミッドの大きさは?







青森型インフルエンザ? [日本人]

青森に帰省して戻ってきてから、体調を崩していた奥様M。

気力で治すことをギブアップして、今朝、病院に行ったところ『インフルエンザB型』と診断されました。

どうせ私にも来ているでしょうから、潜伏期間が満期になったら私も発症でしょうか。

それともクソジジイの免疫力で免れるか?

皆様も、インフルエンザお気をつけてください。

万病の元ですから。



それにしても、日本の医療は凄い。

駅前のクリニックでさえ、血液検査もその他の検査もすぐその場で結果が出る。

フィリピンなら、なかなかそうは行かないし、それでもって凄く医療費は高い。


一概にどっちが良いとも言えませんが・・・・







メッセージを送る