So-net無料ブログ作成

せっかちな桜 [自然]

去年11月、【桜の過ち】という記事(↓)を書かせていただきました。

http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2017-11-13



この話の、"狂い咲きの桜の木"(ソメイヨシノ)ですが、今朝のジョグのとき見てみると、蕾がふくらみ咲きかけていました。

よく見れば、なんとすでに咲いている花もあります。

他の木々の蕾は、まだ先の様子です。



まったくセッカチな桜ですが、私は同じセッカチ仲間として、気に入りました。

この桜並木の他の木は、予想ではあと1週間。

楽しみだ~!







nice!(1)  コメント(0) 

河津桜1,000本リベンジ [自然]

1週間前に行った桜まつり


http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2018-03-06


"河津桜1,000本"、リベンジしました。

ジョギングには気温が高く、日差しも強くてバテました。



延々と数キロにわたり植えられた、ピンクの桜。

見ごたえはありました。

昨日(3/12)現在、ざっと8分咲きです。

敢えて難を云えば、山桜のように、花と一緒に葉っぱの小さいのが既に出始めています。

無責任に云えば、葉は花が終わるまで待って欲しい。



場所ですが、千葉県八千代市の新川沿い。

16号と新川が交差する〈道の駅〉の北側です。

車利用なら道の駅に駐車できます。








nice!(2)  コメント(0) 

梅が咲いた [自然]

庭に植えた梅の苗木に、花が咲きました。

(遅ればせながら)

ウチの日当たり不良の狭い庭です。

去年6月に680円で入手した、『花も実も楽しめる』と言う欲張りな苗木です。


毎日米のとぎ汁をあげて、成長を楽しみにしていました。

幹の直径が2センチ、高さ90センチほどの頼りない幼木です。

しかし、立派に花を咲かせてくれました。

嬉しくて、数えてみると花が15輪、蕾は20くらい。


帰国以来、我が家には不幸と不運な出来事ばかりが気になりますが、これは有り難いことです。


お天道様に感謝です。







nice!(0)  コメント(0) 

河津桜が千本 [自然]

早咲きの桜を走りながら見るために、日曜日の朝に3時間走りました。


河津桜(ピンクの桜です)が、川沿いに1,000本植えてあります。

イベントもあり【千本桜まつり】と命名され、ズラ~ッと提灯が飾られ、夜間照明も設置され、沢山の屋台が準備中でした。

ところが肝心の桜は、ごく一部が三分咲き、そのほかは一分咲きという有様でした。

今年の此処の満開は、去年より1週間遅くなるように思いました。

この遅れがそのままソメイヨシノに適用されるとは思いませんが、去年より今年の冬は寒かったのでその影響かも。




『バッカじゃない??』と思うかもしれませんが、早く花(=ソメイヨシノ)の満開が見たくて、今から胸がドキドキしている私です。

いずれにしても、この千本の河津桜のほうは、満開を見計らってジョギングがてらで、再度トライいたします。






nice!(1)  コメント(0) 

『良いニュースと悪いニュース』 [自然]

新年おめでとうございます。

先程、TVで富士山頂上空からの初日の出中継を見たました。

その後、外に出て、遠くの木立から昇る初日を拝みました。




どうでもいいような私の命も、また新しい年を迎えました。

まずは、「花(=桜)が咲くまで」を手近な目標に据えて、生きてみようと思います。



『良いニュースと悪いニュースがある』なんてセリフがあります。

洋画などに、けっこう出てきます。

そして『どっちから聞きたい?』なんて続くわけです。

欧米人らしい言い回しです。




当たり前のようでいて不思議なことに、人には毎年、良い事と悪い事が起こります。

『悪い事ばかりだった』という方も(私も含め)いるかも知れませんが、よく考えれば良い事もあったはずです。



私の性格では、どうしても悪いほうばかり気になります。

少々負けず嫌いだから、「クソッ!」と思って、嫌な事や悪い事を「何とかしてやろう」と、心が執着してしまいます。

反対に、良い事は「ヨカッタ」でお終い。

例えばギャンブル(私はやらないけど)なら、勝った時より負けた時のことをウジウジと考える。

失敗やミスの"ワケ"をあれこれ考えてしまう。


まぁ、性分なので治しにくいとは思いますが、老いてきたこともあり、少しづつ変えていければと年頭にあたりおもいました。


"禍福は糾える縄の如し"


良い事があるから、悪い事がある。


つまり(悪い事のあとには、良い事があるんだ)と信じて。









nice!(0)  コメント(2) 

グレーのジャンバー? [自然]

数週間前、チンタラ・ジョギング中。

違法建築のオンボロ桟橋、鉄パイプの柱の上。

グレーのジャンパーが掛けてありました。



周りに人は見当たらない・・・・アレッ?

よく見ると、ジャンパーではなく鳥のようです。


デカイッ!

微動だにしない。


帰宅後ネット検索。

・・・・どうやら"アオサギ"のようだ。

大きいのは、翼を広げると1.6mほどもあるそうです。





何となく人間的な顔?をしている。

ヤツを、その後も、同じ場所で何度か見かけています。

『繁殖期以外は単独でいることが多い』とのこと。

したがって、ヤツも常に一羽、単独・・・・孤独。

エサの魚影を探しているらしいが、いつも水面を見つめてジッとしている。


見かけるたび、何故か、「ガンバレヨッ!」とつぶやいてしまう。









nice!(0)  コメント(0) 

空中戦:トンビ VS カラス [自然]

『野生の王国』モドキを見ました。


印旛沼近くを、いつものチンタラジョグ中です。

青空の中、トンビ(たぶん、まさか鷹じゃないだろうし)1羽を2羽のカラスが攻撃していました。

トンビは、逃げ惑うばかり。


カラス2羽が執拗に攻撃を仕掛けます。


面白いので、あたりをうろうろジョグしながら数分間、空中戦を眺めました。



思うに、トンビは猛禽類だろうし、カラスより優にひと回りは大きい。

なのに何で、逃げるばかりなのだろうか?

そのうち一羽のカラスが降りてしまい、トンビVSカラスの一騎打ちとなった。

それでもカラス優位は崩れない。




ワカラン・・・・


人のゴミを漁るカラスが、野生のトンビより強いなんて。


トンビは得意の高空へ逃げないし、本気じゃないのだろうか?


それとも、カラスに何らかの理由があって必死なのか?


(トンビが、カラス夫婦の卵でも狙ったとか・・)



まぁ、私としては、予期せぬ『航空ショー』を見せてもらって満足致しました。









nice!(0)  コメント(0) 

一生の心拍数のリミット? [自然]

中学生の頃、先生が言いました。


『動物の一生の心拍数は決まっている。だから脈の速いハツカネズミは短命だし、遅いゾウは長生きするのだ』


当時は(なるほどな~)と思ったわけですが、それから50年以上たった今、その法則?の反証を幾つか知ってしまい、???なワケであります。


余命が気になるこの頃は、我と我が身に照らし合わせて、実際はどうなんだろう?と考えてしまいます。

私事ですが、若い頃は有酸素系の運動に親しみ、心拍数180くらいまで追い込んでいました。

その甲斐あってか、その頃の安静時の心拍数は40/毎分前後でした。



高齢者の端くれとなった今、運動はヨタヨタなジョグだけとなり、その最中でさえ心拍は120辺りです。

問題は安静時。

【交感神経>副交感神経】というか、四六時中せっかちな性格のせいか、早朝から脈は多め。

安静時でも80~90。

夜になれば、酒が入って常時100以上。

夜間は不眠症で脈は落ちない。

冒頭の説が正しければ、私は脈拍リミッターが効いて、寿命が尽きて、もう死んでいるのだろう・・・・・


まァ、なる様にしかならない。







nice!(0)  コメント(0) 

桜の過ち [自然]

2週間ほど前、いつものジョギングコースの桜並木の、うち4本の桜が開花しました。


いわゆる『狂い咲き』でしょうか。

いまや7分咲きとなっています。

4本とも直径10数センチの若木です。



土手の上の日当たり良好の場所ですが、他の桜樹は(当然のごとく)蕾さえありません。




門外漢の私が想像できることは、"若木"だから。

つまり、体力・繁殖力旺盛です。

しかし、経験?が少なく、状況判断が甘いためのミス。


これは人間でもよくあること。



興味深いのは、この4本の木が来春開花するのか?

ま、私の想像では咲くでしょうね・・・・


まだ若いから、やり直しがききますから。









nice!(0)  コメント(0) 

〈冬時間〉に変えました [自然]

欧米では、"SUMMER TIME"(=サマータイム=夏時間=3~10月とか昼の長い時期に、時計を1時間ほど進める)は、ごく当たり前に採用されています。


わが日本では、中々そうはいかないのは、物理的に国土のある緯度が微妙でもあり、定着は難しいでしょう。




私自身は、≪サマータイム≫賛成派です。

私に合っているようで、生活サイクルもおのずと切り替わります。

先週から、起床時間が4時頃から5時頃へと、自然に切り替わりました。

これによって、習慣の朝のジョギングが朝食前の5時前後から、朝食後の8時前後のスタートとなります。

人間は明るくなれば起き、暗くなれば寝るのが本来の摂理です。

全く抵抗は感じません。

実際は、私も文明人の一人として、夜は電気の助けで暗くなっても起きてますから、夏の睡眠時間は必然的に4時間くらいです。

しかしうまいもんで、夏はこれまた自然と、昼食後に30分ほど横になって心身を休めます。



最近は歳のせいで、夜眠れないのが少し不自由です。

したがって、冬でも4時過ぎには起きてしまい、朝の内職時間が長くなり、結果的に、冬でも昼食後に横になる癖がついてしまいました。

もう年だし、勘弁してもらいたいです。







nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る