So-net無料ブログ作成
検索選択

コーラに課税を [酒]

いつもの店で、いつもの安物ウイスキーと発泡酒を入手したら、本当に値上げされていました。



安物ウイスキーで100円くらい、発泡酒でひと缶当たり10円くらいでしょうか。

私の場合は大いに困ります。


税金取るなら、コーラなど砂糖入り炭酸飲料にしてほしい。

(私はソフトドリンク嫌いで、飲まないからですが)あっちのほうがよっぽど身体に悪いと思うし、ボロ儲けなんだから。


それから、ポテトチップなどのジャンクフードなども健康を害すると思います。

これも、私は間食しないし、スナック菓子嫌いなので云うのですが。


まこと適度の酒は心身に良いし・・・貧困層の楽しみを勝手に奪わないでほしいと、勝手ながら思います。




日々の疲れを癒そうと家飲み。

そのコストさえ、なるべく安くしなければならない。

お上には、そんな庶民の心情と懐具合も、理解していただけたら有り難いのです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

酒飲みの夜間頻尿は [酒]

(前稿の続きですが)


今までのわが人生では、〈酒=スコッチのロック〉、そして(岡林信康の名曲″山谷ブルース″の影響でしょうが)〈焼酎はドカチンが飲むもの〉と敬遠してきました。

それなのに、甲斐性の無さで、この年になって飲む羽目になった私です。

アルコール度25度で4リッター2千円以下で買える焼酎ですから、味はともかく発泡酒よりコストパフォーマンスはイイのです。



大問題は、何で割るかであります。

元々理由が「安いから」ですから、割るモノが高ければ意味ありません。

最初に試したのが「麦茶割り」。

夏によく飲む麦茶ティーバッグ。

これですと1リットル=4円ほどで作れるので、たぶん水を除けば最安です。

ここでワナ?に嵌まりました。

夜間の小用の数が、発泡酒の時より増えたんです。

最初は〈麦茶割り〉のせいとは、気が付きませんでした。

(どうもオカシイ?)と思い、調べてみると、麦茶はカフェインとかは含まないのですが、利尿作用が意外と強いようです。

個人的な感想では、(ビールより上かも)です。

そこで、寝る前の麦茶割りはやめました。


次に思い当たったのが、〈牛乳割り〉でした。

身体に悪いアルコールと、身体に良い牛乳のコラボです。

これが成功しました(お試しください)。

牛乳が好きな人は旨いと感じるはずです。

そして、夜間の小用数が2回(たまに3回)だけとなりました。

さらに寝付いてから、3時間はぐっすり眠れるようになりました。

夜間頻尿と不眠症が、改善されました。

ま、飽きるまでは、これでいきます。


*以上私の個人的な体験ですので、他の人に当て嵌まるかは分かりません。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ジイ様の夜間頻尿は・・・ [酒]

寝ていて、少なくとも3回、多い時には6回くらい小用に起きます。



年齢と前立腺肥大のせいで、仕方ないと思っていました。

それが最近、好転しています。

何故かと云えば、夜のビールを控えたから。

思えばこの20年間、毎晩1.5リットルくらいのビールをキチンと飲み続けていました(ほかに日本酒とウィスキーも)。

1年前に帰国して、本数が少し減り、当然のようにビールが発泡酒になり、発泡酒がより安い焼酎になり、それと共に夜間の小用の数が2~3回となりました。

家計が苦しい副作用?、怪我の功名?、で夜間頻尿が改善しつつあります。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

〇ころしにマイッタ [酒]

〇〇〇ホーテで、"〇ころし"と云う名の600円以下(2リットル入り)の日本酒を買いました。




特売品です。

ちなみに"〇ころし"の"〇"は、桃太郎の敵役の"鬼"です。



悲しいことに、貧乏人の性(さが)で、安さにつられて買ってしまいました。

この酒がスゴイです。

私も、安酒には人並み以上に慣れているのですが、この酒は2リットル300円の料理酒と、違った意味でドッコイドッコイです。



どう凄いかと言いますと・・・・

第一に臭いです。

それから飲むと頭、後頭部のあたりが痛くなります。

少ししか飲まなくても、何故かフラフラしてしまいます。

アルコール分は、<13度以上14度未満>と書いてあるのですが・・・



昨日など、寝るとき、鳴れない後頭部の痛さに、これはくも膜下出血で(オサラバか)と思ってしまいました。


(以上私だけの反応かもしれません、すみません。いずれにしても各人各様、個人差はあるでしょう。)



それから、念のため申し上げますと、世の中には、"鬼ころし"と云う名前の酒にもピンキリありまして(30年以上前に飲んだことがありますが)、勿論たいへん美味で甘露な"鬼ころし"も存在します(ただし、それはそれなりの値はするのです)。









nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る