So-net無料ブログ作成
グルメフード ブログトップ
- | 次の10件

貧乏人のぜいたく干物 [グルメフード]






blog524-1.jpg



blog524-2.jpg



今朝の日の出です。








blog524-3.jpg


これは昨日の海。



blog524-4.jpg


これは今日の海。


荒れた日が続いている―――写真ではピンと来ないかもしれませんが―――海です。

荒れを理由に怠けていた近所の漁師も、もう業を煮やし、波を乗り越えしながら舟を出す。

魚を獲るのが仕事ですから、いつまでも休んでいられんでしょう。


ところが、荒海ですが、出漁すればイワシがガンガン獲れています。

ウチはお客様がいないので、1キロだけ買いました。




blog524-5.jpg





blog524-6.jpg






今日のイワシは―――ちなみにウチの前で獲れるイワシは、4種類います――――この辺で『Toroy=トロイ』と呼ばれる、腹部がやや扁平で、身がシッカリして、骨が固めの種類です。
小さいですから、さばくのが面倒ですが、刺身に向きます。


ウロコを取り、洗い、塩水に漬け、干します。

干物研究家?の私としては、今日の風と天気は干物作りに最適です。




blog524-7.jpg



blog524-8.jpg




夕方5時、出来上がりです。

(旨そうにみえないっ・・・かな?)



浜で1キロ50ペソ(約百円)で買ったイワシに手間ひまかけて、旨い干物を作る。

セブの田舎の海辺、〔澄み切った空気の流れ=良い風〕が旨い干物を作ります。

干物は風の作品、風は干物の調理人です。

波高いのは仕方ない、諦めましょう。

この場所で作る干物は旨いのです。

“貧乏人の贅沢干物”です。



そんなことばかりしていないで、お客さんいないし、

『オマエ、マーケティングしろよ』

と天の声が聞えます。

「怠け者の漁師共」なんてさぁ、

『人のことばかり言ってないで。』

・・・・・


確かに・・・・

ぼちぼちダイビングシーズンが始まるし・・・・


・・・・・干物作ったり、工作しているばあいじゃないかな。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アンチョビつくります [グルメフード]




今日のT2ハウスリーフは、ここ最近では珍しく穏やかな海で、ダイビングも快適でした。
陸も“常夏の冬”らしく、暑くもなく寒くもなく、涼風が吹いていました。



さて先日、初物のイワシ漁獲の記事をアップしたところ、あるご常連のお客様から『アンチョビ作れば?』とメールをいただきました。

もうイワシのレシピが手詰まりになっていましたので、「これだ!」と飛びつきました。

その後、2.3日イワシが獲れなかったのですが、先日獲れましたので早速トライです。






blog501-1.jpg








blog501-2.jpg

ビーチに行って舟から購入。
イワシは前回の『トロイ』ではなく、『マランシ』でした。
マランシは日本のマイワシのような魚体と骨の柔らかさ、身の柔らかさを持っていますので、アンチョビ用には向くと思います。
たぶんアンチョビ用は、カタクチイワシがメインでしょうから。

作り方は様々でしょうが、ウロコ、頭、尾を取り、開いて魚の重さの30%の荒塩に漬けました。








blog501-3.jpg

中骨も取りたかったのですが、新鮮すぎて骨離れが悪く、姿が悪くなるので諦めました。
漬けてから、取れたら取ります。
熱帯ですので、念のため冷蔵庫保存です。
半日後にはこんなに水が出ます。








blog501-4.jpg




それでも、まだあと1ヶ月漬けます。
発酵が進み、この水分はナンプラーのようなものになります。

その後3%程度の塩水で洗い、エキストラバージンのオリーブオイルに漬け込めば出来上がりの予定です。

乞うご期待の、いわゆる“スローフード”です。






nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
- | 次の10件 グルメフード ブログトップ
メッセージを送る