So-net無料ブログ作成
検索選択

節分の豆は・・・ [日本]

きょう節分です。




奥様の家=津軽では、何と殻付き落花生(ピーナッツ)を蒔いていたそうな。

炒った大豆が当たり前だと思っていたのに、驚きです。


まぁ、豆の種類はともかく、今年は福が来て、良い事が沢山あるといいです。

もちろん皆様にも・・・・







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

≪国力≫って [日本]

国力=GDP×軍事力×人口





だそうです、つい最近、何かで読みました。

足す(+)でなく、(×)であることが納得です。



さて我が国・日本です。

他国との比較においてですが(以下独断です)・・・・



・GDP=頭打ちから伸び悩み

・軍事力=上に同じ

・人口=低下中、人類史上かつて例を見ない高齢化国家で、私を含め年寄りだらけで子供や若い世代が少ない




個人的には、上の三つにさらに、日本民族の優秀な〈国民性〉も考慮していただきたいのですが、どうなんでしょうね。

ま、国際的には、当然のことながら、それぞれの国の民が『自分たちは優秀だ』という自信を持っているわけで、そうは問屋が卸さないって事でしょう。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20年ぶりの正月 [日本]

開けまして、おめでとうございます。


20年ぶりの正月です。

特に典雅な出来事などないし、豪奢な食事もありません。

ただ、諸事雑用の中にあっても、日本での暮れから正月への時を過ごした、それだけで十分でした。

やはりイイもんですなぁ~。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ファンヒーター最安値 [日本]





いろいろ工夫してはいますが、やはり、気が付いてみると、暖房なしでは冬を越せない日本でした。


C社のファンヒーター買いました。



始めはD社の品が欲しかったのですが、燃焼システムの違いで運転時の電気代が、かなり違うことがわかってC社が逆転勝ち(臭いとかはD社のほうが少ないかも)。

1週間かけて性能・価格を調べまくりました。

結局ネット通販の、期日限定の最安値をチョイスしました。



9-12畳の小型で、9,450円。

家電の安売り店でポイント使って買うより、さらに安かったです。

(もちろん2016年製造品で、あのBカメラからの品ということです)




しかし、困ったことに灯油がないと、ファンヒーターがあっても寒いのです。



そのうちには、灯油容器と手揉みポンプと灯油が買えるでしょう。




こういうときは、冷房も暖房も無しで暮らせたフィリピン田舎が、少し恋しいです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高齢者の交通事故 [日本]

高齢者の交通事故




町で道路で、向こうから来る車の運転者を見ると・・・

ハンドルにぶら下がるように・・・正面から見ると顔半分はワッパの下、かろうじて目はハンドルの上に出ているとか、

右左折する時でも、マネキンのように前しか見ていないとか、

交通の流れに乗れないとか、

車線からずれるとか、

信号を見ていないとか、

・・・・書き出せばキリがないのです。


(もちろん、実際は、普通に運転できる高齢者のほうが圧倒的に多いのでしょうが、目に付くことは確かです。)



少し前にも少し書きました( http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2016-11-28 )が、お年寄りの運転者が起こす交通事故が、増えているようですね。

テレビなどのメディアが、ことさらに報道するせいかもしれませんが、全ドライバーに占める高齢者の割合そのものが急激に増えているので、当然の帰結です。



自分のことを棚に上げて言えば、「世の中は高齢者だらけ」です。

当地のような千葉の田舎では、ドライバーも半分は<高齢者>と見受けられます。

そしてその運転は、冒頭のごとく、確かに危なげなことが多いのも事実だと思います。



メーカーはぶつからない車の開発を急いでいるようです。

しかしです。

考えてみれば、お年寄りたちは我々の先輩であり、あるいは親であり、伯父叔母であり、祖父祖母でもあります。

ことさら問題視したり、まして邪魔者扱いするなど無礼千万、とんでもないことです。

若い人達もやがては、<高齢者>となります。



まずは原点に帰り、他者に思いやりのある運転をすることが肝心でしょう。

法規的には市街地、生活道路や狭い道では、思い切り制限スピードを下げるとかした方が良いのではないでしょうか。



などと素人なりに思いますが。。。。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小枝に下がった定期入れ [日本]

きょう朝、いつもの川辺の田舎道をジョギングしていた時。




日の出前の淡い日の光の元、深紅に色づいた楓(かえで)の枝先に、<定期入れ>がぶら下がっていました。


わずかな重みでしょうが、細い楓の枝はその為に湾曲していました。




おそらく、早朝の散歩かジョギングの人が、落ちている定期入れを見つけて、近くの木の枝に下げたのでしょう。


日本には、<交番>という世界に自慢できるシステムがありますが、この程度の落し物は、お巡りさんの手を煩わせるには及びません。



落し物を見つけたその場に掲げる・・・これはこれで立派な<システム>だと思います。


人と人との、優しさや思いやり、信頼関係の上にだけ成り立つシステムですが。




そのあと、あたりが明るさを増したように感じ、ヨレヨレの私の足運びは、少しだけ軽やかになりました・・・・気のせいでしょうが。








nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

家じゅう風邪っぴき [日本]

常夏のフィリピンでも風邪はありますが、どうやら細菌と言うかウイルスというか、それぞれ異なるようで、日本の風邪に免疫がないのでしょうね。




現在この秋の寒さで、家族全員カゼです。

始まりは次男、次が私。
20年ぶり以上の日本の風邪です。

次男はさすが回復力が強く、4.5日で風邪が退散いたしましたが、私(じい様)の方はダラダラと10日以上いまだに直らず、奥さまに移ってもまだ直らず、そのうち長男もおかしくなりました。




『洗礼』ってやつですな。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

暖房代!! [日本]

1年中、暖房の必要のない南洋に長いこと暮らしたせいで、改めて"暖房”について学ぶ?事が必要です。



お金をかけて暖を取る必要が、20年間無かったからです。

現在住まいする千葉県でさえ、ひと冬かなりの金額が掛かりそうで、ウチのような貧乏世帯には頭痛のタネです。
(寒い地方の皆さんは、さぞ大変でしょう。)



まだ11月が始まったばかりですが、熱帯仕様の我が身体はもうすでに悲鳴を上げていて、困ったものです。

そこで如何にすれば、暖房費を安くあげる事ができるか、いろいろ調べて毎日策を練っている次第です。

エアコン暖房は使い方によっては効率がイイとか、窓に断熱材とか、オイルヒーターや電気ストーブは電気代が高いとか、石油ストーブより石油ファンヒーターが熱効率が良いが電気代が別途かかるとか、その他諸々、勉強です。



するとだんだんアタマが痛くなってきて、既にもう、春が待ち遠しい!









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

テレビがつまらなくなっていた [日本]

20年ぶりに日本に戻る楽しみのひとつだった、<日本のテレビが見れる!>。

期待したんだけど、昔よりつまらなくなったと感じる。

それは自分が年とって古くなったせいもあるのでしょうが、バラエティー、ドラマ、ニュース報道、お笑い、朝飯時や昼飯時のMCの居る長時間の帯番組?、そのほか、5分も見ればスイッチをオフすること頻繁です。

煩くなった放送コードや自主規制などもあるでしょうし、不景気で世の中がギスギスしていることも影響しているのでしょう。              

理由は様々あるのでしょうが、今後もTV離れは着々と進むのではないでしょうか。

個人的には、例えばニュースはネットのニュースを見た方が面白いです。

私らの世代は、大宅壮一氏が『1億総白痴化』と宣ったテレビの黎明期から最盛期までを、生きてきたように思います。

諸行無常、これも時代の流れのひとつなのかも知れませんが、若い人達は昔のテレビを知らないわけですから、「つまらなくなった」なんて団塊世代のミソッカスの私が思っても、詮無いことではあります。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『お父さん』はなかった [日本]

最近読んだ本によれば、昔は『お父さん、お母さん(おとうさん、おかあさん)』という言葉は無かったらしい。

その言葉は、明治33年に国定教科書を作成する際、全国統一の呼び名として定められたということらしいのです。

だから、時代劇などで『おとうさん』だの『おかあさん』だの使うのは、誤りだそうです。

ま、考えてみれば、すでに昭和の時代ですが私の家でも、「おとうちゃん」「おかあちゃん」でした。

それまでは、「おとっつぁん」「おっかさん」が多かったようですが、地方により時代により、呼び方は様々だったとのことです。




今は『パパ』『ママ』が主流ですか。

私の頃は、そんな風に両親を呼ぶ家は、少なくとも知り合いにはいませんでしたが。

『パパ』『ママ』もいつ頃からなんでしょうね。


それから、「おやじ」はいいとして、「おふくろ」の<ふくろ>というのは、どこから来たんでしょうか?

イメージとして、母親というのは、いかにも<ふくろ・袋>という気がします。

言い得て妙ということでしょうな。







メッセージを送る