So-net無料ブログ作成

歴史は繰り返す? [世界]

当時は・・・・

金も無いのに、外国で暮らしたり、アチコチ海外を旅しようと思ったら、片道の旅費分のカネを作る。

それに旅券と少しの小遣いを稼ぎ、安い船便で飛び出す。

行く先々で皿洗いやウェイター、肉体労働とかのアルバイトをしてバックパック(←当時は『ヒッピー』と呼ばれることも多かった)、移動はヒッチ(ハイク)。

寝ぐらは、ユース(ホステル)か安宿か野宿。

カネが尽きたら、その地でまた次の旅費が貯まるまでバイト。

そんな暮らしを何年も続ける。

日本人の猛者も世界中に沢山居た。

当時の若者の、こんなスタイルが成り立ったのには理由がある。

その理由のひとつは、1ドルが360円だった為か海外のほうが給料が良かったから。
(物価は違うが、ざっくり言って10万円で277ドル。日本の当時の初任給は4万円前後だったか・・・)

むろん稼ぎは欧米限定だが、感覚的には日本の2.5倍くらい。


年期の入ったヒッピー連中は、欧米先進国で稼ぎ、物価が安い北アフリカ、中近東、南米を旅した。



・・・・あれから半世紀が過ぎた。

途中で日本のバブルもあり、海外で使う金は、日本で稼いでからのほうが分が良くなった。

そのバブルも弾けて20年。

以前は『後進国』だった国でも、幾つかの国には日本は追い越された。


歴史は繰り返すのか、今や海外のほうが日本より稼げる。

しかし、それは限られた日本人だけ。

多くの日本人には、海外で稼ぐ選択肢はない。

日本を沈没させないよう、日本に足踏ん張って、必死でガンバルしかないようだ。







nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る