So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ

捨て猫は有害外来種・・・① [日本]

ジョギングで走る田園の道すがら、あちこちでネコを見ます。


そしてエサをあげる中高年の男女多数。

2時間走れば、10か所くらいは見かけます。

ポンプ小屋周囲や、置き去りのコンクリート製土木物資に住み着くネコ。

遊歩道の脇には、藪の中に手作りされた違法な猫ハウス?も、幾つかあります。

悪臭で分かります。

風向きが悪いと、モロに嗅がされます。

はじめは、いまどき"肥溜め"は無いだろうし、農家が堆肥でも作っているのかと思いましたが、
ネコの糞尿の臭いでした。

食の充実した猫たちは、一様に太り、おなかをこするくらいです。

食べ残されたエサも悪臭のもと。

のどかな田園地帯が不衛生の現場になっている。




飼い猫が捨てられて、ノラになる。

ネコを捨てる人も悪いが、無責任にノラ猫に餌をやるのも、どうかと思う。


何が一番業腹かと云えば、猫缶とか高価な食物を、ウチの子供たちよりたらふく食べていることであります。


(そのうち本題として、続きを書かせていただきます)








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

豆腐屋さん [終活]

早起きの代名詞は、昔は豆腐屋さん、新聞配達・・・など


『3時に起きなきゃならない』なんて。



年齢と共に早起きに磨きがかかり、わたし昨日は二時半起きです(睡眠3時間)。

通常でも、4時にはバッチリ覚めて眠れない、と前にも書きました。

べつに家事雑用・内職、ネットなど、やることは色々あるので2時半からでも構いません。


ちょっと心配なのは、この先どうなっていくんだろうか・・・・という事。


重篤な睡眠障害や精神疾患、体力の衰退などどうなんだろうか・・・。

でもこれは私だけでなく、多くの高齢者が抱える問題。

これで人並みになったと云うこともできる。



だけど、こんな事なら豆腐屋さんになっておけばよかった。

今ならなれそう。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

羽生の異次元の滑りに・・・ [出来事]

怪我からの復帰第一戦とは思えない、羽生のショートの滑りでした。


羽生の神がかりなスケートに・・・


次に滑ったアメリカの選手と、その次のロシアの選手は、明らかに動揺が演技に出てミスを続けた。

見せつけられて(見ていなかったとしても気配で分かったハズ)、自信を失っていた。


その次の宇野昌磨は、羽生の完ぺきな演技を自分にプラスに捉えて、むしろ力を発揮した。



羽生結弦、確かに偉大な選手のようです。

自信と過信の、紙一重の境界線をわきまえているようです。




しかし、勝負は下駄を履くまで分からない。



が、とにもかくにも、感動を与えてくれる、応援したくなる、稀有なアスリートであることは間違いない。








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ネコの戦略 [日本]

『〇〇(私の名前)が尾っぽを持って振り回して投げたから、ウチのネコは家出しちゃった』


子供の頃、よく母に言われました。

私自身は、4.5歳のことで記憶にないのです。

その時分の私の不適切な行動については、他に幾つかエピソードを聞かされていて、事あるごとに母は私に戒めの為、それらを語りました。


そんなこんなで、物心ついてからの私は乱暴狼藉とは縁のない、立派な大人になりました。

そんな母ですが、愛猫家という訳でなく、むしろ猫アレルギー(=嫌い)で、ネコを飼っている家は玄関に入っただけで分かるほどでした。



あれから時が過ぎて・・・・

ノラ猫はいますが、野良犬はほとんど見かけない世の中になりました。

『イヌコロシ』の活躍のせいだけでなく、野良犬は時に噛みつきますが、ノラ猫は噛みつかず、敵対する人間からは逃げるからでしょう。

あちこちで、捨て猫は生き延び増殖しています。

人に逆らわず、ミャ~とか鳴いて、人に餌をねだり媚びて生き残る。

捨て犬はワンワン吠えて、時に噛みつき駆逐された。

ノラ猫は、犬という天敵を始末して優雅に暮らす。


生き残るための猫の戦略?


(なんか人間世界にもこういうの居るかも)








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

〆に納豆3パック [貧楽]

昨日、夕食を食べ終わった後、シメに納豆3パックを『納豆ご飯』で食べた。

(〇務用スーパーで買った、3パックで39円の納豆)

勿論私ではありません、毎日遊びに忙しい小2の次男です。

徒党を組んで、暗くなるまで薄着で遊びまわる。

だから食っても食っても太らない。

6パックス、彼の腹筋が割れているのは、ガリガリで脂肪がないから。

"骨皮筋小僧"




いっぽう長男は、毎日背が伸びる?ようで、これまた大食い盛り。




こうして我が家の乏しい収入は、ほとんど食費に消えていく。


私はもう食が細い年寄りだから、子供達がバカスカ食べるのを見るのは楽しい。



しかし、おかげで私は、安くて栄養のある食材を探して、週に3回は"激安店"巡り。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

高級車を踏み潰す [フィリピン]

「スクラップにしろ」、比大統領が密輸高級車の破壊を命令


https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3161392.html

(*上の文面はこの記事の末尾にもあります)



ドテルテ大統領、印象ではとにかく強硬で独断的です。

特異な言動が多いですが、一番有名なのは麻薬撲滅のために、売人や使用者を問答無用で射殺させた事でしょうね。

その数5千人とも6千人とも云われています。

殺されるよりはと、自首する犯罪者も多く刑務所は飽和状態を通り越し、イワシの缶詰め状態で劣悪環境になっているとの報道もあります。

もっとも最近のニュースでは、それでも麻薬撲滅への道のりが遠く、自らの政策ミスを認めているとか・・・またすぐ心変わりするでしょうけど。

個人的には、フィリピンのような国には、ドテルテさんのような指導者の存在は悪くはないと思います。

現に彼が前職で治めたダバオ市は、フィリピンでは最も治安が良いと言われる大都市です。


*URLの記事内容


【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は6日、同国関税局における汚職対策の一環で、密輸されたとされるスポーツカーなど高級車数十台をブルドーザーで破壊する現場に自ら立ち会った。 


 ジャガーやレクサス、コルベット・スティングレイを含む、ドイツ製の最高級セダンや日本製のスポーツ用多目的車などが、首都マニラの関税局構内で破壊された。当局によると、車は密輸されて押収されたものだという。


 汚職と違法薬物との闘いを6年の任期の中心課題に据えるドゥテルテ大統領の指示により、金額にして6160万ペソ(約1億3000万円)相当に上る計30台の自動車がマニラなど3つの都市で破壊されたという。

 視察後、関税局職員らに対して行った演説で大統領は、「スクラップにするように」と述べた。


 通常、押収された密輸品の自動車は競売にかけられ、収益は政府の歳入となるが、大統領は「私が払う、問題ない」と話している。【翻訳編集】AFPBB News





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

灯油81円 [貧楽]

昨日ストーブの灯油を買いに行きました。

1リットル=81円、去年より10円以上高い。

しびれるぜ~。

設定温度13度でも、18リッターで9日しか持たない。



まぁ、待て。

どうせ氷点下は朝だけ。

最近日なたは暖かくなってきた。

暖房は最低限にしよう。

厚着や乾布摩擦で対応して、寒さを楽しみ、免疫力を高めながら残りの冬を乗り切ろう。

これくらいの寒さ、どうってことは無い。


花(=桜)まであと60日。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

凍死者が多い [出来事]

メディアによれば、凍死者は意外に多く、増えているようです。


凍死者数【総数順】 [ 2016年第一位 東京都 ]


http://todo-ran.com/ts/kijis/21204


最近は全国で年間1,000人以上とか・・・・

人数で東京がトップなのは、人口が多いせいでしょうが、寒冷地方ではないので変ですね。

でも東京に住民票がある人が、例えば雪山で遭難死とかした場合、統計上、東京の人が亡くなったことになるからでしょうかね。

なら分かりますが、東京で凍死しているとすれば問題です。





しかしこの数字は、夏場の熱中症による死者を上回ります。



高齢者は暑さ寒さに鈍感だし、特に寒いとき、筋肉量も少なくガタもきているので、体内で熱を作るのが困難です。

体温を自らで上げることが難しい。

独居の年配者は気を付けるべきでしょう。


私なんかも、朝は4時過ぎには自然に起きて、すぐ雑用と内職に取り掛かりますが、不思議と寒さは感じないから恐いです。


実際には、夜明け前で一番寒い時間帯なのに・・・・




身体のセンサーが、オカシクなっているからでしょうね。

ひと言でいえば鈍感。


ですので、カン(自覚)はあてになりません。

私の場合は、各所に温度計を下げてチェックしています。


親に貰ったこの身体、まだ動けますし扶養家族もいるので、死ぬわけにはいきません。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

シウンコウ=スゴイかも [医療]

"紫雲膏"(しうんこう)という軟膏薬をご存じでしょうか?



私は知らなかった。

1年半ほど前、フトしたきっかけで貰って、以後も定期的に戴けます。


しかし、その独特の臭いと色が気になり、また特に必要も感じず、そのままほおって置きました。

貯まってしまいました。



去年の冬、持病?の下肢のカサカサに面白半分に塗ったところ、痒みとサカサは無くなりました。


以後、愛用です。

何しろ医者に行けない経済状況、医者に行かない性格ですから。

(ちなみに、私の左足は下肢静脈瘤の末期?で色は紫色、掻くと血が滲むし、更に掻くと何か所も出血します。)



これはひょっとして・・・・と奥さんの実家:津軽の里に送ってみました。

70代後半の義母が試しに顔に塗ると、シミや小さなイボ?が無くなって驚いているとの事です。

ホント??なのか・・・



調べてみると、紫雲膏は、漢方薬でありながらレシピは江戸時代の日本人という珍しい薬です。

昔から火傷には実績があり、そのほか皮膚全般のトラブルに効くとの事。


まぁ、症状にもより個人差もあるでしょうが、安い軟膏だし、天然素材原料の漢方だから副作用は少ないので、ダメもとで試す価値はありそうです。

難点は独特の臭い(慣れれば気にならないが)と、よく擦り込まないと赤い色が着衣に移ることです。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

元暴走族が一番 [出来事]

2日前(2/2)朝、近所のアパートに小型トラックが突っ込みました。

アパートのブロック塀と、家屋の壁をぶち破りました。



私は、近頃『プロ・ドライバー』の起こす事故が増えているように思えるのです。


以前は、トラックやバス・タクシーの運転手、いわゆる『運転のプロ』と呼ばれる人たちは、普通のドライバーより優れた運転スキルを持っていました。

ところが最近、これらの車のドライバーのヘタクソ運転をよく目にいたします。

普通のオバさんやオジさん、オバーさんやオジーさんが、営業車両を運転しているからのように思います。

パートやアルバイト仕事で、トラックや営業車両を転がす人が増えているのでしょう。


ご用心、ご用心。

恐いのは高齢者の運転する乗用車だけではないのです。





まったく余談ですが、私が今まで"運転が上手い!"と思ったのは・・・・


40年近く前・・・か

会社の課の慰安旅行

10数人でマイクロバスをレンタルして行った

その時の運転手役の後輩

慣れない小型バスの運転なのに、"走る・止まる・曲がる"が大変スムースで、全く不安を感じさせなかった


彼は、もと半人前の暴走族(単なるクルマ好き)で、"現役"の頃の彼の愛車は、シャコタンのスカG、毛足の長い赤い絨毯内装、車内灯でシャンデリアがぶら下がっていた

一度乗せてもらったが、シャンデリアがチャラチャラとうるさく、花屋敷のジェットコースターのような乗り心地だった





しかし、『餅は餅屋』と云うべきか、運転技術はプロ並み

『暴走』とは程遠く、安心感があり快適


社内旅行の運転手をやった頃の彼の愛車は、クレスタ・スーパールーセントターボのノーマル

ローンがきつくてガソリン代が無いと嘆き、カップ麺ばかり食べていた


その後は顔を見る事もないけど、「ロングビーチ」←彼のあだ名、「もう孫でもできたか?」







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ
メッセージを送る