So-net無料ブログ作成

稀勢休場=良かった [出来事]

横綱・稀勢の里が休場となりました。



聞いた瞬間、「良かった」そして「ホッとした」のは、私だけではないと思います。

先場所も今場所も、とにかく痛々しくて見ていられなかった。

どう見ても、身体がまともに動いていないのに、責任感からか土俵に上がる。

悲壮感さえありました。


『もう休場してくれぇ~!』とファンをヤキモキさせる・・・・珍しい現象です。



さて、横綱という地位を考えれば、次の場所が勝負です。

無様であれば、引退しかありません。


夏巡業は行かなくてもいい。


もし、これからの2か月で心技体を充実させられなければ、秋場所は最初から出ないで欲しい。


秋場所に間に合わなければ、九州場所からでも初場所からでも、いつでも良い。

勝てなければもう引退しかあり得ない、背水の陣なのだから。 



個人的に希望するのは、稀勢の里には北の湖のような「ふてぶてしくて生真面目に強い横綱」を目指して欲しい。


相撲ファンの一人として、久々の日本人横綱が、惨めな結果で終わるのは見たくありません。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る