So-net無料ブログ作成
検索選択

世の中には悪い奴もいる [日本]

約20年ぶりに祖国日本に住むようになって、思い知ったことが幾つかありました。



その内のひとつが「悪い奴がいる」。

フィリピンに長く住んでいて、(ま、云ってみれば"幻想"なのでしょうが)「日本人は善い人ばかり」と思い込んでしまいました。

『そんな事オカシイ、あるはずがない』とお思いでしょうが、実際、海外に長居すると、やはり、自分の国=日本を美化してしまうキライがあるのかも知れません。

フィリピンのワルの本能的&感情的・短絡的犯罪に較べ、日本のワルは、なまじ知恵や知識があるだけに始末に負えず、やることが悪どいです。

日本のワルは、人品骨柄や行動では判断しにくいですが、比国のワルは顔や普段の行動でたいてい分かるのです。


一方で、伝統的な日本人の道徳感や人の好さが、近頃薄れてきているようでもあります。


"性善主義"を前提にした習慣や慣例は、今後は今以上に見直さなきゃ。



現在すでに、多くの犯罪が防犯カメラによって解決されています。

今後さらに、防犯カメラの設置を奨励してもらいたい。

個人の住宅に個別に備える事には、経済的に無理があります。

大都市&盛り場や幹線道路のみならず、住宅街の角々の電柱に、自治体で設置して貰いたいものです。


近頃は、日本じゅう空き家も多いし、高齢者の単身世帯、片親世帯、留守がち世帯が増えて、(と言うか、人の数が少なくなって)閑散としている住宅地が多く、犯罪者には狙いどころです。


もとより日本の警察の犯罪検挙率は、世界でも1.2の水準ですから、カメラの多設で″鬼に金棒″?











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る