So-net無料ブログ作成
検索選択

『消滅自治体』 [日本人]

私の住んでいるところは、『消滅自治体』である。




つい最近知りました(″消滅自治体″という言葉そのものも、知らなかったし)。

『消滅自治体』は、日本全国では896自治体あるらしいです。

『消滅』だなんて、何とも物騒で刺激的な言葉です。



調べてみると・・・『2040年までに、20~39歳の若年女性の人口が2010年比で50%以上減少する・・・』というのが『消滅自治体』と認定されるらしいです。


しかし大都市への人口の集中は、今に始まったことではありません。
最近はその便利さから、お年寄りまで田舎から大都市に引っ越す傾向にあるそうです。



でもなんか釈然としませんな。

だいいち『2010年』と云うのがミソでしょうか。

つまり、2010年迄に既に人口が大幅に減ってしまった地域は、ゴーストタウンにでもならない限り、 『消滅自治体』と云うある種の脅し文句から逃れていると同時に、すでに見捨てられている??

俯瞰すれば、東京の23区などのごく一部の地域を除き、日本全体が 消滅自治体と云えなくもないでしょう。

子供の数は少なくなっているし、2040年という年は、団塊世代のほとんどが死に絶えていますから、全体の人口として激減しているのは云わば当たり前の事です。

そして、『2040年までに、20~39歳の若年女性・・・』というのは、現在でいえば現在〈マイナス3歳~16歳の女性〉となりますが、なぜ女性限定となるのかよく分かりません。



それよりも、その頃にはかの4千年の隣国は尖閣は無論、沖縄も事実上その手に収めているのかも。

また、かのカチューシャの国は、北海道を握っているかもしれません。

私としては、消滅自治体より、そっちの心配をしてほしい気がいたします。



″人口″は、″国力″の重要なファクターです。

日本は極東の島国で、国力の低下は致命傷。

福沢諭吉先生の掲げた″脱亜入欧″から、100年以上が過ぎ去りました。

それなりの成果は揚がりましたが、やはり地理的距離感と人種の相違は、如何ともしがたいようです。

ご存じでしょうが、日本の世界地図では日本は真ん中の位置ですが、ヨーロッパの世界地図には日本は右端、世界の果てに描かれています(それぞれ自国が中心、第一です)。


『消滅自治体』の心配もいいけど、私は『消滅国』のほうの心配もお願いしたいです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る