So-net無料ブログ作成

寿司のチラシは有り難い [出来事]

正月の需要を見込んでか、寿司屋さんのチラシが時々ポストに入る。




ご苦労様な事であります。

投入される方もお仕事でしょうが、ウチのような慎ましい(貧困)家庭では、イヤミと取れなくもないのであります。



注文することはあり得ないのですが、しかしこのチラシも役に立つ。

食事の時に、下にプレイスマット代わりに敷くのです。


そして具のない即席めんを食するときなど、なるべくチラシに目を遣り、イマジネーションと気を注ぐのであります。


すると摩訶不思議、その内に袋物ラーメンが、寿司のような味に変化いたします(かなり想像力と集中が必要なので、ひとりの時に限ります)。


至福の食事に、たいへん心が穏やかになるのです。



それに引きかえ、墓石やセレモニーホールのチラシは、何の役にも立ちません。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

心の大掃除を [終活]

南洋帰りには、また年寄りには、寒さが身に染みる季節となりました。



<問題:ゾンビの体温は?・・・・答え:室温>というトンチがありますが、年と共にエネルギーを作る能力が衰えますので、寒さがこたえます。


【死】とは心臓が止まった時を言うのでしょうが、それはエネルギー(熱量)を作れなくなって体温が室温となった時と云えなくもありません。


年末の大掃除も肝心ですが、同時に心の大掃除もいたしましょう。

私としても、この一年は激動の年で、良い事も悪い事も多かった。

それらを整理整頓して、残り少ないであろう新しい年を迎えたいものです。








nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

50年前のSEIKO [出来事]

50年前のセイコー・スポーツマチック5




《自動巻き》
《防水》
《ショックプルーフ》
《大型で立体的なデザインの文字盤》


当時としては、最先端の機能を持った腕時計でした。
ちょうど今から50年前に、亡き父が秋葉原で高校入学祝いに買ってくれた時計が、実家の荷物整理の際、私に帰ってきてくれました。

半世紀前、私の気にいった時計をためらわずに(ちょっと高かったのに)父が買ってくれ、私は内心ビックリいたしました。

体育の授業でも、濡れるときでも、私は時計を外す必要がなく自慢でした。
ちょっと自慢の時計を手にしてから20年近く、まるで身体の一部のように、かた時も離れず私の左腕にありました。


しかしその後、世の移り変わりと共に、数々の時計が私の手首に居座りまして、<スポーツマチック5>は、引き出しの中が定位置となり忘れかけていたのです。



その時計が今、私の左手首にあります。

不思議な事に、この時計を持ち帰ってから、他の時計が調子悪くなったからであります。



半世紀前の時計の出番、現役復帰です。


自動巻きですから、丸一日外すと遅れたりします。

50年前の時計なのに、嵌めてさえいれば遅れることはありません。


困るのは、時間を確認するたびに、父が死して尚、私を気遣って呉れているようで、有り難いと同時に、未だに父の足元にも及ばない己を、情けなく思うことであります。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

Bob Dylan の挨拶 [終活]

Bob Dylan の挨拶



http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040006_R11C16A2000000/?n_cid=MELMG001


(↑) ディランさん「創造的努力、シェークスピアのように」
ノーベル賞受賞スピーチ(日本語訳全文)





授賞式に欠席したボブ・ディランが、送った挨拶だそうです。

今の若い世代には、騒ぎまでディランが何者なのか知らなかった人が、多数ではないでしょうか。

<ノーベル文学賞>と云うとんでもない栄誉に輝いた理由の中には、選考委員に
年配者が多いことや、ディランの歌唱に含まれる<反戦>が、現在の世相に必要なのでは・・・と判断したこともあったでしょう。

上のディランからの文面では、その事に触れていません。

当時は反戦は世界的な風潮、外せないキーワードでしたし、想像ですが、ディランは受賞により利用されることを、快く思わなかったのではないでしょうか。

また年齢的にも、いまさら感が否めなかったのではないでしょうか。

彼は、彼の生きざまを完結したいのではないでしょうか。



ディランの生きざまとは、何なのか?


私が思うには、彼が高校を卒業したその日にギターを抱えて旅に出て、田舎町をあてもなく、そして長い間放浪したように。

当初は有名になろうという気は、少なかったのではないでしょうか。

しかし、やがて時流に乗り、賞賛されて、メジャーデビューし、地位を確立し世界的なシンガーソングライターとなりました。





つまり、17歳のディランが望んだもの、原点は、<吟遊詩人>だったと思います。

そして老いた今は、吟遊詩人としての人生を完結したい。

本音はノーベル賞は興味がない。


実際、現在の彼の活動スタイルを見れば、《老いた吟遊詩人》そのものではありませんか。




以上、あくまで私見なのですが、共感するところがあります。










nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

冬が来たよ・・・よたよたジョギング [運動]

相変わらず、週に何度か早朝、ジョギングしております。



年相応と言いますか、よたよたジョグで身体が温まりません。

昔のように自己記録を追及する欲は、もうありません。

心身を追い込みラップを計る必要もないので、時計は持ちません。


<スポーツ>と云うのも恥ずかしいし、<運動>と呼ぶことさえも、おこがましい。


敢えて言うなら、<年寄りの悪あがき>でしょうか。

まぁこれも、<ピンピンコロリ>とオサラバするための、終活の一環です。




だからなのか・・・・

耳が冷たい。

気温や風で寒い。




しかし、早朝の空気には心地良さも含まれます。

「心地良さ」というのは云いかえれば、「懐かしさ」でしょうか。

ひんやりとして、素直に肺に入ってくれない、温度差のある異質な?空気です。



日本の冬の朝だなぁ~

日本に居るんだなぁ~

足元には落ち葉が積もり、落葉樹の枝にはほとんど葉が無くなり、木立を朝日が通り抜けます。



冬が来た。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ファンヒーター最安値 [日本]





いろいろ工夫してはいますが、やはり、気が付いてみると、暖房なしでは冬を越せない日本でした。


C社のファンヒーター買いました。



始めはD社の品が欲しかったのですが、燃焼システムの違いで運転時の電気代が、かなり違うことがわかってC社が逆転勝ち(臭いとかはD社のほうが少ないかも)。

1週間かけて性能・価格を調べまくりました。

結局ネット通販の、期日限定の最安値をチョイスしました。



9-12畳の小型で、9,450円。

家電の安売り店でポイント使って買うより、さらに安かったです。

(もちろん2016年製造品で、あのBカメラからの品ということです)




しかし、困ったことに灯油がないと、ファンヒーターがあっても寒いのです。



そのうちには、灯油容器と手揉みポンプと灯油が買えるでしょう。




こういうときは、冷房も暖房も無しで暮らせたフィリピン田舎が、少し恋しいです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

金持ちにはわかるめぇ [終活]

今日はとても気分がイイ!





行きつけの激安スーパーで、一斤49円の食パンが3斤買えました。

そこは、この近辺でも食パン(もちろん低級品の食パンですが)を一番安く売っている、庶民の味方です。

(ほかにも例えば、通常価格でも、豆腐=やや小さめだが=35円、納豆45g3個パック=53円、もやし19円…もっと値の張る普通の?モノもあり、これらは低級品ですが我が家のレベルは、味より腹が膨れることが第一)



ちなみに食パンは普段でも76円。

それが賞味期限が近いという訳で、何と49円!!!

そいつを3斤もゲット。



私は幸せすぎて、自転車をこぐ足も軽くなりました。

帰って早速、奥様Mにも話して、喜びを分かち合いました。



羨ましいだろ~


この絶対的な幸福感、金持ちにはわかるめぇ~








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

高齢者の交通事故 [日本]

高齢者の交通事故




町で道路で、向こうから来る車の運転者を見ると・・・

ハンドルにぶら下がるように・・・正面から見ると顔半分はワッパの下、かろうじて目はハンドルの上に出ているとか、

右左折する時でも、マネキンのように前しか見ていないとか、

交通の流れに乗れないとか、

車線からずれるとか、

信号を見ていないとか、

・・・・書き出せばキリがないのです。


(もちろん、実際は、普通に運転できる高齢者のほうが圧倒的に多いのでしょうが、目に付くことは確かです。)



少し前にも少し書きました( http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2016-11-28 )が、お年寄りの運転者が起こす交通事故が、増えているようですね。

テレビなどのメディアが、ことさらに報道するせいかもしれませんが、全ドライバーに占める高齢者の割合そのものが急激に増えているので、当然の帰結です。



自分のことを棚に上げて言えば、「世の中は高齢者だらけ」です。

当地のような千葉の田舎では、ドライバーも半分は<高齢者>と見受けられます。

そしてその運転は、冒頭のごとく、確かに危なげなことが多いのも事実だと思います。



メーカーはぶつからない車の開発を急いでいるようです。

しかしです。

考えてみれば、お年寄りたちは我々の先輩であり、あるいは親であり、伯父叔母であり、祖父祖母でもあります。

ことさら問題視したり、まして邪魔者扱いするなど無礼千万、とんでもないことです。

若い人達もやがては、<高齢者>となります。



まずは原点に帰り、他者に思いやりのある運転をすることが肝心でしょう。

法規的には市街地、生活道路や狭い道では、思い切り制限スピードを下げるとかした方が良いのではないでしょうか。



などと素人なりに思いますが。。。。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

〇ころしにマイッタ [酒]

〇〇〇ホーテで、"〇ころし"と云う名の600円以下(2リットル入り)の日本酒を買いました。




特売品です。

ちなみに"〇ころし"の"〇"は、桃太郎の敵役の"鬼"です。



悲しいことに、貧乏人の性(さが)で、安さにつられて買ってしまいました。

この酒がスゴイです。

私も、安酒には人並み以上に慣れているのですが、この酒は2リットル300円の料理酒と、違った意味でドッコイドッコイです。



どう凄いかと言いますと・・・・

第一に臭いです。

それから飲むと頭、後頭部のあたりが痛くなります。

少ししか飲まなくても、何故かフラフラしてしまいます。

アルコール分は、<13度以上14度未満>と書いてあるのですが・・・



昨日など、寝るとき、鳴れない後頭部の痛さに、これはくも膜下出血で(オサラバか)と思ってしまいました。


(以上私だけの反応かもしれません、すみません。いずれにしても各人各様、個人差はあるでしょう。)



それから、念のため申し上げますと、世の中には、"鬼ころし"と云う名前の酒にもピンキリありまして(30年以上前に飲んだことがありますが)、勿論たいへん美味で甘露な"鬼ころし"も存在します(ただし、それはそれなりの値はするのです)。









nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

小枝に下がった定期入れ [日本]

きょう朝、いつもの川辺の田舎道をジョギングしていた時。




日の出前の淡い日の光の元、深紅に色づいた楓(かえで)の枝先に、<定期入れ>がぶら下がっていました。


わずかな重みでしょうが、細い楓の枝はその為に湾曲していました。




おそらく、早朝の散歩かジョギングの人が、落ちている定期入れを見つけて、近くの木の枝に下げたのでしょう。


日本には、<交番>という世界に自慢できるシステムがありますが、この程度の落し物は、お巡りさんの手を煩わせるには及びません。



落し物を見つけたその場に掲げる・・・これはこれで立派な<システム>だと思います。


人と人との、優しさや思いやり、信頼関係の上にだけ成り立つシステムですが。




そのあと、あたりが明るさを増したように感じ、ヨレヨレの私の足運びは、少しだけ軽やかになりました・・・・気のせいでしょうが。








nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る