So-net無料ブログ作成

タケノコ [自然]

SCF1674.jpg






次男6歳が、友達と一緒に、近所の空き地でタケノコを掘って帰って来た。

まったく、ここは田舎だ。

採りたてのタケノコを〝たけのこご飯”にして食べた。

小さなタケノコ3つ、米のとぎ汁でアク抜きしたが、アク抜きが要らないような鮮度で繊細な味で旨かった。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ママチャリびっくり [日本]

帰国してもう3か月も経つのに、まだズレが修正できていない。

プリウスなどのハイブリッドカーが、後ろから音もなく忍び寄ってきて、肝を冷やされることはだいたい慣れた。

セブ島の癖で道の真ん中を歩いていたので、これは当初、結構頻繁にあったが、だんだん端っこを歩くようになったので、最近『プリウスびっくり』は少ない。



ここのところ数度続いたのが、『ママチャリびっくり』だ。

貧困家庭?のウチには車は無い。

どこでも自転車で行く(雨の日が困る)。

もうジジイだから、さすがに上り坂はちと息が上がる。

すると後ろから、ママチャリに乗ったオバサンが来て、スイスイと私を追い抜いていく。

(なんてパワフルなオバサマかと)感心する。


そういうことが数度続いた後、明らかに私より年上の白髪90%以上のオバ(ァ)様に坂道で抜かれてしまった。

そこでようやく、ハタと気が付いた。

確認すべく、その白髪頭(大変失礼!)を追い越した。

やっぱ、そうだった。


電動アシスト自転車!


(今頃やっと気が付いた私)

(こんなのセブ島では見たこと無い)

バッテリーがフレームの間に収まっている。

定価10万円以上する〝自転車”だ。



歩道を走れるし、免許はいらないし、強制保険もない。

おまけにガソリンも食わない。

今の日本は、そんな自転車が思ってる以上に普及している。

(だから原付スクーターが売れない?)

(なんて国だ)

しかし私は電動アシストには乗らない。

まだ当分は自分の足で漕げるから。



(と言うのは嘘で、「そんな高い自転車が買えるか!」というのが本音)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

自転車で海へ [自然]

きのう、自転車で海まで行ってきました。


穏やかな日和の海浜公園は、ジョギングや散歩、サイクリングなどを楽しむ人々を多く見かけました。

芝の広場には家族連れ、海上にはウインドサーフィンやヨットのセールが・・・



同じ日同じ時に、熊本では大自然相手に命のやり取りをしている人々がいて、ここではのどかに時を過ごす人々がいる。

これが人の世というものでしょうね。

明日は我が身のことになる、かも知れないのだから。



あまり関係ないかもしれませんが・・・

ダイビング中、イワシや小鯖の群れに、大きな魚がアタックして、捕食している光景に出くわすことがあります。

小魚は群れたまま逃げまどい、群れが散ることはありません。

また、魚の場合は、失った仲間を嘆くこともなさそうです。

もっとも魚の表情は、つかみにくいのですが。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

たいしたモノじゃないけれど [終活]


長い海外生活を切り上げて、帰国した理由は数あれど・・・・

その中に、東京の実家の整理と、自分の気持ち?の整理があった。

住む人のいなくなった実家は、対照的にモノが溢れていた。



今の日本人にとって、モノ・家財=単なる消耗品、あまり価値がない様だ。

もし、フィリピンにあれば、飛ぶように売れる『お宝』がボンボン捨てられる。

しかもタダじゃなく、お金を出して捨てさせていただく。

日本は恐ろしい?世の中になっていた。



もとより、わが実家も裕福でも何でもないので、高価なモノはない。

しかし、フィリピン人的感覚、否、昔の日本人的、『もったいない』感覚に満ち溢れた(日本の時間は、20年前で止まっている)奥様Mと私は、かなりのモノを実家から持ち出した。

持ち出すのも、トラックを借りるので経費は掛かった。

たぶん普通の日本人なら、ぜんぶ産廃トラックに積み込み、捨ててしまうようなモノたちだ。

あの何でも鑑定団でも、ネットオークションでさえも、ほとんど値段がつかない(と言うよりタダでも要らないと言われてしまう)モノたちだった。






人が亡くなったとき、〝形見分け”と称して、近親者で故人の持ち物を分けることがある。

そういったモノは、一般的な価値がゼロ(orマイナス?)であっても、特定の人にとってはかけがえの無いモノである・・・場合もある。


実家にひっそりと置き去りにされたモノたちも、私にとってはとても大切なモノのような気がしてしまった。




例えば、母が父に嫁いだときの嫁入り道具、3つ重ねの桐たんす。

ゴミゴミした東京の狭い家で60年も実用に供したので、すでに相当傷んでいる。

一番傷みの少ない中段を引き取った。


それから例えば、父が何十年も使った座卓。

たぶん安価なものだと思う。

しかし父は、この座卓で新聞を読み、帳簿を付け、食事をし、酒を飲んだ。

おそらく何十年も。

この座卓も引き取った。


そして、両方とも繕い、紙やすりで磨いた。

桐のタンスにはタブーだけど、ほとんど化粧をしなかった母親のために、お白粉代わりの乳白色のニスを塗った。



座卓は塗装を落として、ウッドステンを薄く重ね塗りして、木目を引き立たせ、乾いた布で擦って艶を出した。

清貧の人生を貫いた父に、相応しいように思った。


奥様Mにもずいぶん手伝ってもらったが、中々捗らず、上の二品だけで2週間も費やした。

やっと出来上がった、取り敢えず。



桐たんすはテレビを載せる台に使い、座卓は和室に置く。

私も年なので、あとどれだけ使えるか分からないが、なるべく長く使い込みたい。

そのことを父も母も、悲しみはしないと思う。


途中で少し根負けしてしまった母の桐たんすは、もう一皮剥けば、もっと綺麗になると思うので、私の体が動けば、数年後に再チャレンジすることを付記する。



(今回の画像はあるのですが、PCが不調のため次の機会に)









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コイが恋する浅瀬 [日本]

blog1418-1.jpg




blog1418-2.jpg




blog1418-3.jpg




blog1418-4.jpg




blog1418-5.jpg





画像は、桜の前(約10日前)に撮ったものです。





上から見ると、60センチ前後の立派な野ゴイが群れている。

深さ2.30センチの浅瀬は、雌雄の鯉が恋する“デートスポット”なのだ。

魚にとって、こんな浅場は危険を伴うのだが、卵を産みつける藻がよく育っているので、この際、危険は顧みないのでしょう。

そしてカップルが成立すれば、子作り=産卵となるらしい。

まだ水温はそれほど上がっていないはずですので、これから、もっと沢山の鯉が集まって盛大に盛り上がるのかも知れません。


青春?!だなぁ~

私のようなジジイには、遠い昔のまぼろしです。










罰ゲーム?? [出来事]







きょうは朝からスッキリ晴れた千葉市の田舎ですが、昨日は未明から雨がず~っと降り続きました。


そんな嫌な日の昨日でしたが、次男Yの入学式の日でもありました。

ところが、普段は元気だけが取り得の次男Yが、前々日から発熱&頭痛。

奥様M同様、風邪を引いたようです。

ウチから小学校までは、大人が歩いても12.3分。

6歳の次男では15分以上、しかも歩く細い歩道のすぐ脇を通る車列からは、はね水がイラつかせます。

タクシーで行こうかと思って電話しても雨&短距離で断られ、親子3人、歩いて雨に濡れながら小学校へ。

3人とも一張羅がビショビショ、しかも寒い。




思えば・・・・

私にとっては、『小学校』も『入学式』も遥か記憶の彼方です。

何で今更、この歳で。

(言ってはいけないが)面倒くさい入学手続きの数々やら、複雑で緻密な学用品の調達、PTA役員、通学路の旗持ち、祭りや運動会の役持ち分担・・・・・


ひょっとして、これは人生の罰ゲーム?

神様が、このまま私を死なせては為に成らぬと、“人生の帳尻あわせ”をしているのかしらん。

たぶんそうでしょう。

だとすれば、甘んじてお受けいたします。


・・・と言うかモノは考えよう、この年でこんな経験を積ませてもらえることに感謝・・・ウ~ン、私の性格からすれば、かなり無理があるかな。


ま、そのうち慣れるでしょう。



今朝は、長男次男、共に元気に学校へ行きました。


これは感謝して、善しと致しましょう。










nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新車を買った [移住]


ウチのようなイナカでは、“クルマ”は必需品です。

ですので、ひと月ほど前ですが”新車”を買いました。

26インチ、内装3段、17,600円でした。

自転車ですが、ナニカ??



はじめはリサイクルショップか個人売買で中古でも、はたまた放置自転車でも拾って修理してと思ったのですが、放置自転車は窃盗になるというし、リサイクルや個人売買は、けっこう値段が高いのです。

ですので、“新車”と相成りました。



以降、用足しに買い物に大活躍しています。

自動車と違って、ガソリン食わないし税金も掛かりません。

健康にも良さそうです。

しかし、雨の日や片道10キロ以上になると、ガソリン食わないエンジンが駄々をこねます。

そして、けっきょく別のガソリンを食うのです。




blog1421-1.jpg















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

6才次男もインフルでダウン [日本]

奥様Mに続き、次男6歳もインフルエンザでダウンした。

残るは長男と私だけ。

元気だけがとりえの次男ですが、フィリピンで生まれ育った人間にとって、日本のインフルエンザは難敵です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

青森型インフルエンザ? [日本人]

青森に帰省して戻ってきてから、体調を崩していた奥様M。

気力で治すことをギブアップして、今朝、病院に行ったところ『インフルエンザB型』と診断されました。

どうせ私にも来ているでしょうから、潜伏期間が満期になったら私も発症でしょうか。

それともクソジジイの免疫力で免れるか?

皆様も、インフルエンザお気をつけてください。

万病の元ですから。



それにしても、日本の医療は凄い。

駅前のクリニックでさえ、血液検査もその他の検査もすぐその場で結果が出る。

フィリピンなら、なかなかそうは行かないし、それでもって凄く医療費は高い。


一概にどっちが良いとも言えませんが・・・・







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る