So-net無料ブログ作成
検索選択

椰子の実を買いに来た [自然]

blog1370-1.jpg





上の画像のように、T2のクラブハウスの前に5本のヤシの木を植えてあります。

この他にも2本ありますが、思い起こせば、この土地を手に入れた8年前には、30本以上のヤシの木がこの土地にはありました。

施設建設のため少しずつ伐採し、残るは7本のみ。

何年も前には、何百ものヤシの実を落として売った(コプラ用として)のですが、ここ何年かは、たかが知れた数になり、近所の人にタダで差し上げていました。
(近所の人たちは、ココナツミルクを取り調理に使います。)

ところが半年ほど前、上の画像の一番奥の低いヤシの木の実を、売ってくれと言う人が現われました。

欲しいのは、樹上で完熟して茶色くなった椰子のみだけ、だそうです。

タダでもいいと思っていたので、買ってもらいました。

事のついでに、そんな実で何をするのかと聞いたところ、『バージン・ココナッツオイルを作る』と言うことでした。

え~っ、と思って、どういう風にして作るのか聞きたかったのですが、その時は私も忙しくてその場を離れました。




blog1370-2.jpg




実を採っているのは、買い手に頼まれたウチの隣人です。 普段は酔っ払いですが、シラフの時は、道を歩くように椰子の木に登れる貴重な人材です.




そして、上の画像は今日です。

また同じ木の、次の世代のヤシの実を売ってくれと人が来ました。

(ウチでは、高くなった椰子の木は、実が落ちると危ないので、花穂がでて、実がなり始めたら大きくなる前に実を落としてしまいます。)

見たことのない人でした。

またもや、茶色に完熟した実だけ欲しい、ということです。
(ずいぶん捨ててしまったので損した気分です)

何するのか聞いたところ、山に植えるそうです。

ウチの向かいの国道の奥、1キロ先にヤシ林を持っているそうで、そこに植林するとのことでした。

なるほど、でした。


通常、ヤシの実を採る目的は、コプラを採取して売るためです。

そしてその収穫の時期は、実が緑から黄ばんできた頃(=果汁が枯れて、中のコプラが一番分厚くなる頃)です。

ウチのその木はまだ低くて、実が落ちても危険性がないのでほおっておくため、実がまっ茶茶色になってもそのまんまです。


バージンココナッツオイル、苗木用、ま、云ってみれば、樹上で茶色に完熟したヤシの実は、貴重?なのでしょう。


実は無論、幹といい、葉といい、全く捨てるところもなく、どんなになって人様の役に立つ、椰子の木です。


椰子の木―――エライ!

私もそうありたい!











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る