So-net無料ブログ作成

〈予約ドタキャン騒動〉って、日本らしい [出来事]

メディアによれば、アチコチの飲食店が『予約のドタキャン』増加で、困っているらしい。


店側からの予約確認の電話には出ても、それ(=ドタキャン)以降は電話が通じなくなる。

今に始まったことではないが、モラルの低下も甚だしい近頃です。


私も含めて、古い日本人の多くは〈性善主義〉に凝り固まっています。

それは美点であると同時に、どうしようもない欠点ともなりえます。

他国は〈性悪〉と云うべきか、逆に考え行動する人も多い。



特にビジネスにおいて、〈予約のドタキャン被害〉なんて聞けば、『予約金とらない方が悪い』なんてのはいい方で、経営者の適性を疑われたり、場合によっては、出来心による犯罪を助長していると、かえって非難されることも考えられる。


"義理"も"人情"も紙風船の世の中になりつつありますが、グローバル化が進むほど、経済優先になればなるほど、こうした事案は増加すると思います。


対応するなら、日本人の頭の中の〈グローバル化〉が、大きな課題ではないでしょうか。


私ら団塊世代はすでに手遅れ。

今から意識改革は難しいのです。

かと言って、これからの世代に期待できるのか・・・・




更に、成人式の〈はれのひ〉詐欺のケースは、逆にサービスを提供する側の悪事。

このまま行けば『騙される方が悪い』という風潮に行き着くかも。



万事が拝金主義のご時世を受け入れるのであれば、明治維新ほどではないにしろ、もうアイデンティティーの変換が必要なのかも。








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る