So-net無料ブログ作成

9.98は実力か? [出来事]

桐生が日本人初の9秒台、伊東浩司の記録を19年ぶりに塗り替える

「陸上・日本学生対校選手権」(9日、福井県営陸上競技場)



http://www.msn.com/ja-jp/news/sports/%e6%a1%90%e7%94%9f%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e5%88%9d%e3%81%ae%ef%bc%99%e7%a7%92%e5%8f%b0/ar-AArx7Lr



まずは桐生選手と日本陸上界におめでとう!

日本陸上の100mの、この19年間の停滞は長すぎました。
高い『壁』でした。

(東アジア人は人種的には特に)


多分これで"呪縛"が解け、あと2.3人は、100秒を切るのではないでしょうか。



しかし、敢えて言わせていただきますと、水を差すようですが、"追い風データ"です。

私の調べた範囲では、昨日はその発表が無かったです。

今日になってやっと、TVニュースで『追い風1.8m』と云っていました。

つまりあと0.2m追い風が強ければ、この記録は、ただの≪追い風参考記録≫でしかありません。

ヨットやウインドサーフィンをしたことがある方はご存じでしょうが、地表の風と云うのは、方向・強さとも、ビックリするほど刻々と変わるものです。

私は、この9.98に外的要因が絡んでいないことを祈ります。

なぜ一抹の?を私が感じたのかと云えば、桐生選手は2位以下をぶっちぎっていなかったからであります。

学生選手権で9.98が出たとすれば、2位以下にもっと水をあけてたように思います。


しかし、私の間違いであって欲しい。

陸連発表が正しい、流行りで云えば『忖度がない』ことを願います。

陸上好きの一人として。


桐生選手には、今後の国際レースで9.98の実力を証明してほしいです。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

メッセージを送る