So-net無料ブログ作成
検索選択

波音が?フィリピンの海辺が・・・ [終活]

波音が?フィリピンの海辺が・・・





きのう午前4時、横になっていると波音が聞こえた。

(なんか今日は海が荒れているなぁ・・・)

(ウチのビーチやボートは大丈夫かなぁ・・・・)

(今日のお客さんはツイてなないなぁ・・・)



と考えていたら・・・・

(あれっ、ここはどこだ?)

はたと気が付いて、海から遠く離れた千葉の田舎にいることを悟った。

20年ほどフィリピンの海辺で、波音を気にして暮らした『後遺症?』でしょうか。



始めは・・・・

窓の外がすぐ海でした。

海が荒れれば窓ガラスに波しぶきがかかり、低気圧で荒れて、床に海水が溜まったこともありました。

高さの無い灯台?のような厚いコンクリートの部屋・・・脇が海でした。


数年後の次の部屋は、波が高い時にベニヤ床の隙間から海水が湧いて来ました。

後半の10年は、海岸から数十メートル引っ込んだのですが、マネージャーとしてオーナーとして、四六時中、海の機嫌を気にしながら耳をすませ寝る毎日でした。



帰国して1年過ぎても、音を気にして寝る習慣が抜けません。

けれども、〈風音+雨音〉を波音と勘違いして、眠れず起きるのは、老人ボケのせいかも。



ガキの頃から海が好きで、やがて海の近くに住むようになり、海で遊んで数十年。

そして海を仕事場にして、さらに20年。

ず~っと(オレは海で死ぬんだなぁ~)と半ば確信していました。



今でも病院のベッドでは死にたくないのですが、もう海でも死にたくはありません。


『じゃぁ、どこで?』と聞かれても困ってしまいます。

近い将来の事なので、これから考えますわ。


「どう生きるか?」ってことも考えないといけないのですが、同時に「どう死ぬか?」も考えないとならない年回りになりました。










nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 4

やまだ

人生の終わりばかりは、どうすることもできないことかもしれません。。。
それにしても、まだまだこれからの人生です!
終わりを思うには、早すぎるかと。。。
生き様にふさわしい終わり方であるはず。。。
(と、自身では思い、願っています)
by やまだ (2017-03-29 14:07) 

yashinoki

やまだ様
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
私より年上でも、元気旺盛な諸兄が多いことは存じております。
ですが、私より年下でも、(かなり老け込んでいるな~)と感じる人も少なくはありません。
まぁ、人夫々という部分がある事も確かで、私の場合は最近以前に比べ気力も萎えており、これが私の天命ならそれで満足しよう、などと思えてくるのです。
by yashinoki (2017-03-30 05:11) 

やまだ

今までのぶんのお休みを、からだもこころも必要としているのではないでしょうか。。。
また、走り出すために。
by やまだ (2017-03-31 14:22) 

yashinoki

やまだ様
コメントをいただき、ありがとうございます。
今、まだ成人まで遠い子供を二人抱えていますし、私の現在の体力と気力で、及ばずながらも、行けるとこまでは行こうとは常々考えております。
自分自身に歯がゆい部分が多分にあるのですが、私の使命というか義務でしょうから。
しかしこうしてコメントをお返ししていると、やまだ様にも、なんかお世話になっているような気がいたします。

by yashinoki (2017-04-01 05:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る