So-net無料ブログ作成
検索選択

これでも病院?・・・その② [出来事]

前稿(↓)の続きです。
http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2017-03-09



翌日ウチの奥さんが動きました。


・まず救急車の手配の大元に電話して、今回の件がその医者が云ったように『不適切な利用』なのか確認しました。
救急車の不当な利用は社会問題ですし、もしそうであれば反省するべきと思い、確認するためです。
先様の答えは・・・・
『子供の事だし、怪我の部位が頭ですので正当な利用理由です。』『だいいち(現場で救急隊員が)不適切だと判断すれば、自力で医療施設に行くことを勧めたはずです』との事。


・次に怪我の発生が下校時だったため、費用の一部が保険で補てんされるので、学校に行き報告しました(病院で1万円弱(健康保険適用で)請求され払った)。


・奥さんは保険請求の必要書類を貰うため病院に行きましたが、ついでに前日の(それこそ不適切と考えられる)医師の態度&診療を説明しました。


・その結果、息子と奥さんは別の医師による再診のため、同日夕方、またその病院に行きました(私は初めて、奥さんはこれで3度目、傷口は既に癒えつつある息子は2度目です)。
その際、応対した病院の事務局長いわく、頭ボサボサで私服で診察した医者は″非常勤の医師だから″云々のあからさまな言い訳(念のため、廊下の壁に掲げてある勤務医のスケジュール表を見ると、誰が常勤で誰が非常勤だか誠に不明瞭な表示です)。
そしてその日は記録に残さない(←意図的か?)カタチだけの診察だったので、診断書は治癒1日?のまま(突き指でも全治1週間とかなのに)、つまり、その日の治療は記録上は無し。




別にケガさせた相手は息子の友達で、怪我は偶然だろうから責める気はないし、元々息子の怪我による保険金なんか貰おうとは思っていなかったのでいいのですが、釈然としない幕引きでした。



結論として、日本でも医師免さえあれば″医者″であり、そのスキル、人格はピンキリのようです。

それから、私の受けた印象で申し訳ないのですが、誰も彼も自分が職務上の責任を負うことを嫌うあまり、我が身の保身のみに気を配る仕事しかできない??ような・・・・・・・

外国では″自己責任″というケースが多いのですが、日本はそれは少ないにしろ杓子定規と云うか、マニュアル通りというか、人情に欠けるというか、冷たいな、という感じがしました。
それもここ数十年の変化で、昔の日本人はもっと温かかったような気がします(これも私の気のせいかも)。



それから忘れてならないのは(私も何度か経験がありますが)、子供同士とか友人同士のおふざけで、たまたま運悪く怪我させた、或いは怪我したという場合、傷つくのは両方です。

後日、母親に連れられ相手の子が謝りに来ました。

私はできるだけ彼を慰めたのですが、(日ごろは非常に快活な)彼の落ち込み様は可哀そうな位でした。
悪いと思ったら謝るというのは美徳ですが、次は立場が逆になるかも知れないのです。

私の方こそ、息子の友人には謝りたい気でした。









nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 4

森田雅夫

こんにちは。
数年前にオスロブでお世話になりました。

お子様は大事に至らなくて良かったですね。

名前の通っている病院で今回の対応は良くないですね。
医師は勿論ですが雇っているのは病院なので
病院側の対応も良くないですよね。

今後また何かで診察してもらう事もあるかも知れないですし
別の人が同じ目に合う事も考えられますので
病院の名前ぐらいブログに書いても良いのではないでしょうか。

お友達もきちんとした家庭の方の様で良かったですね。
お子様も翌朝まで我慢しているとは我慢強いですね。
早く完治する事をお祈り申し上げます。

森田

by 森田雅夫 (2017-03-11 20:17) 

yashinoki

森田様、コメントを戴きありがとうございます。
またオスロブでもありがとうございます。
病院名は、下書きの段階では書いたのですが、投稿では伏せ字にしました。
その医師や病院の対応は褒められたものではないですが、そこで正しく働く他の医師や看護師さんたち、清掃や賄いスタッフもいるわけでしょうから、そういう人たちの事を考えると、一方的な実名入り投稿は大人げないかなと思いました。
それに息子の怪我も大事なく自然治癒(笑)したことだし、後遺症も無いようですし・・・
(ご心配いただき、済みません)

でもその病院には2度と行きません。
医療機器に詳しい知人によれば、にその病院のご自慢の検査機器も″最新″でも何でもないと判明しました。


あっ、後遺症=傷口にスジ状のハゲができました。



by yashinoki (2017-03-13 06:11) 

Ⅿ

こんにちは。セブが好きでブログを拝見しております。
お子様が無事でなによりでした。
私も似たような経験があったのでコメントします。

私の場合、手を怪我したのですが夜間でしたので当番医を探し自力(車)で行きました。出血が止まらず骨も折れちゃってるかな~って感じでした。病院に着き医者が別室から眠そうに来ました。同じように診察なし、レントゲンもなし。「あのねぇ、私は外科医だけど死にそうな患者しか見ないのよ。当番医をこれくらいで使わないでよ」と帰されました(笑)その医師も非常勤だと病院から言い訳されましたよ。
by Ⅿ (2017-03-13 14:23) 

yashinoki

M様、コメントありがとうございます。
上には上がいる?、もんですね。
日本の事じゃないような話ですけど、日本ですよね。
よく分かりませんが、非常勤の医者は結局時間給のアルバイトで、忙しく仕事しても収入変わらないから、どうせなら仕事したくないのでは・・・
『死にそうな患者しか見ない』なら、中東の紛争地域の野戦病院ででも働けば、と言ってやりたいですね。
by yashinoki (2017-03-14 05:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る