So-net無料ブログ作成
検索選択

一輪咲き [リゾート]


blog1259-1.jpg


『一輪挿し』ならぬ、<一輪咲き>でございます。


T2のゲートを入って、すぐ左側の細長い芝地に、ミニバラの木2本とバラの木1本が植わっております。

南国のことですので、1年中咲いてくれるのですが、毎年この時期になると、葉の裏にびっしりと白い小さな糸くず様の虫がついて、養分を吸い取るのか、葉が枯れ落ち、花が少なくなります。



いわゆる『害虫』なのでしょうが、それは人間様のご都合で勝手につけた分別で、虫にしてみれば『“害”なんて冗談じゃねえや』と思っているかもしれません。

虫にも生きる権利はありそうなものでして、農薬を撒くというのも、どうも野暮ったくて気がすすみません。

白い虫は、面倒ですが、古い歯ブラシでゴシゴシとやって、半分くらいを退治していました。

そうこうする内、あらかたの葉がやられてしまい、残った細枝はみすぼらしいので、切り落としました。


そうしたら、バラが根性を見せてくれたようです。

いつの間にか、上の画像のような見事な花を、頂上に一輪だけ咲かせてくれました。

「あっぱれ!」です。



blog1259-2.jpg




一寸の虫にも五分の魂があるなら、1輪の花には1厘の矜持があるようです。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る