So-net無料ブログ作成

ウチ(T2)のカラマンシー [リゾート]

blog1249-0.jpg



今朝の夜明けです。






blog1249-00.jpg




blog1249-2.jpg




画像の中の木が、ウチの“カラマンシー”です。

ビーチのコンクリート壁の内側、芝地にあります。







blog1249-1.jpg




今頃の時期は、1日おきに上の画像くらいの量を収穫します。

柑橘の実で、香りが良くフィリピンでは欠かせない食材ですが、直径3センチくらいと小さな実ですので、かじって食べることは少ないです。

主な用途は、料理に果汁を絞り、香りと爽やかな酸味を味わいます。

果汁を絞ってジュースも作れますが、一個あたりの果汁量が少ないので100ccくらい作るには、50~60個ほど絞ります。

沖縄のシークアーサーと似ている果実です。

小さめのライムのような実ですが、ライムとは、見た目も味も香りも少し違います。

抗菌・坑酸化作用、臭い消し効果もあり、魚や肉を切ったまな板なども、洗ったあとカラマンシーの断面で擦っておくと、衛生的で臭いもなくなります。


マーケットでも売っていますが、採りたてと売っている品とは、新鮮さの違いは当然として、香りが3倍くらい違います。

ですので、必要なときに、必要な分だけ収穫するのが良いです。


私は、フィリピン料理自体はあまりクチに合いませんが、カラマンシーは(20年近く住んで居ますが)、いまだに好きですし、「ウマイナァ~」と感じます。

私は、風邪気味や、タバコの吸い過ぎでノドに違和感があるときなども、ピルセン(ビール)にカラマンシーを絞ります。

T2にお越しの際は、マンゴーとともにカラマンシーもご堪能くださいませ。




blog1249-3.jpg




blog1249-4.jpg












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る