So-net無料ブログ作成
検索選択

子犬たちとお別れ―② [犬]




前回

http://t2mary.blog.so-net.ne.jp/2014-06-13


の続きです。



blog992-1.jpg


生後10日?くらいの時、まだ目が開いていません。

母犬パフは、一日に何回も母乳を与え、子犬たちの身体を隅々まで舐めて、きれいにします。



さて、4匹の子犬たちの貰われ先ですが・・・・・


・まず、2匹の雌犬、(白犬、白と薄茶のブチ)が、旅立ちました。

前回の子犬たちのときは、雌犬は人気が無くて、貰い手が見つからなかったのですが、今回はいきなり2匹、貰われてしまいました。

行き先は、道路の反対側の山のほうの家。

ウチのスタッフRの親戚だそうですが、『何匹でもいい!』とか云っていたそうで、(少し育ててから、食べられちゃうのかな~??)と心配してます。




blog992-2.jpg


赤い首輪の2匹がメス、薄茶がオスのモカ、ブルーの首輪のブチが一番強く大きいホルスタイン



blog992-4.jpg





・次は薄茶のオスが旅立ちました。

オスロブ町の食堂経営のオーナーが『大の犬好き!』という噂で、ちょっと晩生(おくて)で大人しいオス(モカ色)を貰ってくれました。

実はこのオーナーには、しばらく前に、ロイヤーとパフの最初の子供たちでウチに残っていた最後の一匹、『大食い&早食いチャンピオンのシロスケ』も欲しがっていたのであげました。

大食いのためか、6ヶ月でロイヤーよりもパフよりも大きくなっていた、シロスケ。

そのシロスケが、軽トラで連れて行かれる時、生まれて初めてT2の敷地外に出て、(親兄弟と別れさせられる~)と悟ったのでしょう。

T2であれだけ毎日、のびのびと走り回り遊んでいたシロスケが、この時は口をぐっと結んで、鳴きもせず、小刻みに身体を震わせていたのが、哀れでした。

心中、(俺は60過ぎて、何て事をしてるんだ)と、心がたいそう傷みました。

そのうち、食堂のアドボ(肉料理)になっちゃうのかと心配したのですが、今はそのオヤジが前から飼っていた犬と、仲良く遊んでいると聞きました。



そして、今回の2匹目の雄の子犬。


噂によれば、何処に行くにも抱っこして、連れて歩いているそうです。

〈食堂のごついオヤジと子犬〉想像するとかなりアンバランスな組み合わせですが、本当に犬好きのようで安心しました。






blog992-3.jpg




・そして最後のオスの子犬(ブルーの首輪)。

実は、この子犬は残したかったのです。

がっちりした体格、子犬ながら夜間見回りする、知らない人には姿勢を低くして吼えるその格好が、子供の頃のロイヤーに似ている。

ロイヤー並みかどうかは判りませんが、頭も良さそう。

でも、ウチに出入りしているマッサージのおばちゃんが欲しいというので、あげてしまいました。




4匹の子犬が居なくなり、途端に静かになって、なんとも云えない気分です。




それぞれの子犬にとって、ウチにいるよりもずっと厳しい環境、というより、弱肉強食の競争世界に入って行ったのです。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、フィリピンでは、多くの飼い犬は野良犬のような暮らしを強いられています。

田舎では、ほとんどが放し飼いです。

泥水や不衛生な溜まり水を啜り、餌は充分に与えられない。

車に轢かれたり、様々な病気に感染して死んでしまうことも多いです。

犬を食べるという習慣は、表向きはないのですが、私は現実は違うことを知っています。

そんなこの国のナンダカンダを知っている私が、「犬が可愛い」と言っておきながら、その可愛い子犬を手放す。




全く矛盾しています。



そんな葛藤がありましたので、以前記事にしたようにロイヤーを、涙を呑んで去勢しました。







話し変わりますが、日本の保健所では毎年20万匹の犬猫が〈殺処分〉されているそうです。

ただ最近明るい話題もありまして、〈殺処分ゼロ〉を目指す自治体が増えているそうです。

効果的な方法の一つは、犬を保健所につれてきた飼い主に〈殺処分〉の映像を見せるのだそうです。

すると、飼い主の何割かはまた連れて帰るとか・・・。

死刑囚が処刑されるのは、現法の下ではやむを得ないのですが、犬は何も悪いことはしていない。

人間のご都合だけで、何10万頭の犬猫の生命をただ機械的に絶つのは、やはりマズイ、文明人のすることではないと思います。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る