So-net無料ブログ作成
検索選択

スロープ工事と天の祐け [工事]

blog601-1.jpg


blog601-2.jpg

昨日午後4時撮影


T2の海のスロープ・補修工事を昨日やっと終えました。

2週間前の3m、昨日の6メートル、計9メートルで、今年3月の波による侵食・破損部分を直せました。




blog601-3.jpg

今朝5時30分撮影


私としては一安心どころか、本当にホッといたしました。

何故なら、今回の潮時が工事に適する金曜土曜の2日間は、スコールが頻繁で水槽(の水位)によれば、2日で400ミリほど降水量がありました。
工事を予定していた日、つまり日曜も、衛星画像を見れば雨が心配で仕方なかった。

しかし、何やかやの都合で、工事は昨日1日の“一発勝負”しかなかったのです。
昨日を逃せば、また暫らく予定は立てられません。

結果、写真の通りの快晴&凪ぎ、100%順調に工事を終えることが出来ました。

こういう場合、天候・海況のことですから、気を揉んでも仕方ないのかもしれませんが、大袈裟に言えば、私は1週間も前から昨日の天気を心配し、憂い、空と海と潮位表を見ては天に祈っていました。

“運否天賦”(うんぷてんぷ)と言うように、お天道様や海のことは、人知の及ばぬこと、お任せする以外ないから、そんなもの考えたり気を揉むだけ損だ、ムダだというふうに考える方が多いかもしれません。
『なるようにしか、ならんだろう。』ということでしょうね。

ですが私は、そうは思わないのです。
なぜかと言うと、今までの経験です。
つまり、自分でやるだけやって、“あとは神頼み”となった時に、「何とかしてください!」と強く、頻繁に願って、本当に何とかなった事が過去に少なからずありました。

『そりゃ、タマタマだろ?』

『運が良かったんじゃないの?』

と考えることもできるでしょうが、私は単細胞ですから、自分に都合の良いように解釈して“天が味方してくれた” 
“天の祐(たす)け”といつも思ってしまい、畏れ入り、感謝してしまいます。

きっとバカバカしい話なのでしょうね。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る