So-net無料ブログ作成
検索選択

こっ、腰がヘロヘロです [工事]




ミンダナオ島の東にあった大きな雨雲が北上して、今日は雨です。
ムスリムが強いミンダナオは恐ろしい島というイメージがありますが、かつてムスリム王国のあったマギンダナオ州で選挙に絡んだ凄惨な事件が起きました。
クワバラ、くわばらです。




blog491-1.jpg



blog491-2.jpg


今朝のスロープです。


意を決し、ひとりで始めた『スロープ、もう、これっきり、工事~!』です。

今回は数えてみるとスロープの“第4次工事”でした。
リゾート全体の仕事の段取りをみて、天気や潮を計ってやるのでこうなります。

ですが、やはり、ひとり作業は最悪です。
なんか、私の過去の善からぬ所業の罰ゲームを受けているようです。

昔の『田植え』ってのがありますね。
田んぼの中で、腰をかがめて、延々と苗を手で植えていくアレです。
スロープは斜面ですが、上からでしかセメントは捏ねられません。
必然的にかがみます。
・・・・あのスタイルで、スコップを持ち、湿った重い砂とセメント粉をミックスして、水を加えて余計重くなったのをまたしっかり混ぜる。
・・・・あのスタイルで、セメントを節約するために石を拾い集めて運び、スロープに並べていく。
・・・・あのスタイルで、セメントをバケツに入れ、ヨッコラショと持ち上げスロープに撒く。
・・・・あのスタイルで、セメントをコテで均す。

全部、ちからが腰にきます。
腰がくぎを打たれたような感じで、固まってしまいます。
いちど伸ばすのに7~8秒かかります。
20年前ならともかく、今の私にはキツイです。
箸より重たいものを持った事のない私です(ウソですが)。
かつてシティボーイと云われた私です(これもウソですが)。
車で言えば、もうポンコツです(これはホントです)。
やっぱり誰か雇えばよかったかな・・・・と途中で何度も思いました。

腰がヘロヘロになります。

大方の工事作業には人工(にんく)とか、適正な作業人数があります。
特にこのスロープ作業は、潮時で作業時間が限られますので重要です。
仮に、7人くらいで分業して上手くやったとしたら、おそらく1回で終わる仕事ですが、1人作業の場合では、7日間で終了というわけにはいきません。
効率が悪いからです。
例えば、作業終了前のスコップやバケツ、コテなど道具を洗うことも、作業面の養生も、1人だと何日もかかるので何回も繰り返さないといけません。
面倒な作業準備も然りですし、セメントを捏ねるのも1袋ずつより、何袋かいっぺんに練ったほうが能率は良いです。

20日、22日、23日と3日間やりましたが、今日(24日)から潮が工事には不向きになりますのでスロープ工事は暫しお休みです。
次は12月第1週後半、満月のあとでしょう。

しかしです。
今後も、私はこの工事は最後までひとりでやってみようかと考えています。

“無用の用”という言葉があります。
長たらしく言うと、

“人はみな有用の用を知りて、無用の用を知るなきなり”

荘子の古い言葉ですが、充分現代にも通用するのではないでしょうか。
正しい解釈ではないかもしれませんが、現にこの私です。
今までやってきたこと、どちらかと言うと現代の日本では何の足しにもならないようなこと、他人に無駄と言われたことでさえ、その経験がフィリピンに来てかなり私を助けてくれています。
人は先のことは判らないですから、今は無駄と思うようなことでも将来何かの足しになる、或いは、一見ムダと思えることが、どこかで何かや、誰かの役に立っている、そういうことでしょう。

今回のスロープ工事にしても、まだ僅か3日でなんですが、大発見がありました。
知る人ぞ知る、あのフィリピンスタイルの『汁だくセメント』。
この国は、水気タップリのスープのようなセメントを使いますが、あれが一理ある、必ずしも間違ってはいないとわかりました。
実は今回私一人ですので、初めしっかり練った『日本式セメント』を試しました。
結果ダメでした。
日本式は職人専用『プロ御用達』セメントです。
この国の作業者は『プロ意識』あまりないです。
『プロの技術』も私と同じレベルですから日本式セメントは使いこなせません。

汁だくセメントの方が楽に短時間で練れるし、速やかに、かつ勝手に隅まで入るので作業が簡単、疲れないのです。
日本式の方が勿論強度も出ますが、それも正しい技術が有ればのことです。
だいいち、自分の事が優先する人たちですから、自分の身体にきつくないのが何よりなのです。
私は、この国の気候には汁だくが適しているからだろう、と今まで考えていましたが誤りでした。
実際に作業を全部自分でしてみて、初めて気が付くことです。

そんなこんなもあって、この工事は今後も一人でやってみます。
確かに腰はキツイですが、しばらくすると痛みはなくなりますし。
なにより、どうも私は『肉体労働』、身体を動かすことが性に合っていて、好きなようです。
何だかんだと言いながらも、結構楽しんでいる私がいます。







nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

yukimaru

手作りリゾートとは言え一人の作業は大変ですね。

フウテンさんは見た目は若いですが、それなりの年齢ですので充分な体の手入れをして無理をしないで頑張って下さい。
by yukimaru (2009-11-24 22:42) 

yashinoki

yukimaru様

お心遣いありがとうございます。
yukimaru様も、お身体だけは気を付けて下さいませ。
この国の病院はすごいですから・・・でもあれを1度経験するのもいいかもですね・・・・失礼いたしました。
by yashinoki (2009-11-25 13:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る