So-net無料ブログ作成

昨夜のTV“戦場のメロディ” [フィリピン]






blog460-1.jpg


昨日のTV“戦場のメロディ”ご覧になった方も多いと思います。
面白くない『お笑い』タレント番組の多い中、けっこう見ごたえがありました。

(見のがした方、以下にネットのTVガイドより情報です。)



タイトル:土曜プレミアム・特別企画 戦場のメロディ

異国の監獄で死刑宣告された108人の日本兵。男達を救ったのは政治家でも外交官でもない伝説の歌手・渡辺はま子の歌だった。ヒット曲が生んだ救出劇、感動実話。
 戦前・戦中と数々のヒット曲を放ち、第1回紅白歌合戦のトリをつとめた歌手・渡辺はま子。国民的人気者だったはま子の歌が、敗戦から7年経ち急速に戦後復興が進むなか、戦争犯罪人として死刑判決を受け、フィリピンの刑務所に囚われていた108人の元日本兵の命を救ったという、奇跡の実話に基づいたドキュメント・ドラマ。 番組では、はま子が長年にわたり記録していた「従軍日記」や関係者の証言を基にドラマ化。ドキュメント部分では、当時、モンテンルパ刑務所で収録されたはま子の肉声テープや、現在のモンテンルパ刑務所内部の映像、フィリピンで行われた「指さし裁判」の裁判記録や映像を公開する。また、108人の日本人戦犯を解放する決断を下したキリノ大統領の孫が日本のメディアのインタビューに初めて応じ、決断の真相を明かす。 当時、国交もなく、反日感情の強かったフィリピンに、命を懸けて海を渡った歌姫・渡辺はま子が挑んだ、誰も知らなかった奇跡の救出劇にご期待下さい。

出演 薬師丸ひろ子  成宮寛貴  萩原聖人  中嶋朋子  田畑智子  伊嵜充則  阿南健治  金井勇太  ●  半海一晃  勝村政信  ●  小日向文世

スタッフ 【脚本】 末谷真澄 【企画】 立松嗣章 【プロデュース】 成田一樹  池田禎子  中津留誠  西田治彦  中山ケイ子 【演出】 田島大輔  大川卓弥




私は当時はまだ生まれたばかりでしたので、知識として多少知っていただけでしたが、テレビ番組という事を差し引いても、壮絶なドキュメンタリードラマでした。


教誨師として現地に赴いた加賀尾氏は申すまでもなく、渡辺はま子氏、素晴らしいことを成し遂げました。
小さい頃テレビで見ていた『ナツメロ』のおばさんが、こんな偉い方だとは知りませんでした。
昨今は、布地を節約した衣装や派手なドレスを着て、どぎつい化粧をして歌らしきものをガナる女の子を“歌姫”というらしいのですが、この渡辺はま子さんのような方を“本物の歌姫”というのでしょう。
私も歌は好きですが、このドラマに限らず、『歌のちから』というものは本当に偉大だと思います。
歌手と呼ばれる人たちは、その力を十分認識して、才能を世のために人のために生かしてもらいたいものです。

今日は、同じフィリピンの地に生きる者として、また、この人間ドラマが私の生まれた年に起きた縁で、ヘタクソな記事にさせていただきました。
戦争のことや、戦犯、裁判のことについて私の思うところを書く事はこの稿(ブログ)の趣旨からはずれますし、ご理解いただけないでしょうから書きません。

再放送で、更に多くの人に見てもらいたい特別番組でした。
吹き替えてフィリピンで放送、それも良いですね。

おしまいに、以下に、歌姫・渡辺はま子さんで、

“ああ、モンテンルパの夜は更けて”

です。



http://www.youtube.com/watch?v=DAtCOZvyE5Q&feature=related





nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 2

マムシの親方

いつも楽しく拝見しています。

見ましたとも!私も。
モンテンルパ刑務所の存在も歌も聞いたことはあるぞ程度の知識しかありませんでしたが、ちょうど自分が生まれた頃にあのような秘話と背景があったとは。不覚にも女房殿の前で涙腺が緩みました。

最近のTVは面白いものがなくて、芸人さんを集めてバラエティ、っていうんですか、そんなものばかりで、安直だなぁと素人の私でも見透かせるような状況だと思っていましたが…

知人・友人にTVや広告媒体の関係者がいるので、最近の番組はつまらんな、と放言すると、相方達も昨今の経済事情で広告収入が下がって製作費が限られるんだ、とこぼしていました。

そんな中でのこの番組、ちょっと褒めてあげようと思います。

17日からフィリピンにまいりますが、1週間ほどの滞在期間しかありません。いつかそちらまで足を運んでみたいと思っているのですが、残念ですが今回はお預けです(涙)。



by マムシの親方 (2009-09-14 13:31) 

yashinoki

マムシの親方様
コメントありがとうございます。
イヤ~同感です。
年をとると涙もろくなる・・・というのはホントのようで、あの番組は涙が出ないようにと苦労しました。
男は一生に3回しか泣いてはだめと信じてますので。
モンテンルパには、今はセットアップに遭った冤罪の日本人もいるとか。
勿論大使館なんか助けてくれません。
これは昭和27年と一緒です。
クワバラ、クワバラ(←そうとう古い言い方)です。
充分気をつけましょう・・・お互い。
では良いご旅行(出張ですか?)を!
by yashinoki (2009-09-14 16:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

メッセージを送る