So-net無料ブログ作成
検索選択

黒船来襲? [工事]



blog288-1.jpg

黒船!
すわっ、攘夷か?
開国か?
しかし、黒船ではありません。


3日前の朝のことであります。

「てぇへんだ!てぇへんだ~!」現場からルイーラが朝粥の食事中に飛んできました。

「ニッパが来たから、買おう、買おう!」

ニッパ、つまりお座敷レストランの屋根を葺くニッパ椰子の葉を編んだものを満載した船が、沖に現れたのです。
買う買わないは、こちらが決めることで、お金も決定権もないルイーラが、「買おう、買おう」というのは変な話なのですが、これぞ知る人ぞ知るフィリピンスタイルです。
まあいいでしょう。
ニッパのような天然素材の建材は、いつも出回っているわけではなく、資材店に注文しても無い時は無い、手に入りません。
お隣のボホール島の生産者が、セブ島の海岸線を船で流して売り歩く、歩くじゃなくて漂うですか?とにかく海岸線を行商するのです。
建材業者も実はこれらの船から買って、一般に売っているのです。
したがって、業者から買うより安く入手することが出来ます。
そのニッパ船が、T2の前に突如現れたのでした。
「どうだ~!」と言わんばかりに。



blog288-2.jpg

手前がT2のビーチの柵です。



ちなみに前回、第1コテージ用で資材業者さんから買ったニッパは、10枚当たり36ペソ(現在レートで約70円)。
今回船から買った場合は、29ペソ(同じく58円)です。
うちのお座敷レストランのような大きい建物の場合は、何千枚と必要ですのでこの違いは大きいです。
フィリピンでは言い値でモノを買う人は少ないです。
上は当然、値引き交渉した後の値段です。
こういう値引き交渉には、フィリピン人スタッフをあてます。
われわれ日本人が前面に出ると、安くならないどころか、外人価格で高くなることもありますので、要注意です。
お金持ちなどは、一流デパートのブランドショップでも、大幅の値引き要求をするという噂です。
この国では、お金持ちほどケチ(だからお金が貯まるという日本的帰結ではなく、この国ではお金持ちは生まれたときから死ぬまでお金持ち、貧しい人は一生貧しいのが普通です。)で、庶民は案外気前が良いのです。



blog288-3.jpg



blog288-4.jpg

ラッキーでした。
数日前に資材店にニッパを注文したところ、「ない!」と断られたばかりです。
今にして思えば無くてよかった、です。


しかしこれで気分はすっきり・・・というわけではありません。
この前お話した、同じく天然素材の竹“ブトン”が今だに!手に入らないのであります。
ブトンが無いと、屋根は張れません。
このニッパもブトンを手に入れるまで、倉庫行きです。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る