So-net無料ブログ作成
検索選択

露天風呂の憂鬱 [工事]



都会に住みインテリでリッチなフィリピン人はともかく、ラグンデ村のような“ド”の付く田舎の比国人は、風呂など入ったことはありません。
かく申すフウテンも、フィリピンに来て10数年、1度もちゃんとしたお風呂には入っていません。(日本に一時帰国したときは、風呂を使わせてもらいますが。)
なぜかというと、私は田舎専門だからであります。

田舎の人の習慣ですが、一般的には、トイレルームの中にプラスチックのバケツがあり、そこに貯めた水を、プラスチックのひしゃくで身体にかけて風呂というか、シャワーの代わりにします。
シャワーというより行水に近いでしょうか。
もちろん、シャンプーや石鹸を使って身体を洗います。
ジョウロのようなシャワーヘッドなど、付いてなくても当たり前。
それどころか、電気と同じで水道がない家もあるわけで、温水シャワーでもあろうものなら、相当なお金持ちです。

ところが実際のところ、この国の気候では水シャワーが一番気持ち良いのであります。
慣れれば・・・の話ですが。
負け惜しみではありません。
したがって、普通のフィリピン人は間違って(?)バスタブや温水シャワーのあるホテルなどに泊まりましても、水シャワーのみの使用となります。
ココのところは、取りようによっては、私の日々の行いが不浄であると誤解されますので、
ご説明いたします。
私がそういう生態を知っている理由は、10年位この国のビーチリゾートに勤めているからで、決してフィリピン人と同宿した経験が豊富だからではありません、念のため。

つまり、お湯が苦手なのです。
日本人のように、40度以上の熱いお湯に身体を漬けるなど、普通のフィリピン人にとって、拷問と同じです。

そんなことより、そんなわけで、うちのそろいも揃ったハンパ職人どもに露天風呂など作らせたら、これはもうエライ事になるのが、ハナから見え見えなのであります。
全員が、風呂に入った事ない、見た事ない、作った事ない、と完全に3拍子揃っております。

しかしながら、T2の開発コンセプトは、
“100%地元の村人による手作りのリゾート。”
これだけは譲れません。

そんな状況での露天風呂作りは、ハラハラと目が離せませんが、とにかく私の描いたスケッチを渡して説明し、工事を始めました。



blog277-1.jpg

海沿いの塀脇に3メートル四方の溝を切り基礎をブロックと鉄筋で固める。





blog277-2.jpg



blog277-3.jpg

縦筋は、25センチ間隔、横筋も2段ごととエンボイ流のバブリーな入れ方。


この手抜き全盛のフィリピンで、こんなに鉄筋を使う奴は初めてです。
ケチな私としては、かなり腹立たしいが、風呂が漏るより良いのかもと思うことにして我慢いたします。
実際には、地震がない地域ですので、囲いの中は鉄筋無しでも漏らないと思う。
万一地震があっても、この構造で壁の厚みは70センチですから、びくともしないはずです。




blog277-4.jpg

そして縦横3メートルの4角の壁が出来た。
この中に縦横1.6メートルの露天風呂を作ります。



あと1週間もすれば出来るだろうと思ったとたん、こんどは型枠を組み始めた。



blog277-5.jpg



私はこの内側にセメント壁を重ねて、バスタブを成形していくつもりでいたのに・・・型枠とは・・・。
そうきたか~。

セメントは節約できるが、型枠に木とベニヤを使うので、コストはかえって増えるでしょう。
また大事な材木が消費されます。
ツライ。
しかも海石を壁とバスタブの間に入れて、バスタブのコンクリート厚は20センチにするという。
となると、ちょっとひび割れ&漏れが気になります。
しかし、誰しも、得手不得手があります。
したがって、工法の選択の自由はある程度認めたほうが良いので、黙ってやらすことにしました。

けど、これでは2週間以上はかかるぞ~。





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

yukimaru

フウテンさんはじめまして
フィリピンで露天風呂を作るなんて凄いですね。
日本でも温泉地ぐらいしか無いのに、フィリピンでは露天風呂第1号ではないですか?
わたしはお風呂が大好きで週に一度は温泉に入りに行きます。
ところでフィリピンでは温泉が出ますか?温泉の露天風呂であれば最高ですね。

追伸
4月にセブ島に行きますので、時間があれば寄らせて頂きます。
リゾート建設頑張ってください。
by yukimaru (2009-01-09 22:14) 

yashinoki

yukimaru様
はじめまして。
コメントありがとうございます。
「週に一度は、温泉」ですか?
羨ましいです。
なにがって、温泉もそうですが、風呂が気持ちよく感じる気候にたまにあこがれます。
キリッとした寒さ、ですか。
一種の無いものねだりです。
フィリピンにも湯が湧く所は何箇所かありますが温泉旅館とか、大々的に開発されている話はあまり聞きません。
T2見学ですか?
いつでもどうぞいらしてください。

by yashinoki
by yashinoki (2009-01-10 07:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る