So-net無料ブログ作成
検索選択

「フィリピンスタイル」 [フィリピン]

フィリピン人やこの国に住む外国人が良く使う言葉に、「フィリピンスタイル」がある。
良い意味で使われることは、少ない。
例えば、ドコデモドアならぬ、何処でも立小便、とこでもゴミポイ捨て、窓口やエレベーターなどでの割り込み、ルールのない車の運転などの全て自分中心のマナー編。
これらは旅行者でもすぐ分かるフィリピンスタイル。

                       

 
そのほかに、実際にこの国に住んでみて徐々に判ってくる「フィリピンスタイル」もある。
私の記憶では、立小便やゴミのポイ捨ては昭和30年代までの日本でもよくあったと思う。

                        

先進諸国では低レベル、非常識に分類される事柄が多いので、普通の外国人はこれを侮蔑するし、見下す。
しかしこの「フィリピンスタイル」こそが、フィリピン(人)がフィリピン(人)である由縁である。
善悪ではなく、この国の、この国民のひとつの「文化」である。
この国でそれを全面否定することは、出来ないと思う。
なかには、公衆マナーや礼儀をキチンとわきまえた、特殊(?)なフィリピン人も少数いる。
だが皆が皆そうなってしまったら、もうそこはフィリピンではないと言える。

思うに私は、この「フィリピンスタイル」は利用すべき、時に応じて我々外国人も使いこなす事が便利だと思う。
例えばの話し、
借りたお金を返してくれと催促された時に、「おカネない!」
(もっとも日本人がフィリピン人からお金を借りるケースは少ないが。)
何かミスをした時に、「忘れてた!」
と言う返事はこの国では立派な回答、反論できない答えなのだ。
―――その代わり、(どうだっ!文句ある?)という居直りのニュアンスで発声し、けっして(ごめんね・・)という感じで言ってはいけないが。―――
そうすると相手も「じゃ、仕方ない。」と横柄にあきらめ納得してくれる、非の打ち所のない言い訳、パーフェクトなのだ、大多数の欧米人や日本人からすると変な思考回路ではある。
腹を立ててはいけない。
我々もこのいい加減さ、ナアナア共済を享受するのだ。
このフィリピン思考は、考えようによっては、非常に便利なシステムではないか。
日本人的に、申し訳ない、私が悪うございました、反省、以後気をつけます、とかは、この国のマジョリティーは言わない、考えない。
悪いことは、全て人のせい、社会のせいで、自分は常に正しい、何一つ悪くない、と思っている人が多いかも。
しかしこの便利なシステムの借用も、居心地の良さから、限度が過ぎると私自身が「フィリピン人化」して、今度はこちらが日本人としての、と言うより、私としてのアイデンティティを失うことになる。
従って、この「目には目作戦」はごく特定のフィリピン人を相手にした時の限定作戦である。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る