So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

マスクして寝た [運動]

夜寝ているとき、セキが出るので昨夜はマスクをして寝た。




ここ4.5日、咳は発作的に10分ほど続き、それが一晩に2~3回あるからだ。

長年運動をしていて心肺機能が強いせいか、咳が続いてもゼーゼーしたり、呼吸が苦しくなったりはしないが、ノドが痛くなってかなわない。



マスクをして寝ると、それが少し楽になる。

若い頃と違い(年を自覚しているので)、カゼの諸症状が出るようになってから、走っていない。

・・・・もう1週間になる。

走りたくて足がムズムズするが、膝の痛みが少なくなってきたし、天がくれた休養と思う事にしている。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

カゼは儲かるから・・・なのか? [医療]

分からない事のひとつ。


例えばガンの治療法や新薬は、世界中で莫大なお金と人材をかけ研究され、それなりの成果を上げています。

日進月歩。

しかし、たいていの人が年に2.3回は罹る風邪については、相変わらず特効薬は無し。

ガンで亡くなる人も多いでしょうが、風邪や風邪から派生する病で命を失う人はもっと多いでしょうし、学校や仕事を休むことによる経済損失は、計り知れないと思います。

何十年も、いや何百年も、人類はそんな状態に置かれています。

20世紀以降、今まで不治と云われた様々な病気の特効薬が発明・発見され、無数の命が救われ、疾病によっては、絶滅してしまった病気もあるくらいです。



難しいことは判りかねますが、『カゼ』はそれ程の難病でしょうか?

21世紀になっても、変わらず対症療法でごまかす治療で、医者に行きそんな薬を処方され、1週間も2週間も飲んで、やがて、薬が効いたんだか、自然治癒したんだか、うやむやに『カゼ』という病気が去ってゆく。



以下、ゲスの勘繰りでしょうが・・・・
≪風邪の(画期的な)治療薬を研究してはいけない≫という"密約"でもあるのでしょうか。

もし世の中から風邪という病気が無くなったら、子供の数と子供の虫歯の減少で、多くの歯科医院が経営不振に陥ったように、大抵の町医者は大幅な収入減になるのでしょうか。


以上、現在カゼっぴきで悶々としながらも、3割払うカネもなく、効きもしない売薬を買う気もしない年寄りの戯言でございます。


注射一本で、風邪がケロリと治るようなことは、夢なのか。。。。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

寅さんで洗脳する [日本人]

団塊世代は、その昔、良識ある大人から『近頃の若いモンは・・』と何かと揶揄されました。


30年ほど前には、大人からすれば理解不能な若い世代を、『宇宙人』呼ばわりしました。



今現在、中一と小二の我が息子たち。

私からすれば、年齢を考慮しても頼りないし、将来への不安が大きいです。

しかも、これで世間並の子供たちであるからして、ウチの子の事より、むしろ日本という国の将来が心配です。

"鉄は熱いうちに打て"(古いかな?)と言います。



そこで唐突ですが、私、日本映画では、個人的に"寅さんシリーズ"が好きです。

稀なことに、寅さん映画には、喜怒哀楽の感情がすべて織り込まれています。

そして寅さんや周囲の登場人物の言動は、日本人の感性を震わせます。

実はそこらへんが、欧米人には理解しがたいようで、寅さん映画は欧米ではほとんどウケません。


そこで、息子たちの性根に日本人らしさを添加するため、"寅さんシリーズ"を見せることにしました。

"洗脳"です。

思った通り、始めのうちは面白さのツボが分からないようで、私も諦めかけましたが、最近は正常な反応?を示すようになりました。


将来が楽しみです。


(バカなこと、やってます・・・)



記憶によれば、数十年前、日本の誇る"寅さん映画"を欧米に紹介する企てがありました。

映画祭では不評でした。

日本人が共感する寅さんのキャラクターが、あまりにも日本的過ぎて、欧米人には理解できないようです。

同じ日本らしさでも、黒沢氏の時代物や小津氏の叙情は受けたのに・・・

(今はアジアの一部の国、欧米の日本オタクには、好評のようです。)








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

老害:犬の糞 [犬]

タバコ液を撒いたおかげで、家の周りのドブ板の放置犬糞は無くなりました。


しかし昨日朝、門のすぐ前の道路にやられてしまいました。

相変わらず犯人不明(容疑者はいるが、現場は抑えていない)です。



また一昨日の早朝は、近所のバス停で、フンばっている犬とその飼い主の老人(男)を見かけました。

走りの途中でしたので、通り過ぎまして、帰りに同じ場所を見ると、真新しい犬糞がありました。

人が並ぶであろうバス停のポールの前、ですよ。

そんな場所で犬に糞をさせて、片づけない。

9/28にも書きましたが、こういうことをするのは年寄りの男が多いです。

犬を散歩させる際に、糞を片付ける道具を持っていないので、大体見当が付きます。

"確信犯"です。


いわゆる『老害』というモノのひとつかもしれません。

変化する時代に適応できず、周囲に迷惑をかける。

先が短いので居直っているのかも知れませんが、身勝手ですよね。

些細な事ですが、私も年寄り男の一人ですから、なおさら腹が立つのです。


あくまで私個人の思いですが、どうせ居直るなら、こうした"老醜"を晒すのではなく、美しく散る方が良いのでは・・・・


私はもうあまり世間様のお役に立てそうもないし、生に執着し、御国や若い人たちのお荷物になるのは本意ではありません。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

360度 水墨画 [出来事]

昨日の朝のジョグ。


霧が出ていた。

このあたりは地形の関係なのか、今頃から春先まで朝霧が湧くことがままある。

期待して、川沿いを走ることにした。



家から遠ざかるほどに霧が濃くなり、田園地帯は、360度まるで水墨画。

周囲の草木は自然の色に見えるが、50mほど先は色がハッキリしない。

その先は白と黒の2トーンのみで、高木や丘はシルエットが浮かんでいる。

またその先は、白だけの景色。



幻想的な世界だった。

暫しの間、夢心地で走った。

仏教用語に『無色界』という言葉があったが、こんな感じなのかも知れない。


30分もすると日が昇ったのか、あっという間に色付きの現実世界に戻った。




精神が洗われた気がした。



今の世の中、美味な食事や素晴らしい体験は、おカネが無いと手に入りにくいが、全てがそうではない。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る