So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

オレ流・歯痛の治し方 [医療]

35年くらい歯医者に行っていません。


では、歯は問題ないかと云えば、むしろ逆で穴だらけです。

ダイビング仕事を長い間していたため、昔の詰め物など全部とれているからです。

(ダイビング中の圧力差で、歯と詰め物の間の微細な空洞が縮小・膨張を繰り返し詰め物等にガタがきて、何年もやれば取れてしまう・・・ダイビングスタイルも、その頃は今より『体育会系』だったし。)

冷たいものはしみるし、あっちの穴こっちの穴と、年中痛くなります。

いい年こいて歯医者に行って、いじくりまわされるものシャクなので、ほったらかしです。



さてここから本題です。

痛い時どうするか?

"電動(超音波)歯ブラシ治療"です。

念入りに痛い歯の穴と歯茎(要するに痛む場所)を4~6分、毎食後にマッサージするように磨きます。

すると早ければ3日、長くても1週間で歯痛は無くなります。

あくまで〈私の場合〉かも知れません。

歯医者に行く前に、一度試す価値はあるのではないでしょうか。

もともと歯痛で死んだ人はいないと思いますし、痛みと云ってもタカが知れています(と私は考えます)。

『歯痛で気絶した』という話しも聞かないし。

むしろ歯医者に行けば、さらに削られ詰め物・被せ物、自分の歯はさらに小さくなるか無くなり、やがて入れ歯になる・・・って結末ではないでしょうか。



ところで何故に、電動歯ブラシで歯痛が治るかという疑問ですが、私はある"仮説"を持っています。

(そのうち続きを・・・)









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この世とあの世は地続きだ [終活]

私ごとき高齢者ビギナーが云うのもおこがましいですが、"この世とあの世は地続き"かも知れない。


最近、夢枕に死人が立つのです。

今までは全く無かったことです。

正確に云えば、既に亡くなった人たちが夢に現れます。

そして普通に会話いたします。

この前、父が出た時は(呼ばれているのか?)とも思いました。
(その時、父はひと言も話さなかった)

でも、私を「呼ぶ」はずのない人たちまで現れて会話したりするので、必ずしも"呼ばれている"わけではないようです。



あの世ってのは、つい最近まで時間と空間を隔てた「別世界」という認識でしたが、この頃はすぐ近くの様に思えてきました。

喩えて云うなら「隣の部屋」とか「道の向こう側」みたいな。

身近な場所に思えるのです。


あの"新宿のお殿様"丹波哲郎氏の名言、『この世とあの世は地続き』なのでしょう。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ザリガニおじさん現る [自然]

しばらく前から、ジョギング途中に"ザリガニ釣り"をするオジサンを見かけます。


田圃に水が入る頃から、脇を流れる用水路で昔懐かしいザリガニを釣っています。


私も子供の頃、『徳丸たんぼ』でよく釣りました。

あの「マッカチン」=アメリカザリガニ、日本のザリガニより大き目で赤いハサミ・赤い身体です。



ケンカさせると、薄茶色の日本ザリガニはマッカチンには勝てません。


普通のザリガニより、数は少なく赤い色がカッコよかった。


オジサンを見かけたときは、バケツを覗かせていただきます。

いつも10匹以上です。

あのマッカチンが半数以上を占めています。



オジサンにどうするか問うと、『食べる』んだそうです。

確かに、スーパーの冷凍物の訳の分からない"エビのむき身"より、素性も明らかだし旨いだろうと私は想像します。


今度、釣ってみようかな・・・・・








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | -
メッセージを送る