So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

♪おはかのかいだん おりるぅ~♪ [運動]

今朝の日の出、走りました。



去年の今頃も、朝走っていました(記録を気にしないスロージョグです)。

今年も走っています。

でも感じが違います。

体力の衰えの下り階段は、年々急になるようです。

(あくまで私の場合ですが、走力のピークは記録―――大したことないが―――からして33歳でした。それ以降は気力も落ちて練習量も減り、記録は伸びませんでした。)

しかし、記憶によれば、41歳から42歳なんてのは、実際、走力はほとんど変わらないに等しかったです。

ところが、去年から今年の64歳から65歳、この1年の落ち方は自分でも情けない。

ここでは書けない負の要因もあるのですが、それにしても・・・・




「♪お墓の階段おりるぅ~♪」などと口ずさみながら、ヨタヨタ走るのです。


芭蕉の"旅に病んで 夢は 枯野をかけ廻る"という句が身に染みる、今日この頃となりました。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

少女誘拐殺人犯のせいで [出来事]

世間様を騒がせている、松戸の9才女子児童殺害事件。



ご承知のように、犯人は保護者会(PTA)会長のようです。

学校行事では挨拶し、毎朝登校時には、児童の安全のため交通誘導していたらしいです。

昔風に言えば『みどりのおばさん(おじさん?)』、今時では『立ち番』ともいうようです。

この『立ち番』、ウチの奥様も時々仰せつかり、やっています。

しかし、主に中心となるのはリタイヤされた男性で、その心意気には感謝以外はありません。


ところが、我が子の通う小学校では、例の事件以降、困った問題が起きていると聞きました。

ウチは同じ千葉県です。

今まで立ち番の主力を張ってきた年配男性陣が、この事件以降、(ああいう人に誘拐されて殺されたのよと)後ろ指をさされたり、中にはヨソヨソしくなった子がいたり、無視する子もいるとの事です。

そこで、この"レギュラー立ち番陣"、いたく心が傷ついたのか、現在は何人かが降りたいと言い出しているのです。


私はバカなりに思うのですが、いかにも日本的な反応です。

これでは、PTA会長や役員も、その内やり手がいなくなるでしょうね。


松戸の血も涙もない一人の男と、他の学校のPTA会長・役員、登校誘導員とは何の関係も無いはずです。

それとも、犯罪者と同じPTA会長じゃないかとか、同じ登校誘導員だろ、とか考えるのでしょうか。


常のようにひと月もすれば、人々は事件を忘れてしまう日本のことですから、全国のボランティアの『立ち番』さん、ここは忍んで胸を張って続けてください。

あなた方のしていることは善行で、あなた方には何ら非は無いのですから。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

天才!? [出来事]

ついに、こんな人が現れた。


20歳で冒険グランドスラム、早大3年南谷さん


http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%EF%BC%92%EF%BC%90%E6%AD%B3%E3%81%A7%E5%86%92%E9%99%BA%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%81%E6%97%A9%E5%A4%A7%EF%BC%93%E5%B9%B4%E5%8D%97%E8%B0%B7%E3%81%95%E3%82%93/ar-BBA2iif?li=BBfTjut&ocid=spartandhp



凄い才能だと思います。

こういう女性は、今後どんな人生を歩むのでしょうか。


マッキンリーの氷の下で今も眠っているであろう植村さんも、さぞや驚いていることでしょう。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

"一本桜"を見てきました。 [自然]

一般的に花見と言えば、並木や群生が対象となるのですが、世の中には、一本の桜の木だけで観光スポットを張っている場所も多々あります。



日曜日(4/16)に、そんな"一本桜の名所"のひとつ、『吉高の大桜』(↓)に行ってきました。

http://www.city.inzai.lg.jp/0000001355.html


いやー、たまげました。



(以下は、私の個人的な感想です)
何がたまげたって、桜よりむしろ人に驚きました。



たった一本の桜の木(失礼!)を見るために、田舎の道路が延々と渋滞していました。

広大な駐車場に入るのにまた待ちます(無料ですが)。

その駐車場から、片道25分歩かないと一本桜は見れません(車侵入不可、自転車は押すこと)。

歩く25分は、行きも帰りも、人波に押し出されるようにして歩きます。

しつこいようですが、これらは一本の桜の木を見るためだけです。

花の下で飲食するでもなく、座して語るでもなく、その一本の桜の木の周囲をぐるりと歩き眺めるだけです。



ほぼ満開の日曜日でピーク日とはいえ、この日早朝から夕方まで一体何千人の人が訪れた事でしょうか。

その中の一人でもあった私が言うのも変ですが、世の中、よほどヒマな人が多いのか??・・・・


あくまで私的感想ではありますが、この場所に、多分来年は来ないと思います。


どちらかと云うと、近所の桜並木をジョグしたり、公園の桜の下で発泡酒を飲みつつ、おにぎりをパクつくほうを私は好みます。


花を愛で、癒されるのは良いですが、疲れるのは困ります。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

桜吹雪 [自然]

昨日、日が射すのを待って6時からジョグしました。



ときおり吹く南東風に、桜花が青空から吹雪のように舞い飛んできます。

塀際には、それこそ雪のように花びらが積もっています。

私の年相応に重い足どりは、季節の風物詩を堪能するに丁度良いようです。



桜も盛りを過ぎつつある今、果たして、来年の桜を見ることは出来るのかなぁ~、とふと考えてしまいます。

と同時に、この後は夏が来てまた寒い夏が来るかと思うと憂うつになり・・・・つまり全く矛盾する思いもよぎるのです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -
メッセージを送る